topimage

2017-09

「エクス・マキナ」 - 2016.07.04 Mon

A.I.は、エエのか? アイを知るのか?

ほぼ4人しか出ない密室ドラマっぽいのは、最近観た3人密室の「10 クローバーフィールド・レーン」と似ているじゃないか。
予算は特殊効果に注ぎ込んだのか。


陰謀
首がスケルトン

社長のオスカー・アイザック「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のパイロット、ポー役の人だが、私には「エンジェル ウォーズ」の悪党役の印象が強いので、今回は、やっぱり、こーゆーのがお似合いだよね、の感覚。

ドーナル・グリーソンも「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に出ていたのだけど、オスカー・アイザックと共演はしていないかな…?

美しいロボットに惚れる、という話は、よくあるのではないか(根拠なく書いてる)と思うが、将来は、どんな世界になるんでしょうね。

アリシア・ヴィカンダーさん以外のA.I.では、日本人型?のキョウコ(ソノヤ・ミズノ)が。
食事の世話なんか、してくれます。英語がわからないから何やらの都合がいい、とか言ってましたね、社長。たとえアングロサクソン型でも、言語能力の設定次第で、どうにでもなると思いますが…。

とりあえず、社長が言ってたように、検索エンジン会社がユーザーの検索行動を何か悪いことに利用できているとしたら、困った事態だから、査察したほうがいいんじゃないかな。携帯会社も同様に。

以下、ネタばれ。


いきなり踊る
この下はネタばれだよ! いきなり、動きをシンクロして踊るよ! ひょー!

ボカシのない、きれいなヌードシーンは思いがけないのもあって、秀逸。
得した気分。

殺しのシーンは、直接的すぎて、いやだ。

皮膚をペロンチョと貼っていくだけで、美しく出来上がりなんでしょうか。

彼女がヘリコプターに乗れた理由は? これ、最大の疑問点。

(6月26日 池袋HUMAXシネマズ)


計画

EX MACHINA
2015年 イギリス作品
監督 アレックス・ガーランド 
出演 アリシア・ヴィカンダー、ソノヤ・ミズノ、ドーナル・グリーソン、オスカー・アイザック

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Universal Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

「デウス・エクス・マキナ」は「機械仕掛けから現れる神」の意味。

本作タイトルからは「神」が抜けている。はたして、この機械仕掛けが人類にとって、どんな存在なのか!?

アリシア・ヴィキャンデルちゃんは、アリシア・ヴィカンダーとの二つの表記がありますね。
私はこういう時、大概公式に従った表記にしてます。
オスカー・アイザックは、いろいろ出てますけどポー・ダメロンよりインサイド・ルーウィン・デイヴィスとアメリカン・ドリーマーが良かったです!

>とらねこさん

ヴィキャンデルというと、フランスとかヨーロッパ系の発音っぽいですね。
英語読みで、ヴィカンダーなんでしょうかねえ。
ポーは、ダメ、ダメロンですか? ボーと似た名前なのに!(笑)
あ、ルーウィンもドリーマーも見ていないんです…。それじゃダメロン!

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」は猫が映画の中で占める位置がそこそこ大きかったりする。あの別荘も猫がいたら、もうちょっと違う展開があったかもしれない(果てしなくネコ死んじゃいそうだけど)。

>ふじき78さん

猫映画?なら、ネコ好きな私は見なきゃいけませんね。
そういえば、あの別荘には、ヒトとロボ以外いなかった気がします…ごきぶり、とか、いたかな~?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3104-931c6d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エクス・マキナ/EX MACHINA

「ザ・ビーチ」の原作者で、 「28日後...」「わたしを離さないで」などの脚本を務めたアレックス・ガーランドの監督デビュー作 本作で脚本も担当し、アカデミー賞脚本賞ノミネート、視覚効果賞を受賞したSFスリラー。  監督(奥)44歳。 これまでの原作&脚本作、全部観てた。今後も監督/脚本作が楽しみ。 予備知識としては、 アリシア・ヴィキャンデルが人工知能ロボット。 ドーナル・...

【映画】アンドロイドの見る夢は?『エクス・マキナ』

エクス・マキナ(2015)イギリス原題:EX Machina監督:アレックス・ガーランド出演: ドーナル・グリーソン/ オスカー・アイザック /アリシア・ヴィキャンデル/ ソノヤ・ミズノ 日本公開:2016/6/11 【あらすじ】 検索エンジン会社に働くケイレブは抽選で社長ネイサンの自宅を訪問する権利を得る。しかしそこで待っていたのはアンドロイドの人工知能を評...

『エクス・マキナ』

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現すことのない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。人里離れたその地にヘリコプターで到着したケイレブだったが、彼を待っていたのは美しい女性型ロボット...

『エクス・マキナ』『ハートビート』を新宿シネマカリテ1と2で観て、閉め方が嫌いなのと、ドカンと来ないのとふじき★★★,★★★

『エクス・マキナ』 ▲デザインが凄いな。これをちゃんと映像化する技術もだけど。 流石アカデミー賞の視覚効果賞受賞作品。 五つ星評価で【★★★♪可愛い顔してあの子割とや ...

エクス・マキナ

EX MACHINA 2015年 イギリス 108分 SF/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2016/06/11) 監督: アレックス・ガーランド 脚本: アレックス・ガーランド 出演: ドーナル・グリーソン:ケイレブ アリシア・ヴィカンダー:エヴァ オスカー・アイザック:ネイ...

エクス・マキナ

【EX MACHINA】2016/06/11公開 イギリス R15+ 108分監督:アレックス・ガーランド出演:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィカンダー、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ 人間か、人工知能か―― STORY:世界最大の検索エンジンを運営するブルーブック社でプログラマ...

エクス・マキナ

監督:アレックス・ガーランド 出演:ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィカンダー、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ 【解説】 『28日後...』などの脚本家として知られるアレックス・ガーランドが映画初監督を務め、第88回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したSFス...

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 «  | BLOG TOP |  » アナとエルサ in 「ワンス・アポン・ア・タイム4」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード