topimage

2017-11

「海街diary」 - 2016.09.16 Fri

なんでもない、ひとときが、かけがえのない思い出。

四姉妹の日々を描くだけで、いい映画になる。やさしさの芯を物語に通しておくだけで。
食べるシーンがよく出てくる。食べることは、日々の生活。
4人一緒に映る場面は、フォトジェニックで印象的なものが多い。
鎌倉の古民家暮らし、いいなと思う。不便はあるだろうけど憧れる気持ちはあるよね。


4人
姉妹

手持ち花火
絵になる

すず
すず、かわいすぎ

さくら道
桜並木のなかを自転車で走る

わーい
このときだけ、庭の木になりたい…

(9月11日)

2015年作品
監督 是枝裕和
出演 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、大竹しのぶ

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2015吉田秋生・小学館/「海街diary」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

日本映画はあまり見ないけど、これは良かったな。

見てないけど、いい邦画はいっぱいあるんだろうなあ。

1枚目と2枚目の写真が外国の女優さんになってまんがなあ!

>officeroaderさん

きょうから、こういう映画になったんですよ。ええ。
…って、ちがーう!
あとで直しときます。写真の番号を「イーオン」と「海街」と同じにしちゃったんですね。

> このときだけ、庭の木になりたい…

床板でいいです。

TBありがとうございます。
わたしも庭の木になりたい...。
きれいな女優さんと美しい街の姿がとても印象的でした。

>ふじき78さん

もー、エロいんだからっ! あ、私も床で。

>ミス・マープルさん

ありがとうございます。
庭の木のようになれる、忍者でもいいですね。
みんな、キャラクター的にも似合っていて、いい感じでした。

絶妙なキャプション(笑)
4姉妹の日常、続きも自然に観たくなるような空気感がよかったですね。

>まおさん

ありがとうございますず。
これは素直に、よかったなあと思います。あまのじゃくじゃなかった、自分。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3143-a9ccb4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海街diary

けなげでええこや~ [E:crying] 公式サイト http://umimachi.gaga.ne.jp原作: 海街diary (吉田秋生作/小学館 月刊フラワーズ連載中)監督: 是枝裕和  「誰も

海街diary

 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)が起き上がって、「呼び出し?」と尋ねる男(坂口健太郎)に、「ごめんね。大した呼び出しじゃないんだけど」と言って、キスをして男...

映画評「海街diary」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり

海街diary

海街diary@東宝試写室

海街diary

親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!  

海街diary ★★★★.5

ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追う。メガホンを取るのは、『そして父になる』などの是枝裕和。テレビドラマ「八重の桜」などの綾瀬はるか、『潔く柔く きよくやわく』などの長澤まさみのほか、夏帆や広瀬すずらが共演。実力派女優たちが繰り出す妙演はもちろん、舞台...

「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化

眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。

『海街diary』を109シネマズ木場3で、『マッドマックス怒りのデス・ロード』をトーホーシネマズ六本木4と立川シネマ2aで観て、ともかくもう感想をすぐ落とすふじき★ ...

未レビュー撲滅運動対象記事。 時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。 ◆『海街diary』 五つ星評価で【★★★★「これが癒しだ!」と叩きつけられ ...

『海街diary』をギンレイホールで観直して、いやーデトックスふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★この悪人のいない世界が気持ちいいんだな】 映画の中に悪人はいない。 正確には風吹ジュンの生活を脅かす弟の存在は悪人に見えるが、 彼はキャラクターと ...

海街diary

海街diary '15:日本 ◆監督:是枝裕和「そして父になる」「奇跡」 ◆出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴志、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、風吹ジュン、リリー・フランキー、堤真一、大竹しのぶ ◆STORY◆長女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)は、鎌倉で三人一緒に住んでいた。そんな彼女ら...

海街diary

JUGEMテーマ:邦画 「海街diary」 監督:是枝裕和 2015年 日本映画 128分 キャスト:綾瀬はるか      長澤まさみ      夏帆      広瀬すず 鎌倉に住む幸、佳乃、千佳は、家族を捨てた父の 葬儀へ出席する。そこには父の再婚相手の娘すずが おり、義母との関係が芳しくない彼女を引き取る ことに決めるが...。 <お勧め星...

奇蹟の四姉妹~『海街diary』

 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生のコミックを、是枝裕和監督が映像化。美し 過ぎる四姉妹と、もしかしたら彼女たち以上にフォトジェニックな鎌倉の街を存分 に堪能でき...

海街diary・・・・・評価額1650円

そして、姉妹になる。 吉田秋生の同名漫画を原作とした、リリカルなヒューマンドラマ。 鎌倉の古い家に暮らす三姉妹は、父が亡くなり身寄りがいなくなってしまった異母妹を迎え入れ、新たに四姉妹として生活をスタートする。 是枝裕和監督は、山と海の街、鎌倉・湘南の美しい四季を背景に、個性的な姉妹それぞれの葛藤を、出会いと絆の物語の内に描く。 四人の綺麗どころが揃ったビジュアルは、観ているだけ...

先週まで観た映画〜1/15

  この冬一番という寒波が来てましたねー。 私とうあは無事にインフルエンザから回復したんですけど、 寒さで結局震え続けております(^_^;) にゃん達も暖かい所で… 縮んだり。 解けたり。 伸びたりしてます。 「そこまで伸び伸びしてるのは茶トラだけにゃ…」 マリやてんは、丸くなっていることが多いね(笑) 正月...

「イーオン・フラックス」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「スーサイド・スクワッド」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード