topimage

2017-11

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」 - 2017.04.27 Thu

Google、株、上げたな!?

ネタばれあり。

養親

なにしろ、Google Earth(グーグルアース)がなければ、彼は家を探し当てられなかった可能性が高いのだから。
記憶に残った風景を頼りに、インターネットの画像によって故郷を探すという、現代ならではの手段。

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」のタイトルには、まったく惹かれないものの、昔からの恋人であるニコールが出ているのだから、と思い、評判もよかったのもあって、映画館に行った。

…よかった! ニコールも出番は少ないものの、すばらしかった!
画面に登場してきたときは、金髪でないせいか、ん? ニコール? と多少、戸惑ってしまったが。

なんといっても、主役の子ども時代を演じた子が自然な演技でいい。
家から遠く離れてしまい、ホームレス状態、施設へ、そして、里親のもとへ。
もらってくれる人が現れたのは、すごく幸運なのだと思う。そのまま施設にとどまる子もいるのだから。

養母

里親夫妻は、自分たちの子を持とうと思えばできるのだが、かわいそうな孤児を救うために彼らを引き取って育てる決意をしたのだという。
子ができないから、養子をもらう、のではなく。
この考え方は私にとっては新鮮で衝撃があった。ふつう、そこまで、できるのかと。

実家を探し当て、訪ねていったとき、映画では誰もいなくて劇的な印象をつくっていたが、テレビ番組で本人が語ったところでは、家の前に女性が3人いて、そのなかのひとりが母親であることが、すぐにわかったのだとか。
母は引っ越しもしないで待っていた。いつか息子が帰ってくるかもしれないと思って。

ふたりの母の愛が、すばらしすぎ!

(4月23日 イオンシネマ 板橋)

実母

LION
2016年 オーストラリア作品
監督 ガース・デイヴィス
出演 サニー・パワール、ニコール・キッドマン、デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、プリヤンカ・ボース

参考:LION/ライオン ~25年目のただいま~|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

ブログパーツ

● COMMENT ●

こちらも良かったですね!
サルーくんはラッキーだったと思います。
新しい両親もいい人で
まさに映画化にしないともったいない話でしたねー!

今晩は~♪

当時5歳、というのが一つポイントだったかと思いますね。
記憶はあるし、逞しく生き延びる判断力もあったし、
新しい家族への柔軟性もあったし。
そして、裕福な家庭だからこそ、大学でGoogle Earthの存在を知ったし、
本当に幸運だったと思います。

>昔からの恋人であるニコールが
ここ、笑った(≧▽≦)もう!美人に目がないんだから~(笑)

>migさん

実話がドラマティックで、映画の素材としていいですよね。
人さらいから逃げられて、警察に行けて、施設に行けて、もらわれて、と、運も強かったですよね!

>kiraさん

おはようございます。
なるほど、幼すぎてもサバイバルできないし、年齢が行き過ぎても養子には難しい、というのはありますね。
駅や塔や家が、そのまんま残っていたのもラッキーですよね。日本だったら、もうちょっと開発が早いのではないかと思うし。

そこ、笑うところではありませんけど(笑)。普通に真面目に書いておりますよ?

ニコールはおばちゃんパーマでも美しかったですね。
実際にお兄ちゃんは主人公が迷子になったその日に列車の事故で死んでしまったとのことで切ない。

>pu-koさん

はじめは、誰ですかー?って画面に問いかけましたよ。
テレビ番組の「アンビリバボー」では、兄の死は仕事中なのか弟を探してなのかは、わからない、とか言っていたようですね。

ニコールは最近では『パディントン』もよかったですねえ。50歳目前にしてますます役の幅が広がっている印象

>SGA屋伍一さん

彼女、なんでもやってくれるんじゃないかと思うほど。え、50…歳のことは言っちゃいやーん!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3233-5333ad52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LION/ライオン ~25年目のただいま

 予告編からグーグルのPR映画かと思いきや、インドで貧しい少年が迷子になっている場面に半分ぐらいを裂き、親子の再会シーンはわかっていながら、うるっときました。なかなかの秀作です。  作品情報 2016年オーストラリア映画 監督:ガース・デイヴィス 出演:デ…

LION/ライオン ~25年目のただいま~

LION/ライオン ~25年目のただいま~@よみうりホール

『LION/ライオン 25年目のただいま』 2017年3月24日 よみうりホール

『LION/ライオン 25年目のただいま』 を試写会で鑑賞しました。 相変わらず、よみうりホールは寒かった 【ストーリー】  インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた...

「LION ライオン 25年目のただいま」:3-40分で語れる話

映画『LION ライオン 25年目のただいま』は、もう予告編だけですべてを語っち

【映画】LION ライオン 25年目のただいま

【解説・あらすじ】インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。1986…

LION/ライオン ~25年目のただいま~★★★★・5

『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分の家を捜す姿を追う。メガホンを取るのは、テレビシリーズや短編などを手掛けてきたガース・デイヴィス。『スラムドッグ$ミリオネア』などのデヴ・パテル、『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラ、名女優のニコー...

LION ライオン 25年目のただいま~/LION

やっぱり涙なしに観られなかった実話。 後半からエンドロールまで泣いてしまった〜 5歳で迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、 大人になってGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話の映画化 今年のアカデミー賞で作品賞、助演男優賞、助演女優賞他、6部門でノミネート。 5歳のサルーを演...

LION ライオン 25年目のただいま

5歳で迷子になったインドの少年が、養子として育ったオーストラリアから25年の歳月を経て、Google Earthを使って生まれ故郷を探し出したという実話に基づくドラマ。デヴ・パテル、ニコール・キッドマン、ルーニー・マーラが共演。 LION ライオン 25年目のただいま(L...

LION/ライオン ~25年目のただいま~

実話です 迷子になって、オーストラリアの夫婦に引き取られるまで 5歳のサルーが辛い経験をした事が前半の物語なんだけど サルーを演じた子がとっても可愛くて・・・ でも・・・ 日本では信じられないようなインドの子供達の 現実に胸が痛みました。。。 インドでは年...

LION/ライオン ~25年目のただいま~

原題 LION 製作国 オーストラリア 上映時間 119分 原作 サルー・ブライアリー『25年目の「ただいま」』(静山社刊) 脚本 ルーク・デイヴィス 監督 ガース・デイヴィス 出演 デヴ・パテル/サニー・パワール/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマ...

LION ライオン 25年目のただいま

自分を取り戻すために * * * * * * * * * * 1986年、インドのとある街のスラム街。 5歳の少年サルーは兄と仕事を探しに出かけ、 兄を待っているうちに停車中の電車の中で眠り込んでしまいました。 それは回送列車で、何日も降りることも叶わず、 ...

LION/ライオン 25年目のただいま

 『LION/ライオン 25年目のただいま』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の6部門にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台は、インド中西部の田舎町。  映画は、空から地上を俯瞰する画面が続きます。カ...

LION/ライオン 25年目のただいま

1986年、インド。 5歳の少年サルーは迷子になって孤児院へ送られ、はるばるオーストラリアへ養子に出された。 …2008年、メルボルンの学校でインド出身の学生たちと親しくなったサルーは、インドの家族に逢いたくてたまらなくなってしまう。 僅かな手掛かりを頼りに、Google Earthで故郷を探す“地図の旅”が始まった…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。 ≪迷った距離1万キロ。 探した時間...

LION/ライオン ~25年目のただいま~

評価:★★★★【4点】(11) 前情報完全シャットアウト(予告編すら観ない)で行ってきた。

「LION ライオン 25年目のただいま」

「Lion」2016 オーストラリア/USA/UK“5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話”サルーに「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう/2011」「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/2015...

映画:LION/ライオン ~25年目のただいま~ Google Earth 万歳!以上終わり、じゃなくて…

主人公サルー(写真)は、片親の母を支えようとする兄をサポートし、街で稼ごうとする日々。 そんなある日、兄に指示され隠れていた回送列車で待つうちに寝入ってしまい、何日もアテのない旅に… 最後に着いたのは大都市 カルカッタ。 路上生活者として、子供のグループに入るものの、警察に連行され孤児院に。 しばらく過ごし...

【cinema】『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

2017.04.09 『LION / ライオン ~25年目のただいま~』@TOHOシネマズみゆき座 すごく見たくて試写会応募しまくったけどハズレ 母親も見たいというので、公開から2日経って2人で見に行ってきた~ ネタバレありです! 結末にも触れています! 「インドの地方の村...

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』★感慨の実話:数奇な生き様と養父母の愛

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170117/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 1986年に、迷子になったインドの少年サル―(5歳)が 25年余で、“自宅“に帰れた”実話”ということに 興味を惹かれて、鑑賞しました☆ 1986年は、日本ではバブルの頃。 (バブルでなくても、日本では、そこまでの貧困と混沌はないかと)...

LION ライオン 25年目のただいま

「LION ライオン 25年目のただいま」 よみうりホール(試写会) 1986年、インドで暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄(アビシェーク・バラト)と仕事を探しにでかけた

【映画】ライオン ~25年目のただいま~

  ライオン ~25年目のただいま~(2015) オーストラリア 原題:Lion 原作:サル―・ブライアリー 監督:ガース・デイヴィス 脚本:ルーク・デイヴィス 出演:デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマン/サニー・パワーll 【あらすじ】 5歳の時にインドの駅で迷子になったサル―は、その後オーストラリア人夫婦に引き取られ...

「LION ライオン 25年目のただいま」

先週の土曜日、カタクリの花を観に行った時、本当は欲張り花の後に映画に行こうと思っていたのです。ところが朝に時間を確認したら、土曜日から時間帯が変わっていて、金曜日までは二回あった公開時間が午前中一回になっていました。すでにあと数分で始まる時間。 一石二鳥的な行動が好きな私ですが、ここの所一日一イベントに甘んじています。 その映画をようやく19日に観る事が出来ました。 映画館では二回から...

LION/ライオン ~25年目のただいま~(2016)**LION

Movix京都にて鑑賞。こんな奇跡のようなお話があるとは驚き!しかもグーグルアースでね。でも実話だそうで、ラストでは実際の人たちが映るのであぁ~やっぱりそうなんだと実感。 大人になったからのシーンが多いのかと思いきや、前半は主人公サルーの少年時代のものすごく波乱万丈時代が映し出される。インドは少しでも場所が変わると言葉も通じなくなるから大変だよね。ましてや5歳の男のが迷子になるとこれは非常...

『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』

大好きな兄ちゃんへ、25年目のただいま。 オーストラリアへ養子に出された青年が、インドで生き別れた家族をグーグルアースを使って25年ぶりに再会するという実話。その影にある家 ...

「LION/ライオン~25年目のただいま」☆無垢な瞳

予告編から毎回涙ぐんでしまう映画。 映画もサルーの幼い無垢な瞳に完全にノックアウトされ、冒頭からなんだか泣けて・・・・・・

「ライオン 〜25年目のただいま〜」

インドで迷子になった5歳の少年が、オーストラリアの家庭の養子となって育ち、 25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという、実話を基にした話。 1986年、インドのスラム街で5歳のサルーは、母と兄と妹と 貧しいながらも逞しく、幸せに暮らしていた。 ある日、駅で...

LION/ライオン ~25年目のただいま~ (試写会)

その名はライオン 公式サイト http://gaga.ne.jp/lion4月7日公開 実話の映画化 原作: 25年目の「ただいま」  5歳で迷子になった僕と家族の物語 (サルー・ブライアリー著/静山

LION/ライオン ~25年目のただいま~

【LION】 2017/04/07公開 オーストラリア 119分監督:ガース・デイヴィス出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、アビシェーク・バラト、ディヴィアン・ラドワ、プリヤンカ・ボース、ディープティ・ナヴ...

『LION /ライオン ~25年目のただいま~』('17初鑑賞37・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月14日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 15:40の回を鑑賞。

Google Earthの奇跡。~「LION ライオン 25年目のただいま」~

5歳の子供が夜中になんかの仕事をしようと思ってもそりゃ起きてらんないわな。なんでもお兄ちゃんの後を追っかけて同じようにやろうとおもってもやっぱり幼児。勝手に忍び込んで、 ...

LION/ライオン ~25年目のただいま~

1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルー(サニー・パワール)は、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。 そのまま迷子になり、言葉も通じない大都会で過酷な放浪の末、サルーは、オーストラリア人夫婦のジョン(デビッド・ウェンハムジョン)とスー(ニコール・キッドマン)に養子として引き取られる。 20...

インドアのインド ガース・デイヴィス 」『LION/ライオン 25年目のただいま』

さすがにアカデミー作品賞ノミネート作品もだいぶ公開が進んできました。本日はそのう

「ロスト・バケーション」 «  | BLOG TOP |  » 「攻殻機動隊 新劇場版」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード