topimage

2017-05

「ラスト・スキャンダル~あるハリウッドスターの禁じられた情事~」 - 2017.05.12 Fri

俺A「エロール・フリンの実話だって」

俺B「フリンだけに、女好きか。エロ(ール)だし」

「WOWOWの予告編で、マリリンの歌がバックに流れてたから、彼女、出てくるのかと思ったら」

「まったく出ませんでした。曲も使われていませんな」

「同時代を生きたスターだから、会っていても不思議ではないが」

「『アリスのままで』の脚本・監督コンビの過去作品なんだって。『アリス~』は見てないけどな」

ダコ

「フリンが、撮影所で可愛い女を見かけて、友人のオリー・ケリーに頼んで自分のところへ連れてきてもらう」

「オリー・ケリーって、ハリウッドの衣装担当で、のちにマリリン主演の『お熱いのがお好き』でアカデミー賞とってる人だから、驚いたよな」

「フリンが、その可愛い女優の卵に手を出したら、彼女がなんと15歳だと後でわかる」

「知らなかったんだから、しょうがないか」

「でも彼は彼女を好きになって、じゃあ母親を同伴していつも3人でいれば、まーいいんじゃないか、なんて考える」

「年齢がバレたら、なんにしてもダメだけどな」

ダコタ・ファニングさんが、この15歳役。映画では17歳までを演じるのかな。ダコタ本人も18歳くらいだったんじゃないか」

「母親が、スーザン・サランドンさん。パツキン母娘で、これアリだな」

「エロール・フリンがケヴィン・クラインで、フリン本人に少し似てるよ」

「でも、50で亡くなったんだな、フリン。プリンだったら、もっとプルプル」

「何を言ってるのかな~。俺Bさん? あれ、どっちがAかBかわかんなくなっちゃったな」

「それにしても、コメント欄オンリーの俺たちのはずだが、レビューしていいのか? ボーさん怒らないか?」

「気づかないうちなら、いいんじゃね?」

「よし! そういえば、キューブリックも出た。彼が撮る予定の映画『ロリータ』に自分たち主演でどうだ?と売り込んでたフリンだが、未成年は…と渋い顔されてた」

「ショーン・フリンって、どうやら、エロールの孫がちょこっと出てるんだが、ダコタとバイクに乗ってたヤツかな?」

フリ

「…てことでだ、結論をまとめるとだな、本作、こんなことがありました、って知ることができたのはいいが、それだけのような印象」

「きっぱり、まとめたな。そうだな、感動したりしないからね。心に来ないっていうか。もっと愛情がどうとか気持ちがどうとか、ぐっとくるものがあれば」

「15の娘を芸能界に。ステージママは、いつの時代にもいるものだな」

「フリンも、問題児だったらしく、酒、タバコ、クスリでもボロボロだったのかもしれない。最後に若い子と一緒で、楽しかったのかな」

(5月11日)

THE LAST OF ROBIN HOOD
2013年 アメリカ作品
監督 リチャード・グラツァー、ワッシュ・ウェストモアランド
出演 ダコタ・ファニング、スーザン・サランドン、ケヴィン・クライン、パトリック・セント・エスプリト、ショーン・フリン

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2013 A&E TELEVISION NETWORKS, LLC.

ブログパーツ

● COMMENT ●

おもしろいじゃない。今後、レビュー全部任せようかな?

あわわわわ、ご、ごじょうだんを。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3240-751a9b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マンマ・ミーア!」(22回目) «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2017年4月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード