topimage

2017-11

「X-MEN:アポカリプス」 - 2016.08.20 Sat

エジプトで復活したアポカリプスに、X-MENたちが挑む!

もー、いろんな能力をもったX-MENや、コスプレ大会を楽しむ娯楽ものですね。
ん? この人がストーム(になるの)か。
ジーンやサイクロップスって、最初はこんなふうだったんだ。


行くわよ
前列左から、CIAのモイラ・マクタガート(ローズ・バーン)、レイヴン・ダークホルム(/ミスティーク、ジェニファー・ローレンス)、ハンク・マッコイ(/ビースト、ニコラス・ホルト)。後ろには左から、ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)、スコット・サマーズ(/サイクロップス、タイ・シェリダン)、ピーター・マキシモフ(/クイックシルバー、エヴァン・ピーターズ)

ナイトクローラー、ひさしぶりじゃん?(ほんとは、本作のほうが時代的に先なんだよね、たぶん?)
サイロック、かっこいい。最後は、ひとりで…。
アポカリプス役のオスカー・アイザック、「スター・ウォーズ」新作のパイロット(いい人)とは思えない。(素顔がまったく見えないけど。笑)


おそろい
左から、ジーン、カート・ワグナー(/ナイトクローラー、コディ・スミット=マクフィー)、スコット

ストライカー、また出てきやがったか。…以前の作品とは俳優が違うよね?
CIAのモイラ、プロフェッサーと、どんな関係だったんだっけ。(過去作の記憶が…)
プロフェッサーの「ハゲ」話題が観客のうちでも盛ん。あんまりハゲハゲ言うな。世界中のハゲ(を気にする人)に失礼に当たることを認識するべし。(私は気にしてないよ。)


うわっと
うわっ! 目からマグマが! (違う)

マグニートーの家族がどうなったのかを目撃してしまったら、本人がグレる(?)のも無理ないと思うわ。泣けてしまうよ。
クイックシルバーの、時間よ止まれ、の活躍が再び楽しめるのは、うれしい。
クイックシルバーとナイトクローラーがいれば、移動については、ほぼ万能で便利!


前、じゃま
うしろ、サイロック(オリヴィア・マン)。前の人、じゃま。エンジェル(ベン・ハーディ)か?

スタン・リー、今回も気づかず。てか、どんなお爺さんか知らず、まったく気にしてないからだな。
シリーズを見返して、物語のつながりを再確認したくなる。…見ても、わからなかったりして?

(8月11日 イオンシネマ 板橋)


記念写真
記念写真とりますよー、はい、エックスメン!

X-MEN: APOCALYPSE
2016年 アメリカ作品
監督 ブライアン・シンガー
出演 ジェニファー・ローレンス、ローズ・バーン、ソフィー・ターナー、オリヴィア・マン、アレクサンドラ・シップ

参考:X-MEN:アポカリプス|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2016 MARVEL & Subs. (c) 2016 Twentieth Century Fox

ブログパーツ

● COMMENT ●

いつもお世話様です。

やっと旧三部作のメインキャラクターたちが揃ってきましたが、過去作と繋がらないとお嘆きの方もいらっしゃるようで…。
「ファースト・ジェネレーション」を経て「フューチャー&パスト」で歴史改変が行われているので、全く別のお話になって当然ですし、これで過去作の柵に左右されない自由な物語作りが出来るんですけどね(^^;

追伸
どうやら同じ日に同じ劇場で鑑賞していたようです。
もしかするとすれ違っていたのかも…?

>エクスカリバーさん

ありがとうございます!
あ! そういえば前作で歴史が変わったんでしたっけ! すっかり記憶が…(いつものことですが)
そうですよね、旧シリーズではミスティークはマグニートー一味だったはずで。レベッカ・ローミン・ステイモスさんのミスティーク、好きでしたっ!

イオンの板橋、よく行かれるのですか。私もイオンシネマ大井(こっちのほうが近い)、板橋のお得意さまです。

コスプレ楽しみました

こんにちは
世の中リオ五輪で賑わっておりますが、X-MENが参加したら全種目制覇ですねぇ。
前作のストーリーもあっちこっち記憶がなくて、あっ、パラレルワールドだからOKか・・・なんて夏休みボケの状態で楽しみました。

>Катя カーチャさん

こんにちは。
そうですねえ。X-MENが人間チームに助太刀する形でやれば、共存共栄の図ができていいのかも?
こういうのは観ていて楽しいから、いいですよね。(悲しい場面もありますけど。)

やっぱりシリーズが長いものは、知ってる人ほど思い入れがあって楽しめますよね。
私は正直ついていけてません(汗)
マグニートーのエピソードは切なかったですね。

ストームが・・・

ボーさん☆
前のストームがスリムでクールビューティーだったので、ちょっとごっついのが気になりましたよね。
私も毎回スタン・リーはスルーです。

一番最初に行ったシネコンが大井でした。
「スター・ウォーズ/エピソード1」を見に行きましたね。
駅から遠いのと、座席に傾斜があまりなく、前の人の頭が気になる席があるのがちょっと…(^^;

最寄りは板橋なので、基本はここで見てますね。
ここで上映されてない作品を他で見る、というパターンです。

こんにちは。
このシリーズはハズレなしです。
もう終わるということで寂しくみました。
未来のキャラの過去の話ってことで本当によくつながってるし。

>pu-koさん

いやいや、だいじょうぶです!
旧シリーズは別のパラレルワールドと思えば、新たに楽しめると思います。
俳優が違ったりするし…。マグニートーはガンダルフ…(違う)

>ノルウェーまだ~むさん

うむ、成長とともに容姿が変わるミュータントもいるのかも!?
それとも、過去を隠すために、変えたとか!?(笑)
スタン・リー、顔を記憶にインプットすればいいのかな…(したくないが)

>エクスカリバーさん

大井は、駅から15分弱は歩きますね。私は歩くのは歓迎なので、いいのですが。
板橋は駅近ですし、観たいけど大井で上映していない映画がよくあるので、利用します。イオンシネマはスタンプカードもありますしね。

>migさん

おはようございます。
X-MENは、キャラクターが多彩で楽しいですよね。
過去、未来と、話が広がって、まだまだ新しく作ろうと思えば、いくらでもできそうなので、楽しませてほしいですね!

こんにちは

旧3部作のメンバーの若い子たちが出てきてテンション上がりました。
しっかし、アポカリプスがSWのポーだったとは全然わかりませんでした。顔出てないから仕方ないですが...
スタン・リーおじいちゃんは奥さんと登場してました!

>yukarinさん

おはようございます。
若き日の誰々、という感慨もありますよね!
今、気づきましたが、ポーだけに、ア「ポー」カリプスだったんですね…すいません。
リーじいちゃん、どこで出てきたか、あとで知りましたけど、うっすらとしか思いだせない、ひどい私です。(笑)

ビースト、アポカリプス、ナイトクローラー、ミスティークといつも以上に青い人たちが多かった印象。「アバター」ほどじゃありませんが

>SGA屋伍一さん

あ、ほんとだ!
栄養不良とか、やばい事態に青くなったりとか、青好きな性格だったりとか?

しかし、アポカリプスの圧倒的な力の前に、、、と言うのは言い訳くさいけど、最終決戦でアポカリプスに戦いを挑む人間が一人もいないってのは、情けないな、人間。

>ふじき78さん

マジンガーZかなんかに乗ったら、闘えるんじゃないかと思いますが、日本からアメリカに行くのが間に合わなかったんじゃないでしょうか。

こんにちは

しかし、エリックとチャールズは
歩み寄りと別離を
何度もこうやって繰り返しでいくのでしょうね
パラレルワールドになってるので、
完全に敵としてではなく、
いつかは仲間として一緒に、というのも
ありなのかもしれませんね


それにしても
エリックのシリアス復讐劇、途中でアポカリプス一団が
現われちゃって台無しになるとこなんか、
滑稽でした

>makiさん

こんにちは。
パラレルだと、なんでも作れちゃうので、まだまだ、いろんなのを考えてほしいなと思います。
宇宙からの強敵でも、怪獣でも(?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3125-366cf21d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

X-MEN:アポカリプス

ストームって出身はエジプトなんやね。

『X-MEN:アポカリプス』

友よ、ここが帰る場所だ。 足掛け17年。ガラガラの先々行レイトショーで「敵は強大、味方はわずか」というキャッチコピーに嘘やん!とツッコミを入れていた頃が懐かしいなか、つい ...

X-MEN:アポカリプス

シリーズ最高峰! 「ファーストジェネレーション」の感動再来、いや超えた!  

X-MEN:アポカリプス

評価:★★★☆【3.5点】(11) 自分に能力をくれるなら迷わず透明人間!だが

『X-MEN/アポカリブス』(2016)

時は1983年、人類最古のミュータントと言われるエン・サバ・ヌール(アポカリブス)が永い眠りから復活。エンジェル、サイロック、オロロ・モンロー(ストーム)、そしてエリック・レーンシャー(マグニートー)を従え、人類を浄化しようと企む。その頃チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)はハンク・マッコイ(ビースト)と共に、ジーン・グレイやスコット・サマーズ(サイクロップス)、カート・ワグナー(ナイ...

X-MEN:アポカリプス

X-MEN:アポカリプス@よみうりホール

「X-MEN:アポカリプス」@20世紀フォックス映画試写室

 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客入りは8.5割位だ。2D字幕版が上映された。

劇場鑑賞「X-MEN アポカリプス」

神を、止めてみせる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201608110001/ 【メール便送料無料】John Ottman (Soundtrack) / X-Men: Apocalypse (Score) (輸入盤CD)【K2016/5/13発売】価格:1790円(税込、送料別) ...

X-MEN アポカリプス 3D

新しいX-MEN正史の続き、『X-MEN アポカリプス』を観てきました。 ★★★★ 前作『X-MEN:フューチャー&パスト』において、未来からの介入によって本来の未来は消滅し、派生した新しい歴史の続きを描く。今回は1980年代の冷戦末期の世界が舞台。 ミュータントは既に周知され、前作でのミスティークの行動によって偏見は以前より幾分マシになったものの、まだまだ市民権を得ているとは言い難い世の...

X-MEN アポカリプス (日本語吹替版) 監督/ブライアン・シンガー

【出演】  ジェームズ・マカヴォイ (プロフェッサーX 声:内田 夕夜)  マイケル・ファスベンダー(マグニートー 声:三木 眞一郎)  ジェニファー・ローレンス(ミスティーク 声:牛田 裕子)  オスカー・アイザック  (アポカリプス 声:松平 健) 【ストーリ...

【映画】『X-MEN:アポカリプス』首チョンパ祭り

X-MEN:アポカリプス(2016)アメリカ 原題:X-MEN:Apocalypse 監督:ブライアン・シンガー 脚本:サイモン・キンバーグ 出演: ジェームズ・マカヴォイ /  マイケル・ファスベンダー/ ジェニファー・ローレンス/ オスカー・アイザック/ ニコラス・ホルト/ ローズ・バーン...

X-MEN:アポカリプス ★★★★

ヒットシリーズ『X-MEN』の第6弾にして完結編。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスに、プロフェッサーXらX-MENが立ち向かっていく。監督は、シリーズ第1作、第2作、第5作も手掛けたブライアン・シンガー。『フィルス』などのジェームズ・マカヴォイを筆頭に、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザックと実力派スターが...

「X-MEN アポカリプス」☆最終章はスタートライン

圧倒的VFXで見事な黙示録的、終末観がたっぷり。! 前作までを見て無かったり覚えて無くても充分楽しめるし、若きX-MENたちが集結していくあたりはワクワク度MAX!. でも最後に気が付けば『なぜプロフェッサーはスキンヘッドになったのか』をじっくり説明したという結論に。 別に年齢を重ねて年を取ったから禿げたんでも良かったんだけど・・・

X-MEN:アポカリプス

原作はマーベルコミック。 『X-MEN』シリーズの第6弾。 シリーズ第1作「X-MEN」の以前を描いた 「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 「X-MEN:フューチャー&パスト」のシリーズの続編。 ミュータントの始祖アポカリプスは 文明誕生以前太古の最強の神として君臨...

X-MEN アポカリプス/X-MEN APOCALYPSE

2011年公開、第4作「X-MEN ファースト・ジェネレーション」=1960年代。 2014年公開、第5作「X-MEN フューチャー&パスト」=1970年代がメインの舞台。 シリーズ最終、第6弾となる本作では、1983年を中心に描かれ、この流れが第1作に繋がる 監督は、「X-メン」「X-MEN 2」「「X-MEN:フューチャー&パスト」の ブライアン・シンガーだからこその安心感&...

『X-MEN:アポカリプス』('16初鑑賞76・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月11日(木・祝) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 12:10の回を鑑賞。2D:字幕版。

X-MEN:アポカリプス

【監督】ブライアン・シンガー 【出演】ジェームズ・マカボイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/オスカー・アイザック/ニコラス・ホルト/ローズ・バーン/エバン・ピーターズ/タイ・シェリダン/ソフィー・ターナー/他 【公開日】2016年8月11日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 1983年。文明が誕生する前から神として君臨していたミュータントの始祖でもあ...

X-MEN:アポカリプス

X-MEN新三部作の完結編です。 これで旧三部作に続くストーリーになるので、どんな展開になるのか気になっていました。 圧倒的なパワーを持つ神のような存在のミュータントとマグニートーを襲う悲劇がクロスして こうして彼らの道は離れて行ったのか…と哀しみを感じるような物語が描かれていました。

X-MEN:アポカリプス (試写会)

スキンヘッドになった理由 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/xmen8月11日公開 監督: ブライアン・シンガー  「ユージュアル・サスペクツ」 「X-メン」 「X-

X-MEN:アポカリプス

紀元前3600年。 エジプトのピラミッドで、「アポカリプス」として君臨していた人類史上初のミュータント、エン・サバ・ヌールは、反乱によって封印されてしまう。 …1983年、その眠りは覚まされた。 人類の堕落を知ったアポカリプスは、マグニートーら4人のミュータント=“黙示録の四騎士”を召集し、世界を“浄化”しようとする。 プロフェッサーXやミスティークが率いる若きX-MENは、彼らとの戦いを強...

X-MEN:アポカリプス

【X-MEN: APOCALYPSE】 2016/08/11公開 アメリカ 144分監督:ブライアン・シンガー出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ニコラス・ホルト、ローズ・バーン、オリヴィア・マン、エヴァン・ピーターズ、コディ・スミット=マクフィー、ソフィー・ターナー、タイ・シェリダン、レクサンドラ・シップ、ルーカス・ティル...

磁力と黙示録 ブライアン・シンガー 『X-MEN アポカリプス』

前作『フューチャー&パスト』で感動的な大団円を迎えた映画「X-MEN」シリーズ。

「X-MEN アポカリプス」

「もうこれ系(DC、MARVEL)はいいや」と言っていた舌の根も乾かぬうちに本作を熱い気持ちで鑑賞するのは如何なものか?と我ながら思うのだけれど、「X−MEN」シリーズは本当に楽しみにしているのだから、しょうがない。「これ系」では次回作も観たい!と心待ちにするのは「X−MEN」ぐらいだ。今回も強烈に楽しかったし、満足である。とはいえ、楽しかったし、満足だったそのほとんどが、ワタクシ的に前作「...

最終章となる新3部作

11日のことですが、映画「X-MEN: アポカリプス」を鑑賞しました。 1983年 文明 誕生前から神として君臨していたミュータントの始祖であるアポカリプスが長い眠りから覚醒 マグニートーら4人のミュータントを率い世界の破滅を計画 プロフェッサーXはミスティークらと共...

X-MEN:アポカリプス

X-MEN: APOCALYPSE 2016年 アメリカ 143分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2016/08/11) 監督: ブライアン・シンガー 『X-MEN:フューチャー&パスト』 製作: ブライアン・シンガー 製作総指揮: スタン・リー 原案: ブライアン・シンガー...

映画評「X-MEN:アポカリプス」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ブライアン・シンガー ネタバレあり

「カリフォルニア・ダウン」 «  | BLOG TOP |  » 「12人の優しい日本人」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード