topimage

2017-07

「クリムゾン・キモノ」 - 2016.07.10 Sun

日系2世の役を演じたジェームズ繁田、立派な主役じゃないか!

白人男性をさしおいて、白人女性と相思相愛になる日系人、という映画なので驚いた。
人種問題にも触れた、劇場未公開フィルム・ノワール。

繁田と

監督のサミュエル・フラーは、「東京暗黒街・竹の家」もあるし、日本的なものは、わりと得意だったのかも?
ピアノで「赤とんぼ」が弾かれたり、ロサンゼルスの日本人街リトル・トーキョーの祭りがあったり。
日系2世のことをアメリカ人が「ニセイ」と言っているのも、びっくりです。
お寺の提灯に「高野山米国別院」と書いてあるので、調べてみたら、本当に実在しているんですね!

ジェームズ繁田とグレン・コーベットが、日系人と白人でコンビを組む刑事の役で、戦友であり、対等な相棒、バディとして描かれているのが、うれしい。
1959年の映画だから、戦後14年は経っているわけだけど、日系人が、こんなに普通にいられるのだなあと思ったものだ。(ただ、あとで、ぎくしゃくするのだが。)

ジェームズ繁田は、日系移民の子でハワイ生まれ、歌手になる。朝鮮戦争に従軍。来日して5年ほどステージに立ったこともあるらしい。

(7月8日)

コーベットと

THE CRIMSON KIMONO
1959年 アメリカ作品
監督 サミュエル・フラー
出演 ジェームズ繁田、グレン・コーベット、ヴィクトリア・ショウ、アンナ・リー、ジャクリン・グリーン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Columbia Pictures Corporation

ブログパーツ

● COMMENT ●

日系人が主役だなんて、すごいな!

ジェームズ繁田、「ダイ・ハード」の社長さんだよ。「クリムゾン~」より、ずいぶん後の作品だけどな。

あ、これテレビで放送されたのを録画して、ちらりと観たところでした。
冒頭から「赤とんぼ」?と驚いたんですよね。
フラーは日本がお好きだったんでしょうかね。
最後まで観てみます。

>pu-koさん

日本が舞台のアメリカ映画だと、変なところが目立つものですが、これはアメリカが舞台なので大丈夫でした。
この頃の、日系人の立場みたいなものが少しわかった気もしました。
見て損はないと思いますよ~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3109-4e492e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「クリムゾン・キモノ」

☆☆★(5点/10点満点中) 1959年アメリカ映画 監督サミュエル・フラー ネタバレあり

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」 «  | BLOG TOP |  » 「狙撃者」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード