topimage

2017-06

1979年~1978年に見た映画ベスト8 - 2016.11.02 Wed

各年のマイ・ベスト・ムービーを記事にしていく、空前絶後な企画。

今回は1979年と1978年の2年間で、まとめる。前回は6年間でまとめたのに、今回たった2年間なのは、なぜかって?
なぜなら、2年で8本あるからだ!(笑)
私が「1979年~1978年に見た映画から選んだマイ・ベスト」であり、「1979年~1978年の作品から選んだマイ・ベスト」ではない。

ノートにつけた記録から計算するかぎりでは、1979年に見た映画は116本、1978年は82本。
映画館で観た数が少ないので、テレビ、ビデオなどで見た作品も合わせて、ベストを選ぶ。

◎ベスト8(初見の映画に限る。順番は時間をさかのぼって。好きな順ではない。)

見た年:1979年

「ライアンの娘」(1970年作品)
これが映画だなあ!という思いがするんですよ、デヴィッド・リーン監督の映画は、がっしりと手応えがあって、いい。好きだ!
ライアン

「ミッドナイト・エクスプレス」(1978年作品)
映画館で観て、外国って、こんなことがあるんだ! こわいよ!と驚いた。今では驚かない。こういうことはあるんだよ、と分かる、すれっからしな人になったから。
ミッドナイト

見た年:1978年

「恋」(1971年作品)
大人の女性に対する、少年の淡い恋心。うろおぼえだけど、そんなふうだったか? いいですよねえ。あこがれですよねえ。
恋

「スター・ウォーズ」(1977年作品)
テアトル東京で観た思い出。左右に長い湾曲したスクリーン。はじっこが、ゆがんで見えたりして。おもしろくて2回続けて観たと思う。
スタウォ

「マイ・フェア・レディ」(1964年作品)
有名なミュージカル映画、やっぱり面白かった。知ってる曲は多いし、レックス・ハリソンのセリフっぽい歌がユニーク。全曲、歌詞を訳してノートに書いた。
マイフェア

「屋根の上のバイオリン弾き」(1971年作品)
夢のシーンで、おばあちゃんが「テーヴィエ~、テーヴィエ~」と叫んで飛んで(たっけ?)、なぜか、おかしくておかしくて、笑えて、たまらなかった。重さはあるけど感動もする名作。
屋根の上

「早春」(1970年作品)
断片的にしか覚えていないけれど、これも大人の女性への少年の恋心。プールのシーンなんかがあったよね。けっこう強烈な印象が。民放でカットされたものしか見ていないので、すごく再見したい。
早春

「禁断の惑星」(1956年作品)
イドの怪物、ロボット、おねえちゃんのコスチューム。SF映画らしい雰囲気いっぱいの作品で、これもまた見たいねえ。
禁断

次点で「激突!」「旅情」「鳥」「沈黙」とか挙げときましょうか。

年度別マイ(ベスト)ムービー検索用リストは、こちら


(c) Metro-Goldwyn-Mayer, (c) Columbia Pictures, (c) Twentieth Century Fox, (c) Warner Bros., (c) United Artists, (c) Paramount Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは(^-^*)/

おおー☆
時代なのか、6本見てる♪
でも、、トシなのかほぼ覚えてない(^w^)
禁断のーー、そそられます★

名作2本

「ライアンの娘」は去年、「マイフェアレディ」は今年、いずれも「午前10時の映画祭」で再見しました。「マイフェア」は4Kでしたが、「ライアン」は分からない。でもどちらも素晴らしい映像でした。特に「ライアン」の冒頭、崖の上からヒロインの帽子が風に乗って崖下まで飛んでいく場面に、モーリス・ジャールのあの曲が流れ始める...初めてスクリーンで観たこの映画のイントロは印象的です。中身はまぁ、不倫ものの悲劇なわけで...演技では、びっこの老人役のジョン・ミルズが素晴らしい!大きな海老をつかんでヒロインに渡そうとする場面が忘れられない。娘さんがTVの「ぼくらのナニー」という番組で覚えています。あともう一人、「フレンジー」の犯人役のバリー・フォスターでしたっけ?ここでは反政府組織の工作員を演じる彼が目立ちます。暴風雨の中の海岸での撮影がものすごいです。

「マイフェアレディ」の楽曲はいずれも馴染みの曲ばかり。元気が出る曲が多い。「時間通りに教会へ」とか「君住む街角」とかジャズでも取り上げられてて口から出てきます。このミュージカル知ったのは、去年亡くなった従姉が、私が小学生の頃「踊り明かそう」を口ずさんでいて知ったのです。

「激突」も好きですね。スピルバーグの原点はTVだと思います。「刑事コロンボ」も監督してますし...

>kiraさん

こんばんは。
ありがとうございます。
見ていても、覚えていないもの、多いですよね!
でも意識しなくても、自分の血肉になっている(のではないか)と信じたい。
「禁断の惑星」は、知る人ぞ知る名作ですよ。ぜひ、どこかで!

>又左衛門さん

ありがとうございます。
ああ、そうですね、さすがに「午前十時~」は名作をやりますね。
帽子が飛ぶのは名シーンとして伝えられています。そうそう、暴風雨のシーンもありましたっけ。

「マイ・フェア・レディ」は、知られている名曲が多くて、見ていても楽しくなります。「サウンド・オブ・ミュージック」などもそうですが、ポピュラーな曲が多いミュージカル映画は、やはり親しみ深いものです。

「激突!」や「鳥」などは、マイベストに入れるか入れないか、ぎりぎり?

午前十時の映画祭

訂正です。
>ヒロインの帽子が....×
 ここは「ヒロインのパラソルが」の誤りでした(笑)BDで確認しました。記憶違いのメカニズムてのは、なかなか興味深いものがあります(汗) しかしこの場面の前、夜明け前の雲の群れが、風の音とともに流れていくシーンが、高速度撮影で撮影されて、だんだん夜が明けてくるのも素晴らしいと感じますね。

さて「午前十時の映画祭」。今週「七人の侍」を観てきましたよ。一番小さなホールでしたが満席でしたよ。意外にも若い人、若い女性も混じっていて感心しました。とにかくスクリーンで観るのが初めてなんですが、やっぱり良くできた映画だし、三船さんは「華がある」役者ですよ。なかなか観る機会がないので、貴重な経験となりました。

>又左衛門さん

おお! 言われてみれば。
私もそのまま、帽子だと思ってしまいました。まあ、風景としては帽子が飛んでいても不思議ではないですからね。
そのうちに見直したいものです。

「七人の侍」も評判はいいようです。おもしろいものは、いつになっても、おもしろいということですね。
「荒野の七人」をもとに新しく作った「マグニフィセント・セブン」という新作作品が近々公開ですし。

デヴィッド・リーンいいですねぇ。
古い映画を観ようと思いながら、つい新しい映画を追ってしまい、そのままになってるものも多いので、最近一念発起で古い映画に挑戦中です。
70年代は名作の宝庫。『恋』はすごく好きです。

七人の侍

当日気付いた点を補足しておきます。

スクリーンで初めてこの作品に接して気付いたのは、音声の迫力。4Kなのかどうかはよく分かりませんでしたが、農民たちが野盗の襲撃を予感して、悲嘆にくれる場面。何故かバックに低い男声のハミングがかぶります。まるで「ロシア民謡」のようだと感じました。多分、ロシア文学に傾倒していた黒澤監督は、この農民たちを「農奴」のように表現したかったのではないかと推測しました。搾取され、虐げられた農民たちの怒りと悲しみ...クライマックスの雨の中の激闘場面には、なんと「墨」が混ぜられていたそうですね。若き日の宮口精二さんがかっこいい!

>pu-koさん

いいでしょう!? 大監督と言えますよね。
新しいものを追いかけると、過去の名作まで手が回らなくなりがちです。
「恋」お好きですか! メジャーすぎない、このへんを同意してもらうと、また嬉しいです。

>又左衛門さん

修復して、音もよくなったのかもですね。
雨がよくわかるように、黒いものを入れたのでしょうかねえ。創意工夫は大事です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3159-c2afe127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ジョーカー・ゲーム」 «  | BLOG TOP |  » 「戦う翼」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード