topimage

2017-03

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 - 2016.07.06 Wed

わりと、たのしかった。

ほとんど期待していなかったぶん、よかったのかも。
泣けたし!

アリスたち

前作「アリス・イン・ワンダーランド」は、もう6年前になるのか!
アリスが船長で、追手から逃げている場面から始まる。
前作の終わりで、アリスが航海に出たような記憶はある。
航海の経験値を積んでいたんですね~。

原題の一部「THROUGH THE LOOKING GLASS」というのは、原作の2冊め「鏡の国のアリス」の原題の一部でもある。
鏡を通り抜けて異次元へ。

マッドハッターに問題あり(「ザ・ハッター・イズ・ザ・マター」)で、アリスが助けに行く。
タイムマシンみたいなもので、過去に向かおうというのだが…。

お茶

信じることは大切。
友だちのためにがんばる。
過ちを認めて素直に謝ることで心が通う。
理不尽な話はきっぱりはねのける。(できれば。)
たまごにはぶつからない。(割れるから。)

上映時間の関係で、字幕で観た。
エンドクレジットで、「アラン・リックマンに」とあったので、そうだ、亡くなったんだっけ、と思った。
彼の声は特徴があって、すぐ分かる。
吹替版で、深キョン女王さまの声も聞きたいけど、リックマンの声を聞くことができたのはよかった。

キャラが濃すぎるから、ヘレナの扮した頭でっかちな姿とか、改めて画像で見たくないなあと思ってしまうのは、差別ですか? 罪ですか?

(7月2日 イオンシネマ 板橋)

にゃんこら

ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS
2016年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・ボビン
出演 ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

予告編では、たまごにぶつかったアリスは謝っていたけど、本編では謝っていないぞ!?

ぶつかられるほうが悪いと、考えなおしたんだろうな。(いや、違うだろー!)

こんばんは~☆

お久しぶりです。私も予告編も見ないでさほど期待もしないで出掛けたのが良かったのか、なかなか面白かったナと思いました。
>泣けたし!
ねっ。
こんな風なハッピーエンドは好きですよ♪

ヘレナの赤の女王はアップにされると、結構きついものがありました。
「きれいな女優さんなのにね。」と友人に言っても、誰からも「そうね」と賛同されませんでした。可愛そうなヘレナ・・・可哀想な赤の女王^^

>kiriyさん

おはようございます。
期待値をあげすぎていると、たいてい、いいことありません。
終盤、まさかの感動(まさかと言っちゃいけないか)、ありましたね!
それに、別れの場面では、いつも泣けるので、自分が単純なのもあるのですけど…。
ヘレナさんは、どう思われようが女優魂で、やっちゃう人でしょうねえー。
人に歴史あり! 表面だけ見ていては、いけないですね!

こんにちは

前作がいまひとつだったので期待値を下げて行ったので、まぁまぁ面白かったかな...という感じです。
時間の都合で吹き替えだったのでアラン・リックマンの声が聞けませんでした 泣

面白かったです。

御免下さい、こんばんは。
わたしは、本作品好きです。
アラン・リックマンのあの声を聴くことができましたし、白の女王(ミラーナ)の黒歴史を知って、アン・ハサウェイはベスト・キャスティングだと感心しましたし、チシャ猫は可愛らしかったし(下敷き買ってしまいました)。
>キャラが濃すぎるから、ヘレナの扮した頭でっかちな姿とか、改めて画像で見たくないなあと思ってしまうのは、差別ですか? 罪ですか?
差別でも罪でもないと思いますよ・・・でもそれが人を傷つける、その不条理というか、それが「ああ、無情」 お伽噺のような普遍的テーマを感じたのも本作が好きな理由です。

>yukarinさん

おはようございます。
前作には、あまりいい記憶がないですね…。
ほんとは吹替で深キョンで聞きたかったのですが、思わぬ結果でリックマン聞けました!

>Катя カーチャさん

おはようございます。
黒歴史…たしかに!
下敷きとか、いろいろグッズがあるんでしょうね。チェックしませんでしたが。

見たくない、と思われたら、その相手がどう思うか。傷つきますね。ああっ、申し訳ない! けど、しょうがない。
今度、吹替え版で観てこようかしらん。

泣けました

ボーさん☆
私も期待してなかったせいでしょうか、思わず泣けたりと結構いい印象でした♪

>ノルウェーまだ~むさん

ちょっと時間の国へ行っていて返事が遅くなりました。お茶会にも遅刻しました。
案外よかった、というのが、案外よかったです。(はい?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3105-a7a65324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

大切な家族と時間 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/alice-time 製作: ティム・バートン監督: ジェームズ・ボビン  「ザ・マペッツ」 美しく成長したア

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」

7月4日、映画館にて観てきました。 前作の「アリス・イン・ワンダーランド」から早くも6年経ってしまいました。その前作の感想の中で書いたことですが、夢オチで終わる「アリス」の原作は、子供の頃から好きではなかったのです。でも大人になって考えてみると、ここまで面白い物語は夢であろうと妄想であろうと許せるような気がするのです。 完璧なキャラ達。それだけで、アリスは永遠に傑作と言われ続けられるべき...

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

凡作やけどアラン・リックマンが命を与えている!  

『アリス・イン・ワンダーランド / 時間の旅』 映画@見取り八段

監督: ジェームズ・ボビン キャスト: ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ミア…

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 (2D吹替)

【ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS】 2016/07/01公開 アメリカ 111分監督:ジェームズ・ボビン出演:ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ミア・ワシコウスカ、リス・エヴァンス、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、マット・ルーカス声の出演:アラン・リックマン、スティーヴン・フライ、マイケル・シーン、ティモシー・スポール、ポール・ホワイトハ...

「アリス・イン・ワンダーランド/j時間の旅」☆もはやフルCG

ここまで見事なCGで、『なんでもあり』なアリスのファンタジー世界を作りだせているのなら、最早、ジョニデのメイクもCGでいいのでは? というか、既に目だけ大きくしてみたり、ほぼメイクもCG? 白塗りに飽き足らず、どんどんど派手メイクになっていってるジョニデなら、もういっそマッドハッター自身もCGで?

完全に脇役、地味~な脇役。(;^_^A~「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」TCX3D字幕版

ジョニーデップのあのすんごいド派手メイクで地味なわけないと思うでしょうが、 今回のマッドハッターは、最初から真面目、しかもふさぎ込んでるから、 あのメイクとあのキャラを生かすどっぴょ~んさがないわけです。 う~~・・・物足りなかったのはそゆことでしょうか?...

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016)

父の後を継いで船長となったアリスは3年の航海から戻ってくるが、彼女を待ち構えていたのは新たに貿易会社のトップとなったヘイミッシュの嫌がらせだった。そんな時アブソレムに導かれたアリスは、鏡を通って再びワンダーランドへ。そこでは白の女王をはじめチェシャ猫、マリアムキン、白うさぎ、ベイヤード、三月うさぎ、トウィードルダムとトウィードルディーら懐かしい顔ぶれが出迎えたが、一同はアリスにマッドハッター...

タイムハザードⅡ(?) ジェームズ・ボビン 『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』

2010年(もうそんな前になるかよ…)、『アバター』にはかなわなかったものの、日

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

相変わらず映像は見事だ。

映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2D・字幕版』(公式)を公開初日の本日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ざっくりストーリー アリス(ミア・ワシコウスカ)は父親の形見であるワンダー号での3年間の航海を終えてロンドンに帰郷するが、雇い主からその船を奪われそうになり困惑して...

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS 2016年 アメリカ 113分 ファンタジー/コメディ/アドベンチャー 劇場公開(2016/07/01) 監督: ジェームズ・ボビン 製作: ティム・バートン 出演: ジョニー・デップ:マッドハッター アン・ハサウェイ:白の女王(ミラー...

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

【概略】 前作から3年後。亡き父の跡を継ぎ船長として活躍していたアリスに、船長解任の現実が突きつけられる。そんな時、青い蝶に導かれて着いた場所は、あのワンダーランドだった。 アドベンチャー 3年後、船長となって、中国服を着たアリス?うーん…それってもはや「不思議の国のアリス」とは何の関係もなくなっている。 時間を取り戻すって、児童書「モモ」がすでにそれをやっているし。 ...

「10 クローバーフィールド・レーン」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「エクス・マキナ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード