topimage

2017-06

「インシディアス 序章」 - 2016.08.26 Fri

霊能力者のおばちゃん、若い娘を救うか!

「忘却エンドロール」さまの、第5回 夏のきもだめし企画に参加いたします。

クイン

以前の作品から数年前、おばちゃんと、例の2人組がトリオになる、きっかけの事件。
クイン(ステファニー・スコット)は、亡くなった母親と話をしたいと、エリーズ(リン・シェイ)のもとを訪れる。
しかしエリーズは危険を感じて試みを中断。特定の死者に話しかけても、すべての死者が聞いているから気をつけるようにと、クインにアドバイスをおくる。

前2作は監督がジェームズ・ワンだったが、今回は今まで脚本・出演担当だったリー・ワネルが監督に進出!

その後、クインには恐ろしい状況が起こるわけだが、急に大きな音とともにショッキングなシーンが来るので、ドキンとしてしまう。(やめて!)
動けないのに襲われたり、相手の正体がわからないのは、こわい。(逆に、全貌が見えると、恐怖が減ったりする。)
最後は、やはり、母は強し。母の愛には、じーんときますね。
というか、最初から手伝ってくれればいいのに? という気もしないでもないが。
ホラーに必須な、きれいどころ、ステファニーちゃん、かわいいです。OK!

(8月26日)

祓え

関連記事:「インシディアス」 「インシディアス 第2章」

INSIDIOUS: CHAPTER 3
2015年 アメリカ作品
監督 リー・ワネル
出演 ステファニー・スコット、リン・シェイ、ダーモット・マローニー、アンガス・サンプソン、リー・ワネル

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2015 eOne Films Insidious 3 Limited. All Rights Reserved

ブログパーツ

● COMMENT ●

見えない怖さ

は、やはり世界共通なんでしょうね。
人間の想像力が恐怖の源でもあり、希望にもなると。

>特定の死者に話しかけても、すべての死者が聞いている

プライバシーなさすぎ(笑)
一度の交信で、あまたの霊に目を付けられる可能性があるなんて怖すぎます。霊能者もリスクの高い仕事ですね。

今回もご参加ありがとうございました♪

>宵乃さん

亡くなった人に語りかけると、ほかの死者も聞いているなんてなると、お墓参りや仏壇にお祈りするのさえもダメになっちゃいますけどね!

なんだかんだと、シリーズずっと見てきてしまっています。
こわいのも、また、想像がふくらんで、楽しいということなんですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3129-8df3c90e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インシディアス 序章

INSIDIOUS: CHAPTER 3 2015年 アメリカ 97分 ホラー 劇場公開(2016/01/16) 監督: リー・ワネル 製作: ジェイソン・ブラム オーレン・ペリ ジェームズ・ワン キャラクター創造: リー・ワネル 脚本: リー・ワネル 出演: ダーモット・マローニー:ショーン...

インシディアス 序章

【概略】 クインは亡くなった母との霊界交信をするため、霊能者・エリーズの下を訪れる。彼女はクインに霊が取り憑いていることに気付き…。 ホラー 気をつけて。一人に呼びかけると、全ての死者に聞こえてしまうから。 間接的な主人公はエリーズ(霊能者の人)。満身創痍のクインは主人公であり被害者。母親の霊に会いたいとエリーズに交霊を頼んだが…。 死者の住む世界の中でも、闇と光に分...

インシディアス 序章

JUGEMテーマ:Horror 「インシディアス 序章」 原題:Insidious :Chapter 3 監督:リー・ワネル 2015年 アメリカ映画 97分 キャスト:ダーモット・マローニー      ステファニー・スコット      アンガス・サンプソン      リー・ワネル      リン・シェイ 病死した母親の存在を感じる女子高生クインが ...

「ライト/オフ」 «  | BLOG TOP |  » 「ターザン:REBORN」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード