topimage

2017-08

「月下の恋」 - 2016.08.30 Tue

幽霊話というより、脱ぎっぷりのよいケイトを見るほうがメインになりそうな?

「忘却エンドロール」さまの、第5回 夏のきもだめし企画に、まだまだ参加。
監督がルイス・ギルバートと知って、彼は007映画をよく作っていたけど、1995年当時も現役だったのか!と少し驚いた。
しかも、ホラー系映画を手掛ける?

ケイト

1920年代のイングランドが舞台。お屋敷に幽霊調査にやってきたのはエイダン・クイン。
きょうだい3人が住んでいて、女性はひとりで、ケイト・ベッキンセイルさんだ。まだ映画には、それほど出ていない頃で、21~22歳、みずみずしい!
クインの前で、さっそくヌードになって湖で泳ぐ。男きょうだいも、ひとり、ついでに脱いで素っ裸で泳ぐ。(ケイトだけでいいので、じゃま。)
そのあとも、ヌードで絵のモデルになったり、果てはクインとベッドイン!
いったい、ホラーなのか何なのか、一瞬わすれてしまうが、お化け話です。お手伝いさんが幽霊のことを知っているし、クインも怪奇現象に遭遇しだす。

最後に見せる幽霊の技が、なぜ、そんなことをする?と笑っていいのか呆気に取られていいのか…。
全体的に、ゆるい雰囲気の幽霊譚で、ケイトの裸がいちばん印象に残るという、不思議な一編。

(8月28日)

ベッキン

HAUNTED
1995年 イギリス・アメリカ作品
監督 ルイス・ギルバート
出演 ケイト・ベッキンセイル、エイダン・クイン、アンナ・マッセイ、ジョン・ギールグッド、ジェラルディン・ソマーヴィル

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 1996 STUDIOCANAL FILMS Ltd

ブログパーツ

● COMMENT ●

セクシーな女優さんの

ヌードが楽しめるホラーですか(笑)
ホラーと言ったらお色気も定番ですよね。
驚きの幽霊の技が気になります。いつか機会があったら観てみますね~。
4作品目もご参加ありがとうございました♪

>宵乃さん

お手伝いさんをやっつけようとする幽霊の技なのですが、意外というか、なにそれ?というか。
ご覧になっていない映画にもコメントしなきゃいけないのは大変ではないかと思いますが、まだあと1本、のちほど手抜きで書きますので!(今夜あたりか)

こんにちは

悲しい印象の作品でした
妹さんの溺死、そして絆。
ケイトは確かに初々しかったですね

>makiさん

こんばんは。
幼い妹のことは悲しい話でしたね…。
それよりも、ケイトさんの印象が強くなってしまいました!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3133-aabda19a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月下の恋(ホーンテッド)

【概略】 インチキ降霊術などを暴いているデビッド教授は、超心理学の専門家。彼は幼いときに双子の妹を失ったことから、この道に興味を持ったのだった。ある日彼は手紙をもらい、亡霊に悩まされているという屋敷を訪れる。そこにはクリスティーナという美しい女性と、彼女の二人の兄が住んでいた。デビッドはすぐにクリスティーナと恋に落ちるが、やはりその家では怪奇現象が起こり・・・。 ホラー 確...

「ジャングル・ブック」 «  | BLOG TOP |  » 「スペル」(3回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード