topimage

2017-09

「美女と野獣(2017年版)」 - 2017.04.24 Mon

けっこう重たくない?

というか、わくわくしないし、軽やかでもないのだね。
演出のせいか、お話のせいか。

ポスター

「美女と野獣」のお話は、レア・セドゥさん主演版を見て、原作本を読んでいたので、今回のディズニー版は、かなり違うなあと思いながら観ていた。
もっとも、原作のほうも軽やかではないですが。
我が家では、レア・セドゥさん版を「美女と野獣」として記事にしてあるので、区別するために本作には(2017年版)とつけて表記しておく。

ディズニー版は、まず、野獣は呪いをかけられた王子である、と最初から明かされている。
ベルが野獣を愛して呪いを解けるのかが、いちばんの興味の中心になるわけだ。
しかしですよ、この王子、醜い老女が泊めてほしいとやってきたのに、せせら笑って断ったから野獣にされたのである。
性格が悪いのが、はじめっから一目瞭然にされているストーリー展開では?
そんな野郎に、かわいそうに、なんて思うわけがない。後悔して性格がよくなる? ベルと出会って変わる? 本来の性格は変わるんでしょうか。

エマ・ワトソンさんは男のハンサム顔とも言える気がして(すいませんね)、あんまり魅力に思わない(あくまで私の感想。すいませんね)。
彼女、野獣をそんなに怖がらないし、食器や家具(王子の家来たち)に慰められて、すぐに立ち直る?し、演じどころ(演じがい)がないような?

歌も、メインの1曲以外は知らないし、乗れる曲がない。
だから、酒場で悪党ガストンを誉め讃える歌なんぞをみんなで歌い踊っても、こちらは、なんで踊ってんの?と冷めた目で見てしまう。

バラ

ラストは、「落として泣かせてから上げる」常套手段。悪いとは言わない。「アナ雪」だって、そうだったし、私は大好きだったし。

なんにしても、このハッピーエンド感は、さすがディズニー。映像も豪華だから。
エンドロールで俳優・配役が紹介されるのも好き。楽しいよね!
え、イアン・マッケランなの!と驚いた。 (何にでも出てくるよね、な印象が。笑。ほんとは、そうでもないけれど。)

ある場面での野獣の振る舞いには感動。愛とは(自分のことは置いといてでも)好きな人のことを第一に考えるもの。ここは泣けるし、私もそうありたいと思わせる、いい話。

今回は吹替版で観たのだが、予告編で「燭台」の声を聞いたとき、すぐに「ムーラン・ルージュ」のときと似た感じのユアン・マクレガーの声だよ、とわかった。
エマ・ワトソンさんの歌声は、ちょっと聴いてみたかったが。WOWOWで字幕版で見るまで待とう。

吹替版の声優さんの名前は、映画の最後に出た。
おお!と思ったのは、岩崎宏美さん。そういえば、美女と野獣のダンスシーンでは、彼女ひとりの歌だったと思う。予告編なんかだと、デュエットなんだけど?

ベルが高原を駆けてきて歌うところは「サウンド・オブ・ミュージック」、野獣が塔にしがみつくところは「キング・コング」を思わせた。まさかパロディ?
これに誰も言及しないのは、見て見ぬふりをしているのか。

(4月22日 イオンシネマ 大井)

ダンス

BEAUTY AND THE BEAST
2017年 アメリカ作品
監督 ビル・コンドン
出演 エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ジョシュ・ギャッド

参考:美女と野獣|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

日本語吹き替え版は、今のところ評価が低いみたいですね。

テレビ放映されていた「ダウントン・アビー」では、マシュー(←ダンさんが演じた役柄名) が死んだ後「前回までのあらすじ」で、何度もマシューの死に顔が登場しました。ネット上で「今週もマシュー死ぬのか?」と突っ込まれていただけに「美女とマシュー…ではなかった、野獣」の最後は「マシュー、生き返った〜もう死んじゃ駄目だよ〜( ; ; )」という気持ちでした。←「すいませんね」はい、ボーさんの圏外のトピックですねf^_^;

ガストンの酒場のナンバーは、ブロードウェイ版だと、一番盛り上がるところでした。ブーツとビールジョッキをガッチャンガッチャン鳴らして、観客の「ピーヒャラ〜♪」という口笛も、毎回盛大でしたよ(゚o゚;;

日本語字幕無しだったせいか、私も期待していたほど感動せず、あ〜これで終わりか〜と思っていたところ、最後の最後で泣かされまして。イアンとユアン(紛らわしいな〜f^_^;) が交わした、最後(になりかけ?)のご挨拶です。「君と一緒に、この屋敷で働くことができたことは、光栄だったよ」というのは私の脳内字幕ですが、あぁ、この人(モノ?)たち、いつかはこうなってしまう時が来る…と分かっていながら、残された日々を大事に、捨て鉢にならず、主(あるじ)に逆ギレもせず、頑張って働いていたんだな〜と…私も似たような仕事をしているので(城じゃないけどさっ)、結末が分かっていても、ホロッとなりました(ブロードウェイ版・アニメの何とかエディション版だと「ヒューマン・アゲイン」というナンバーがあって、その辺の心情が掴めるんですけれど、それより分かり易かったです)。

「ある場面」については、いつか熱く?語らせてください。

あ、私のフィアンセさん、武道館に行く(来る)らしいので、ノロウイルスにかからないよう、食事前には手を洗うのよって伝えておいて頂けますか?

それと、ツイッターをのぞかせて頂いたのですが「マンマ・ミーア!」の上映があるのでしょうか?

長くなりましたm(._.)m

>モペ改め「謎の」ミトンさん

ほかのブログなどを見ると大好評なので、びっくりです。なにかの間違いじゃないかと(笑)。だからコメント出張にも行っていません(笑笑)。

吹替版だからダメとは思わないのですが…。(英語版のどこが優れているのか、わからないので。観ていないし。)

ああー、ダウントンに出ていた人ですか! 今回、ほとんど野獣の姿でしたけど、いいんですか? 中身がそうなら、いいんですか? 顔がちょっとだけ出ればいいんですか? (しつこい)

えー、酒場のシーンって、観客もみんなで騒いで楽しむのですか! そういうのを経験していると、映画でも楽しく観られたかもしれないですね。

最後もねー、助かるのがわかっているから…と思いながら観ていたら、え、お亡くなりになるのですか!? と驚きが少し生まれたところで、やっぱり、ああ、助かったとなりました。
しかし、あのカップなんて割れてしまったら、死ぬわけでしょうか。タンスやらピアノなどに比べたら、それはちょっと不公平な気が。

ポール、来日していますね。追いかけてこなかったのでしょうか。LINEで連絡しているのでしょうか。きょうはNHK朝ドラでも、ビートルズの話題を出して写真も出して歓迎して(?)いましたよ。

そうなんです、オー、マンマ・ミーア!と叫びそうですが、私が観に行けるのは5月13、14日ですねえ。
https://cinemacity.co.jp/wp/ccnews/mtd_secret_may_june/

わ、、、アニメ版見ていないとそうなっちゃうのかな。。。

歌も、メインの1曲以外は知らないし、乗れる曲がない。
だから、酒場で悪党ガストンを誉め讃える歌なんぞをみんなで歌い踊っても、こちらは、なんで踊ってんの?と冷めた目で見てしまう。


これは残念ですね。アニメを見てから見て欲しいですよ。あと吹き替えじゃなくて字幕で!エマがボーさんのタイプでなかったのは仕方ないですね。多分タイプだったら評価もっと上がるのかと、、、笑
ディズニーアニメファンの私にはこれは完璧な実写化でキャストでした

>migさん

どーも、絶賛記事ばかり見るので、我が家に閉じこもっていましたが(笑)、来てくれてありがとうございます!
きっと、そう! アニメ版を見て、なじみがあって、損なわずに実写化したら、感激するのでは? 物語的にも鉄板ですもんねえ。

でも、はじめて聴いた曲でも、乗れるものは乗れるわけで、今回のは私がそれほど気に入らなかったということになりますね。
字幕版だったら、どうだったのか? 映画館に見直しに行きたい気は、いまのところ起きないので…(いまのところは)
主演が好みだったら? それは、もっと好きになったかな? かも?(笑)

ボーさんはいまいちでしたか〜。
私はアニメ&舞台の方にどっぷりだったので、曲もキャラも満足で観ることができました。
吹替も好きなミュージカル俳優さんばかりなのですが、やはり知らないと「?」というメンツかもしれませんね。
エマ・ワトソンのハンサム顔というのは、納得です(笑)

>まおさん

ん! 舞台もあったんですか!
アニメで確固たるファンがいるという下地があっての、この人気なんだなーと最近わかりました。ほかのディズニーアニメよりも特別なのでしょうかねえ。
エマちゃんは美人というイメージじゃなくてハンサムなんですよねー、私。

こんばんは。

私は吹き替えってありえないんで個人的に(苦笑)
いつもは字幕版公開されてる劇場まで足を伸ばしますが、今作は地元で数週間遅れて公開するというのでまで待ちました(笑)
ユアンとルークが良かったデス♪

>オリーブリーさん

こんばんは!
普通の映画はまだしも、ミュージカルの吹替は、本人が歌うことから、はずれてしまいますからね。私も、好きな俳優が出ていたら、吹替では観ないです。

ユアンとルークって…「スター・ウォーズ」?と思っちゃいました。(本名と役名が交ざってるけど。)

IMAX(日本語字幕)で観直しました。
本当にね…顔がちょっとだけしか出てこない…( ; ; )でも、大きなスクリーンで、Blue eyes(ほとんど目だけの演技でしたからね) に、改めて惚れ直しました(^。^)

昔、ラジオでカビラ(川平)兄弟さん達が教えてくれていた情報だったと思いますが(うろ覚え)、ディズニーって作品観云々にこだわるので、日本語版制作側は、一度日本語に翻訳したサンプルを、英語に再翻訳して、提出→ディズニーがチェックして「駄目だ、作り直せ!」→で、また練り直す…特に歌詞は、クライマックスに喉を開く母音を持ってこないといけないので、苦労する…みたいなことが言われていました。日本語版の歌が、ギクシャクしてしまうのも、いた仕方あるまい…
(´・_・`)
吹き替えキャストに関しても、チェックが厳しかったはずですが、最近の吹き替えは…どうしたことでしょう
「こりゃヒドイ(>_<)」(個人的評価)です。もっと上手い役者さんを使えるはずなのにね…。

「ある場面」←これ、ジ〜ン
( ; ; )とする歌が入っていますが、ブロードウェイ版は、休憩の前なので「さぁトイレに行かなくちゃ」と、集中できなかった…。今YouTubeで聞き直して、歌詞に涙しております。私事ですが、丁度一仕事片づけたところでして、上司が「彼女の、あの子供っぽくて陽気な笑い声が聞こえなくなって、寂しくてたまらない」とまで言って、泣いてくれたこととダブりました(城には住んでいないけど…)。

英語版の何が優れているかって、そりゃ、実写版オラフ(違う?)が観られることですよ!テレビのショーで「アナ雪」の替え歌を歌っていらっしゃいましたが、上手すぎて鳥肌ものでした。

因みに…ヒュー・ジャックマンが、舞台版でガストンを演じていたって、ご存じでしたか?「見よ、この胸毛〜♪」って歌う時、地毛を使ったんかな〜(^_^;)

(↑マンマ情報、ありがとうございました!この頁、閲覧数が百を超えることがあったので、下手なこと書けんな…と、少々緊張…(^_^;))。

>(帰ってきた)モペ改め「謎の」ミトン さん

顔が出てこない…誰のことかちょっと考えてしまい(もう、ほとんど忘れているので…興味の低い映画なので…)ましたが、野獣ですねー。
日本語字幕って、ほんとに帰ってきたんですね。わーい、おかえりなさい、ロシアから?(スパイじゃないですよね?)
泣いてくれる上司、すばらしいですね! それも部下がよかったからでしょ!

クライマックスに喉を開く母音って、原語の歌も、そう作ってあるんでしょうかね。吹替キャストは「アナ雪」なんて最高でしたけど。
オラフの替え歌、見たいなあー。YouTubeにあるかなー。

ジャックマンがミュージカルをやるのは知っていますが、ガストンもでしたか!
似合いそうです。

100を超えるといっても、30日分でしょうから、1日3つ平均ですよ。しかも、ろくに読まない方もいるでしょうし。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3231-2bf07eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美女と野獣(2017)

公式サイト。原題:Beauty and the Beast。ビル・コンドン監督。エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガ ...

美女と野獣

美女と野獣@ユナイテッドシネマ豊洲

劇場鑑賞「美女と野獣」

愛を、知る… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201704210001/ 美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション (日本語版) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

映画「美女と野獣(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『美女と野獣(字幕版)』(公式)を公開初日4/21に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら79点にします。 ざっくりストーリー 1人の美しい王子が、魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることが出来なければ、永遠に人...

美女と野獣・・・・・評価額1800円

伝説が、再び生まれる。 ディズニー手描きアニメーションの最高峰を、単に実写化しただけの作品ではない。 限りなく完璧に近かったオリジナルのドラマをさらに補完し、その先を見せてくれるのだ。 ベル父娘は、なぜあの退屈な村に住んでいるのか。 なぜ野獣は、冷酷な青年に育ってしまったのか。 そして、二人はなぜ惹かれあい、お互いを愛する様になったのか。 オリジナルの84分から、40分以上伸...

美女と野獣

【概略】 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル。ある日、彼女は野獣と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹かれていくベル。一方の野獣は…。 ラブストーリー ベル役にエマ...

美女と野獣

問答無用のハッピーエンドが胸を打つ。

美女と野獣IMAX ★★★★★★

ディズニー・アニメ不朽の名作「美女と野獣」を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化したファンタジー・ラブ・ロマンス。魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子と、聡明で心優しきヒロインの真実の愛を、アニメ版の名曲の数々に加え、新たに書き...

美女と野獣

評価:★★★【3点】(11) 対象年齢が小学低学年とかなり低いように感じたが(笑)

美女と野獣 字幕

大感動した!素晴らしかったです。。。 やっぱり歌や曲が素晴らしい。。。 アニメ版は娘が小さい頃 リトル・マーメイドやシンデレラに比べたら観てる回数は少ないけど 美女と野獣も観てたので シンデレラ同様、実写版!とっても楽しみにしてました。 それぞれのキャ...

「美女と野獣」Beauty and The Beast (2017 ディズニー)

うちの娘が卒論に選んだのは&ldquo;異種婚姻譚&rdquo;というジャンルらしい。人間以外の異性と結婚する物語。日本でいえば「鶴の恩返し」や「雪女」がそれにあたるとか。西洋で代表されるのはこの「美女と野獣」だろう。醜い野獣と美しい娘の恋愛は、異種である以上に複雑な要素をはらんでいるはず。わたしは1946年のジャン・コクトー監督版しか見たことがなく、モノクロの画面であるがゆえにかえって印象...

映画『美女と野獣』★愛し愛される♪ディズニーの夢の魔法♪

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/168785/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・美女ベル : エマ・ワトソン ・野獣 : ダン・スティーブンス(本当は美形(^^♪) ディズニー実写版です。 予告編から楽しみにしていました!! ディズニーアニメでは、1番人気という『美女と野獣』。 それだけに、実写化への期...

美女と野獣

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。 魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れないのだ。 呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの前に、美しい村の娘ベルが現れる…。 ラブ・ファンタジー。

「美女と野獣」

よく考えてみたら、私は「美女と野獣」の正しいストーリーをこれまで知らなかった。「美女と野獣」ってこういうお話だったのね。もうもう、目一杯、「女の子」させてもらえる時間!素晴らしい夢の世界。お城、ドレス、舞踏会。真っ赤なバラの花、喋る調度品たち。王子様がかかった魔法を解くのは「愛してる」の一言と熱いキス…。かつて「女の子」だった私がその時と変わらず…ではなく、その頃の気持ちを思い出して幸福の余...

『美女と野獣』 教育的で楽しめるミュージカル

 ディズニーの1991年のアニメ作品『美女と野獣』の実写版リメイク。  監督は『ドリームガールズ』などのビル・コンドン。  主役のベル役には『ハリー・ポッター』シリーズや『ウォールフラワー』などのエマ・ワトソン。  アカデミー作品賞にまでノミネートされたという1991年のアニメ版のほうは観ていないのだけれど、本作はアニメ版がかなり忠実に再現されているようだ(両バージョンを比...

美女と野獣/BEAUTY AND THE BEAST

好きなディズニー映画3位 ラプンツェル、2位 アラジン 1位 美女と野獣 一番好きな美女と野獣の実写化 (レア・セドゥとヴァンサン・カッセルのは監督が❌なので観る気がしなかった) ベル=エマ・ワトソン        野獣=ダン・スティーヴンス ガストン=ルーク・エヴァンス(プライベートではゲイをカミングアウト。⇦でも好きだな)  ルフウ=ジョシュ・ギャッド で、キャスト...

『美女と野獣』(2017)

ディズニーアニメの実写化シリーズの最新作。もちろんアニメ版は何度も見てるし、劇団四季の舞台版も何度も見てるので、もう見る前から「面白いんだろうな」と期待度MAXで劇場へ足を運んだが、なんとクライマックスでまさかの号泣!…まではいかなかったけれど、あふれる涙を止めることが出来なかった。こんな経験、初めてかな。王子が如何にして野獣に変貌していったかを紹介するプロローグ、アニメ版でも舞台版でもシル...

『美女と野獣(2017/米・ディズニー実写版)』('17初鑑賞40・劇場)

☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 4月21日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。2D:字幕版。 4月27日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 13:50の回を鑑賞。2D:字幕版。

先週観た映画〜4/30&あくびらむ

  日々、暖かくなってきましたね。 毎日何をしてるんだか、日付ばかりが過ぎていくー(汗) にゃん達は元気です。 らむは相変わらずおひざ大好き。 うあがいない時は、私のひざでくつろいでます。 「ふが…」 「ふんがー!!」 らむが野獣に! 「単なるあくびだにゃ…」 ははは。 久々に劇場で映画を観てきました! …と言っ...

美女と野獣(日本語吹替版) 監督/ビル・コンドン

【出演】  エマ・ワトソン    (ベル/声:昆 夏美)  ダン・スティーヴンス (野獣/声:山崎 育三郎)  ルーク・エヴァンス  (ガストン/声:吉原 光夫) 【ストーリー】 進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル。ある日、彼...

美女と野獣 (2017) 字幕版

【BEAUTY AND THE BEAST】 2017/04/21公開 アメリカ 130分監督:ビル・コンドン出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー、スタンリー・トゥッチ、ネイサン・マック、ググ・ンバータ...

映画「美女と野獣」

GW中に映画「美女と野獣」を鑑賞しました。

「美女と野獣」☆忠実が成功のもと

女の子の憧れの物語と思っていたら、男性からもすこぶる評判の良い本作。 成功のカギは何だったのか?

『美女と野獣』

□作品オフィシャルサイト 「美女と野獣」□監督 ビル・コンドン□脚本 スティーブン・チョボウスキー、エバン・スピリオトポウロス□キャスト エマ・ワトソン、ダン・スティーブンス、ルーク・エバンス 、エマ・トンプソン       ケビン・クライン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー、イアン・マッケラン■鑑賞日 4月30日(日)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満...

美女と野獣

期待通りのエマちゃん 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast 監督: ビル・コンドン  「ドリームガールズ」 「トワイライト・サーガ/ブレ

美女と野獣

魔女の呪いで醜い野獣になってしまった傲慢な王子(ダン・スティーヴンス)は、家財道具に変えられた召使たちと人知れず城でひっそりと暮らしていた。 呪いを解くには、魔女が残したバラの花びらがすべて散る前に、王子が誰かと心から愛し合わなければならなかった。 一方、田舎の小さな村で父モーリス(ケヴィン・クライン)と暮らすベル(エマ・ワトソン)は、読書家で進歩的な考えを持つため、周囲から変わり者...

美女と野獣

BEAUTY AND THE BEAST 上映時間 130分 監督 ビル・コンドン 音楽 アラン・メンケン 出演 エマ・ワトソン/ダン・スティーヴンス/ルーク・エヴァンス/ケヴィン・クライン/ユアン・マクレガー/ググ・ンバータ=ロー/イアン・マッケラン/エマ・トンプソン 美しいが傲慢だった...

美女と野獣(2017)

 『美女と野獣』(2017年)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に足を運びました。  本作(注1)の冒頭は、舞踏会のシーン。  ナレーションが「昔、フランスの美しい城に若くてハンサムな王子が住んでいた。望むものはすべて手にした薄情...

『イップマン 継承』を新宿武蔵野館1で『美女と野獣(吹替)』『帝一の國』を109シネマズ木場3,6で観て、どれも最強ふじき★★★★★,★★★★,★★★★★

最強3本を忘れる前にレビュー ◆『イップマン継承』 ▲「この手が、この手がいけないんだあ!」 五つ星評価で【★★★★★不安を瞬殺する傑作】 実の所、映画を褒めるのは ...

肉食だけど草食系 ビル・コンドン 『美女と野獣』

それなりにあたるだろうとは思ってましたが、まさかこれほどとは… 本日は現時点で世

「攻殻機動隊 新劇場版」 «  | BLOG TOP |  » 「ムーンライト」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード