topimage

2017-09

「マイ・ファニー・レディ」 - 2017.05.03 Wed

複数の人物が、ひとところにまとまって、浮気したしないでドタバタするコメディ。

と言っていいのかな。

イモ

イモちゃん(イモージェン・プーツさん)は、「フライトナイト/恐怖の夜」のときから、わりと好き(ほかに「28週後...」「ジェーン・エア(2011年)」と見ている)なので(またですか、と人から言われないうちに自ら書いておく)、映画自体そんなに、たいしたことないけど、見ていられる。(人間関係がごちゃごちゃしすぎ。頭わるいから簡単にしてくれないと、わからなくなるの。古き良き時代のコメディ感は多少ある気はするが。)

イモちゃん、独特な可愛さ、あるよね。名前も顔も独特。
本作は昔だったら、ゴールディ・ホーンさんなんかが演じる役どころか。

脚本家と恋に落ちる女優、ということで「私がマリリンなら、彼はアーサー・ミラー」なんてセリフも口にしてくれた。
オードリー・ヘプバーンが言ったらしいセリフも出るし。ハリウッドの昔へのオマージュ?

エンドロールで、ジェニファー・アニストンさんの名前を見つけて、えっ、どの役?と、びっくりしたのは私です。すいません。

ピーター・ボグダノヴィッチ監督、懐かしいねえ。まだ頑張れるんだねえ。なんで、あんまり監督しないんだろうねえ。

(5月1日)

プーツ

SHE'S FUNNY THAT WAY
2014年 アメリカ作品
監督 ピーター・ボグダノヴィッチ
出演 イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、ジェニファー・アニストン、シビル・シェパード、テイタム・オニール

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) STTN Captial,LLC 2015

ブログパーツ

● COMMENT ●

テイタム・オニールといえば、ボグダノヴィッチの「ペーパー・ムーン」(1973年)だな。

どこに出てたのか気づかなかったぞ。ウエイトレス役?

「私がマリリンなら、彼はボー」

と、マリリンが言っていました。

「私がボグダノなら彼は…」

「ヴィーッチ!」

「陰毛全部」って名前が凄すぎる。

>ふじき78さん

うーん、それは気がつきませんでした! なんて大胆なイモージェン、ブ!

迷ったあげくに投稿しました。。

この映画、年を重ねた監督が、映画が撮れるうちにドロシー・ストラットンさんをオマージュする映画をつくっておきたい、1980年から引きずっていた自らの思いを整理したいといったことで製作したのではないのかなぁ、とわたしは想像しています。映画の脚本は、監督と彼の元妻でドロシーの妹であるルイーズ・ストラットンさんが書いています。ドロシーさんと同棲(多分、結婚することを考えていたと思います)していた頃の時代への思い、もしドロシーさんが生きていたら、この映画のヒロインのようなコメディーを演じさせてあげたかった、またはいい女優さんになっていたはず、という彼女への敬愛が込められているのだろうな、と勝手に想像してしまった私です。
1980年までの映画によく出演されていたシビル・シェパードさんの出演依頼も、良き日の監督の思いをこの映画に注ぎたかったのかもしれませんよね。。

>さえさん

ありがとうございます。
それは知らなかったです。ちょっと調べてみると、いろいろ、なるほどと思えますね。女優になるヒロイン像も、うなずけますし。悲しい事件があったのですねえ。
それを知らないうえでの純粋な感想が、書いたとおりなので、それはそれで、しかたないですね。
ほかのブロガーさんたちの評判は、なかなかのようでしたけれど。

(しかし、20歳も下の娘と好き合うのは、うらやましいこと、このうえないです!)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3238-b00debf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「マイ・ファニー・レディ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ピーター・ボグダノヴィッチ ネタバレあり

マイ・ファニー・レディ

評価:★★★☆【3.5点】(11) 元コールガールがハリウッド女優の地位を勝ち取った理由とは

『マイ・ファニー・レディ』 2015年12月23日 ヒューマントラストシネマ有楽町

『マイ・ファニー・レディ』 を鑑賞しました。 大満足の1本だった イモージェン・プーツは美女リストへインプット。 【ストーリー】  新たなハリウッドスターとして活躍する女優、イザベラ(イモージェン・プーツ)。とあるスタジオで記者からインタビューを受けていた彼女は、かつて高級コールガールだったことをあっけらかんと告白する。やがて、初対面の客であったブロードウェイの人気演出家アーノルド(オー...

マイ・ファニー・レディ

 大ベテランのピーター・ボグダノヴィッチ監督の人を食ったようなスクリューボール・コメディ。ベテランながらの味わいがある一方、せっかく良いシチュエーションを作ったのに生かし切れない歯がゆさがありました。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ピーター・ボ…

「マイ・ファニー・レディ」

「She's Funny That Way」2014 USAハリウッドの新進女優イジーことイザベラ・パターソンはニューヨークのとあるバーでインタビューを受けている。イザベラはコールガールから女優になったシンデレラ・ガール。インタビュアーの無遠慮な質問にも顔色一つ変えずに答える度胸の持ち主。そしてイザベラはある人物と出会ったことで自らの人生が変わっていったことを詳細に話始める...アーノルドに...

マイ・ファニー・レディ ★★★★

「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」の名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督が、「ブロンドと柩の謎」以来13年ぶりに手がけた映画作品。元コールガールの人気女優をヒロインに、彼女を巡って一癖も二癖もある男たち女たちが織りなす、複雑に絡まり合った愛憎の行方をユ...

マイ・ファニー・レディ(2014)**SHE'S FUNNY THAT WAY

 人生が輝きだす街、ニューヨーク・ブロードウェイ。きっかけは思いがけない3万ドルのプレゼント!?ひょんなことから交錯してゆく男と女たちのおとぎ話 1月5日、京都シネマにて今年初鑑賞作品。本来なら昨年公開の作品なのですが、去年観ることが出来ず・・・・。ということで、行って来ました。いやあ久しぶりに笑った。それぞれのキャラが面白くて、なかなか良かった。 主演はオーウェン・ウィルソンとイモージ...

『マイ・ファニー・レディ(SHE'S FUNNY THAT WAY)』ピーター・ボグダノヴィッチ監督、オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、ジェニファー・アニストン、他

注・内容、台詞に触れています。『マイ・ファニー・レディ』SHE'S FUNNY THAT WAY 監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ出演 : オーウェン・ウィルソンジェニファー・アニストンイモージェ

マイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY

片隅のスタジオで、先鋭のハリウッドスター・イザベラは、その成功への道のりについて記者からインタビューを受けていた。 高級コールガールをしていたことを天真爛漫に告白、お客として初めて会ったブロードウェイの演出家アーノルドから、 突然「君の将来のために...

『マイ・ファニー・レディ』をシネマカリテ2で観て、割と適当なコメディーちゃう?ふじき★★★

五つ星評価で【★★★まあ、面白いんだけどそこでその人とぶつかるのというのが適当な気がする】 「イモージェン・ブーツ可愛いよ」という噂なので見てみた。 うわ、顔のパーツ ...

マイ・ファニー・レディ

マイ・ファニー・レディ '14:米 ◆原題:SHE'S FUNNY THAT WAY ◆監督:ピーター・ボグダノヴィッチ「ブロンドと柩の謎」「マスク(1984)」 ◆主演:オーウェン・ウィルソン、イモージェン・プーツ、キャスリン・ハーン、リス・エヴァンス、ウィル・フォーテ、ジェニファー・アニストン、イリーナ・ダグラ、クエンティン・タランティーノ、デビー・マザール、リス...

マイ・ファニー・レディ

『マイ・ファニー・レディ』---SHE'S FUNNY THAT WAY---シーズ・ファニー・ザット・ウェイ(第27回東京国際映画祭) 2014年(アメリカ)監督: ピーター・ボグダノヴィッチ出演: オーウェン・ウィルソン 、イモージェン・プーツ 、キャスリン・ハーン、ウィル・フォーテ、リス・エヴァンス 、ジェニファー・アニストン 「ラスト・ショー」「ペーパー・ムーン」の名...

読書記録(2017年4月) «  | BLOG TOP |  » 「マジカル・ガール」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード