topimage

2017-10

「暗黒女子」 - 2017.04.15 Sat

「あんこ食う女子」

と考えついたら、もう、それしか思い浮かばないのだった。
決して、ばかにしてはいない。それどころか、愛情をもって、あんこ食うのである。

ごきげんよう

映画館で2本観ようと計画して、その2本の間の空き時間が2時間ほどあった。
そこに、ちょうど暗黒ブラックホール女子のようにピタッとはまったのが、あんこ食う女子、いや、「暗黒女子」なのらった!

んー、この子、引退したんじゃ? などと思いつつ、数人の女の子を見て楽しめる

文学サークル部長の転落死について、部員おのおのの自作の物語が発表されるに従って、誰が部長の死に責任があるのかの推測がいろいろと出てきて、謎は深まるばかりであった。

出演者のなかでは私は、清野菜名さんがいちばん好きかな。(上の画像だと、左端。キョンキョン好きだから、そうなのか? という気もする。ちょっとは似た感じも?)
清水富美加さん、飯豊まりえさんについてはNHK連続ドラマ「まれ」で知った人だなあ。

これだけは言える。決して、あんこを食ってはいなかった。
食っていたのは…

(4月9日 新宿バルト9)

ハーレムだわ

2016年作品
監督 耶雲哉治
出演 清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、平祐奈、小島梨里杏、玉城ティナ

参考:暗黒女子|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2017「暗黒女子」製作委員会 (c) 秋吉理香子/双葉社

ブログパーツ

● COMMENT ●

せいの なな という名前だそうだ。

画像を見ると、そんなにキョンキョンには似てないぞ?

バンコク女子だとみんなタイ人だ。

清野さんは園監督の映画でおっぱい出してるよ。

>ふじき78さん

チョウコク女子だと美術部。

わーい、園監督の、さっそくレンタルだ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3226-15652250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暗黒女子

原作は秋吉理香子作の同名小説。 本は既に読んでいます。 清水富美加と飯豊まりえの ダブル主演で映画化。 岡田麿里の脚本。 監督は耶雲哉治。 聖母マリア女子高等学院の経営者の娘で 全校あこがれの的の 文学サークル前会長、 白石いつみの転落死。 彼女の手に残...

『暗黒女子』を渋谷TOEI②で観て、ゲラゲラ大満足ふじき★★★★(ネタバレなしだけど、匂わせる部分はあり)

▲このスイーツを全部たいらげる胃袋の貪欲さが暗黒女子だったりして。 五つ星評価で【★★★★いいな、女子が】 「暗黒(ankoku)」と耳で聞くと、今でも思いだすのがアニメの「一 ...

「暗黒女子」推理を語られた先に明かされた暗黒女神から5人へ提示された生涯秘密の暗黒契約

「暗黒女子」は1人の少女の自殺を巡り残された5人の女子が小説の推理から犯人を捜していくストーリーである。映画そのものは暗黒なものとなってしまったが、映画は映画として確 ...

17-101「暗黒女子」(日本)

鈴蘭が、犯人が誰かを示してくれる  セレブなお嬢様ばかりが通う名門女子高、聖母マリア女子高等学院。  ある日、カリスマ的人望を集めた女生徒・白石いつみが謎の死を遂げる。  いつみが会長を務めていた文学部サークルの部員に疑いの目が向けられる中、いつみの親友...

暗黒女子

聖母マリア女子高等学院経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった3年生・白石いつみが、校舎の屋上から落下し死亡する。 いつみが主宰していた文学サークルを、いつみの親友・澄川小百合が引き継ぎ、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催することに。 今回のテーマは、「いつみの死」。 いつものように灯りを消した部室で、部員が持ち寄った具材を入れた“闇鍋”を食べた後、それぞれが“犯人”を告発する作品が発表さ...

暗黒女子

 幸福の科学騒動で引退した清水富美加の主演作。原作がしっかりしていることもあって、ミステリーとして面白かったし、若手女優の競演も堪能できました。もう清水の演技が見られないのはちょっと残念。  作品情報 2016年日本映画 監督:耶雲哉治 出演:清水富美加、…

『暗黒女子』(2017)

裕福な家庭の子女が集う聖母マリア女子高等学院。その経営者の娘にして全校生徒の憧れの的だった白石いつみ(飯豊まりえ)が、不可解な死を遂げた。やがて彼女が主催していた文学サークルのメンバーの誰かが、彼女を殺したのだという噂が飛び交うようになる。いつみの親友でサークルを引き継いだ澄川小百合(清水富美加)は、各自が創作した小説を持ち寄って朗読する定例会のテーマを「いつみの死」と決めた。それにより真犯...

[映画『暗黒女子』を観た(舞台挨拶付き)]

☆・・・舞台挨拶付きで行ってきました^^ 映画自体は面白く、最初からハイテンションで進み、名門ミッション系女子高校と言う、やや使い古された、ツッコミどころも多いだろう設定に戸惑うこともなく進む。 メインの少女たち6人は、いざ、物語が始まると、どの子も魅力的。 凝った構成なので、物語についてはあんまし語らないで、女の子たちについて語っておきます。 私は玉城ティナがお目当てであったし、後に舞台挨...

暗黒女子

2016年 日本 105分 ミステリー/学園 劇場公開(2017/04/01) 監督: 耶雲哉治 『百瀬、こっちを向いて。』 原作: 秋吉理香子『暗黒女子』 出演: 清水富美加:澄川小百合 飯豊まりえ:白石いつみ 清野菜名:高岡志夜 玉城ティナ:ディアナ・デチェヴァ 小島梨...

「SING/シング」 «  | BLOG TOP |  » 「パッセンジャー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード