topimage

2017-07

アルバム「Today's Girl」 キョン2ディスコグラフィ(27) - 2017.05.18 Thu

1984年12月31日、少女に何が起ったか。

読者もコメントも来ない記事に膨大な労力を使う。
年末にJASRACから小泉さんの過去記事の歌詞の件でクレームが来て、一時公開差し止めにされたが、OKになったようなので、同程度の引用に対して、今度はいまさら文句はつけてこないと思うし、つけてきたら、おかしい。

紅白1

1984年12月31日、何が起きたかというと、そう、「NHK第35回紅白歌合戦」に出場。紅白は初出場だ。
白組の芦屋雁之助とともに、選手宣誓。
曲目は「渚のはいから人魚」で、対戦相手は同じく初出場のチェッカーズだった。
歌っていて動くので、帽子が落ちそうになり、途中からは手に持ちながら歌った。

紅白2


1985年1月8日から3月26日、テレビドラマ「少女に何が起ったか」が放送された。
大映テレビ制作、TBS系列の放送で、毎週火曜日20:00~21:54、連続12回。
初の連続ドラマ主演作。
小泉さんの役は、北海道の漁村で育った少女、野上雪。東京の音楽大学学長である祖父を頼って上京、天才ピアニストだった亡き父と同じく、ピアニストを目指す。

何が

共演は、賀来千香子、辰巳琢郎、石立鉄男、辺見マリ、岸田今日子、柳沢慎吾、市毛良枝、長門裕之、松村達雄、宇津井健など。
大げさな演技がウリ?な「大映ドラマ」。変で強引な展開が逆に面白く笑える。
迷ゼリフも多々あり。刑事の石立鉄男がいつも口にする「薄汚えシンデレラ」は特に有名だろう。2013年のNHKドラマ「あまちゃん」でも、小泉さんの娘役・アキ(能年玲奈)のことを「あの薄汚えシンデレラの娘!」と表現したセリフがあった。
「紙の鍵盤だと指が沈まないし、滑って転んじゃう」(正確かどうかは不明)なんてのも記憶にある。


1985年2月21日、6枚目のアルバム「Today's Girl」発売。
オリコンでは週間1位、年間21位を獲得(「ウィキペディア」による)。第27回日本レコード大賞では優秀アルバム賞。

前作「Betty」は、すべての曲が筒美京平作曲だったが、今度は一転、すべての曲で作曲家を変えている。
A面を〈Funny Face〉、B面を〈Serious Face〉と名づけている。曲調が楽しいほうと真面目なほうで分けたわけだ。

「Today's Girl +7」での解説によると、「世界観を拡げようと、走りながら作ったLP」
田村ディレクターが言うには、小泉さんは圧倒的に忙しくてアルバムについて考える暇もなく、打ち合わせもテレビ局だったり、CM撮影現場だったりしたそうだ。
田村さんの主導でつくっていったということだろう。考えをすり合わせる時間がなくて、小泉さんとは、よく、ケンカになったそう。

私自身としては、それほど聴き込んだ記憶はなく、大好きとまではいかなかったアルバムだが、改めて聴いてみると、それぞれ特徴的でおもしろい
いろんな曲を歌って、より表現の幅をもたせていく時期ともいえるのかなと思う。ドラマ主演もあり、どんどん表現力をつけていったことだろう。

today's

1.和蘭(オランダ)美人
作詞:秋元 康、作曲・編曲:馬飼野 康二
オランダ美人と呼ばないで。オランダ美人ってなんなんだ? とヘンな気がした。連呼するから印象に残るし。ノリはいい。
♪オランダ美人 オランダ美人 オランダ美人と呼ばないで

2.フジヤマ・ローズ
作詞:売野 雅勇、作曲・編曲:井上 大輔
オランダからフジヤマへ? 「ヤマトナデシコ」と歌詞があり、「ヤマトナデシコ七変化」から続いているのか? タイトルは、東京ローズから連想があるのかなあと。同じくポップ でノリはいい。「ワッショイ」という歌詞がイヤ。
♪Darling Kiss Kiss More A Ah 心だけ 大和撫子 In My Heart

3.Rock Me~騒ぎたりない夜の為に
作詞:岡田 冨美子、作曲・編曲:新田 一郎
コンサートでやったらノリノリの、ストレートでシンプルなロック。間奏で観客と掛け合いができるようになってるし。
♪踊りだしたら Rock'n Roll 夜があけるまで

4.ヤマトナデシコ七変化
作詞:康 珍化、作曲:筒美 京平、編曲:若草 恵
すでにシングルで出ている曲は、懐かしさというか、安心感さえあるような。
♪純情・愛情・過剰に異常

5.横須賀デイドリーム
作詞:森 雪之丞、作曲:林 哲司、編曲:鷺巣 詩郎
リズムよく聴けて、グッド。指でテンポ取っちゃう。
♪横須賀デイドリーム 瞳をあけても 横須賀デイドリーム 消えたりしないで

6.ユメ科ウツツ科
作詞:岩里 祐穂、作曲:浜田 金吾、編曲:佐藤 博
ちょっとマイナーで、しっとり。曲名が洒落てる。夢うつつな曲調、アレンジ良し。キョンキョンの声の伸び良し。
♪午後を見おろす50street 脱いだローブに投げKiss

7.青い夜の今ここで
作詞:銀色 夏生、作曲:大沢 誉志幸、編曲:伊藤 銀次
前の曲がフェイドアウトしていき、キョンキョンが「ストップ」と言うと、すぐに、この曲が始まる。つながりがオシャレでかっこいい。間奏その他全般にムードのある歌で、人気もあり。
♪ここへきて 波の音を 何度も 聞いたわ ねえ

8.The Stardust Memory
作詞:高見沢 俊彦・高橋 研、作曲:高見沢 俊彦、編曲:井上 鑑
シングル盤になった曲。いいものはいい。どこに収録されていても歓迎だし、聴いていて気分がいい。
♪Stardust Memory 忘れないでいて 星屑が 舞い降りてくるこの夜を

9.Love Is Dreamy
作詞・作曲:原田真二、編曲:水谷 公生
ムーディでドリーミーな入り、ずっと気怠い? ゆっくり調子。これもまた良し。
♪1人にしてくれと あなたは 心とウラハラ Ah! わかるの

10.Today's Girl
作詞:秋元 康、作曲:松尾 一彦、編曲:井上 鑑
今日の娘、つまり今日子。Today's Girlとコーラスのあと、ピアノの伴奏で静かにスタート。美しい曲だが、単調。個人的にはそんなに面白くない。
♪窓の夕陽が沈むまで もう少しだけ ここにいさせて

このサイトの中ほど、Today's Girl のところで、少しずつ聴けます。スマホ、携帯はダメかも。


歌詞カ
歌詞カード表面の写真。

関連記事:
シングル「私の16才」 キョン2ディスコグラフィ(1)
シングル「素敵なラブリーボーイ」 キョン2ディスコグラフィ(2)
アルバム「マイ・ファンタジー」 キョン2ディスコグラフィ(3)
シングル「ひとり街角」 キョン2ディスコグラフィ(4)
アルバム「詩色の季節」 キョン2ディスコグラフィ(5)
シングル「春風の誘惑」 キョン2ディスコグラフィ(6)
ファースト・コンサート「消しゴムのない手紙」 キョン2ディスコグラフィ(7〔番外編〕)
シングル「まっ赤な女の子」 キョン2ディスコグラフィ(8)
アルバム「Breezing」 キョン2ディスコグラフィ(9)
シングル「半分少女」 キョン2ディスコグラフィ(10)
カセット「SEPARATION KYOKO」 キョン2ディスコグラフィ(11)
セカンド・コンサート「出逢いの瞬間(モーメント)」 キョン2ディスコグラフィ(12〔番外編〕)
シングル「艶姿ナミダ娘」 キョン2ディスコグラフィ(13)
アルバム「Whisper」 キョン2ディスコグラフィ(14)
シングル「クライマックス御一緒に」(あんみつ姫名義) キョン2ディスコグラフィ(15)
カセット「KYONKYON倶楽部」 キョン2ディスコグラフィ(16)
シングル「渚のはいから人魚」 キョン2ディスコグラフィ(17)
サード・コンサート「今日子・NOW(いま)・春」 キョン2ディスコグラフィ(18〔番外編〕)
シングル「迷宮のアンドローラ」 キョン2ディスコグラフィ(19)
アルバム「Betty」 キョン2ディスコグラフィ(20)
4th コンサート「時計のいらない夏~Timeless Summer~」 キョン2ディスコグラフィ(21〔番外編〕)
ビデオ「Timeless World」 キョン2ディスコグラフィ(22)
シングル「ヤマトナデシコ七変化」 キョン2ディスコグラフィ(23)
12インチ・シングル「ヤマトナデシコ七変化」 キョン2ディスコグラフィ(24)
シングル「The Stardust Memory」 キョン2ディスコグラフィ(25)
映画「生徒諸君!」 キョン2ディスコグラフィ(26〔番外編〕)


(c) NHK, All Rights Reserved (c) Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. (c) Victor Entertainment, Inc. all rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

しょうがないな、また俺たちの出番か。

紅白の、この写真、美保純さんみたいだな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3241-ccaed16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キリンラガーのマリリン «  | BLOG TOP |  » 「マンマ・ミーア!」(23回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード