topimage

2017-08

1977年に見た映画ベスト7 - 2017.05.22 Mon

各年のマイ・ベスト・ムービーを記事にしていく、無鉄砲な企画。

今回は1977年。ずいぶん昔まで来たもんだ。
私が「1977年に見た映画から選んだマイ・ベスト」であり、「1977年の作品から選んだマイ・ベスト」ではない。

ノートにつけた記録から計算するかぎりでは、1977年に見た映画は114本。
映画館で観た数が少ないので、テレビ、ビデオなどで見た作品も合わせて、ベストを選ぶ。

◎ベスト7(初見の映画に限る。好きな順ではない。)

まずは、マリリンの映画。この年に初めて見たのは、この1本!
「お熱いのがお好き」(1959年作品)
この当時は、もちろんテレビで見たはずで、NHKでなければ当然、95分程度にまでカットされていたと思うが。
マリリンの代表作のひとつであり、映画史にも残る傑作コメディ。監督はいうまでもなく(?)ビリー・ワイルダー、共演はトニー・カーティス、ジャック・レモン。ブログ内記事は、たとえば、こちら
お熱

「ピクニック」(1955年作品)
ダンスのときの名曲「ムーングロウ」を思い出す。私が好きな映画は、音楽が印象に残るものが多いような気がする。監督がマリリン主演の「バス停留所」をつくってくれたジョシュア・ローガンなのも、うれしいこと。キム・ノヴァクさんの女っぽさはもちろん特筆すべきだし、マリリンと付き合いのあったスーザン・ストラスバーグさんも出演しているのだ。相手役は、ウィリアム・ホールデン。ブログ内記事は、こちら
ピク

「必死の逃亡者」(1955年作品)
巨匠ウィリアム・ワイラー監督の絶品サスペンス。脱獄囚3人が一般家庭に逃げ込んで起きるドラマ。映画って、こんなにハラハラさせられるものなのかと、敬服せずにはいられない。一度しか見ていないので、見直してみたい。出演は、ハンフリー・ボガート、フレドリック・マーチ、マーサ・スコットほか。
必死

「ベニイ・グッドマン物語」(1956年作品)
音楽がとにかく心地よくて、こういうのをスウィング・ジャズというのだと、あとで知った。スウィングのミュージシャンを扱った映画としては「グレン・ミラー物語」が有名だと思うが、私はこちらのほうが好きだった。監督は、ヴァレンタイン・デイヴィス、出演は、スティーヴ・アレン、ドナ・リードほか。
ベニイ

「キャリー」(1976年作品)
ブライアン・デ・パルマ監督の傑作の1本だと思う。スティーヴン・キング原作ものとしても、図抜けて素晴らしい出来なのではないか(映画化作品をそれほど見ているわけではないが)。シシー・スペイセク、パイパー・ローリーなどの出演者もハマっている。そうそう、音楽もいいよね! ブログ内記事は、たとえば、こちら
キャ

「オーメン」(1976年作品)
いま書いていて気づいたが、なんと「キャリー」と同じ公開年なのか! 1977年に見たということは、この2本は映画館で観ているんだな、きっと! われながら素晴らしい! これも、まず音楽がいい。今でもすぐに思い出す。担当は、ジェリー・ゴールドスミス。アカデミー作曲賞とってるんだものね。こわい映画。監督は、リチャード・ドナー、出演は、グレゴリー・ペック、リー・レミックほか。
オー

「ザ・ディープ」(1977年作品)
これも、映画館で観賞ですね。ドナ・サマーさんが歌う主題歌が大好きで、エンドロールに流れて身悶えしたのだが、いまは権利関係のせいか、映画の中に入っていないみたいで残念でたまらない。彼女の歌がないと、魅力半減。ジャクリーン・ビセットさんの肢体は永遠に燦然と輝いているが。ブログ内記事は、こちら
ディ

次点で、「カサブランカ」、「ドクトル・ジバゴ」、「ラストコンサート」「ザッツ・エンタテインメントPART2」あたりを。
「カサブランカ」はベストに入れてもいいかと思うけれども、「初見当時に受けたインパクト」や、「喜んで見たい度」の程度により、なんとなく入れないことに。

年度別マイ(ベスト)ムービー検索用リストは、こちら


(c) 1976 United Artists Corporation. An MGM Company. All rights reserved., (c) 20th Century Fox.

ブログパーツ

● COMMENT ●

1977年って、俺生まれてないぞ。

生まれてなくたって、昔の映画は見られるのだ。

なんだかすごい企画が始まっているー!
この頃から映画の感想をしっかり残していたのですね、すごい!
いろんな意味で感慨深い企画になりそうです、がんばってくださいませ!

ありがとうございます!
始まってるというか、ずっと昔からですよう。
文中最後に「年度別マイ(ベスト)ムービー検索用リスト」のリンクがあるので、そこからも過去記事に行けますから、ぜひどうぞ!
映画を見始めた1973年で終わります。いつ書くか分かりませんが。

海洋アクション

 ♪夏が くーれば 思い出す....
また、もうすぐ 暑苦しい夏が やってきますね...
 こういう時は、せめて映画の中で、スカッとするアクションを観たくなります。私の中では「ザ・ディープ」がベスト。全編は観なくても、オープニングの海中のシーンだけ観る年も多々。様々な魚類や、色っぽいジャクリーンのサービス・カットに快適な音楽。これだけで日頃のストレスが吹っ飛びますね(笑)
DVDから始まって、とうとうBDまで買いました。
 あと悲しいけれど「冒険者たち」も「ザ・ディープ」といい勝負。

キャメロン監督の「アビス」もいいですね。この人よほど海が好きなんですね。

海と違ってプールとなると、何故か犯罪の匂いがします。
「スイミング・プール」とか「太陽はひとりぼっち」とか....
バート・ランカスターの「泳ぐひと」はホラーだった。

訂正

×「太陽はひとりぼっち」→ ○「太陽は知っている」
 ややこしいね(笑)

>又左衛門さん

そうですか、そういう楽しみ方をされているのですね!
私は見るとなれば、全部見てしまうので…。

「アビス」…「タイタニック」の監督ですね…自分でも海を探検しているとか聞いたような。
プールは人工的なものですから、やはり「自然」な海とは扱いが違いますよね。

3人のピーター

BDには、まだ観てなかったメイキングが入ってました。DVDには入ってません。45分くらいの撮影秘話。ロケではグレートバリアリーフでのサメの撮影が大変だったと述懐しています。バミューダでは深さ9Mの人口プールを作って撮影したそうです。ウツボのミニチュアも活躍したんですねぇ(笑)

それに、このBDにはカットされた「ゴライアス号の沈没シーン」まで入っています。出演された俳優さんたちには気の毒ですが、まさに「蛇足」そのもの。
原作がピーター・ベンチリー、プロデューサーがピーター・グーバー、監督がピーター・イエーツとピーターだらけ。
ドナ・サマーの歌はやっぱりBDにも入ってませんでした。

>又左衛門さん

サメとか、怖いヤツが撮影中に来ると大変ですからね。
そうそう、ウツボが怖いというのは、この映画で知ったかもしれません。
沈没シーン撮ってたのですか。まあ、要らないですよねえ。
ドナ・サマーさんの歌の復活はないんでしょうか。映画館で体験済みなのは貴重な財産になるのか…!

パロディとパクリ

夏が近づくと、海洋アクションものともうひとつのジャンルにまで発展した「海洋パニック」ものが毎年出てきます。殆どがB級ですが。
その先駆け「ジョーズ」のオープニングを久々観ました。このタイトルの背景の、海中の藻というか、ゆらゆら揺れる水中の植物が不気味ですよね。今にも何か出てきそうで。
 始まるや否や、キャンプファイヤーを抜け出して海岸を走る全裸の女の子....

このシーンのセルフ・パロディをスピルバーグが「1941」でやってますね。
海岸の砂浜を駆け降りるときの柵とかまでそっくり。ただ全裸の女の子がぶつかったのはサメではなくて、日本海軍の潜水艦だった....急浮上する潜水艦の潜望鏡につかまる女の子。艦長の三船御大が真面目くさって演技してます(笑)
しかし誰も女の子に気付かない。ようやくまた潜水する時になって、下士官が全裸の女の尻を下から見上げて、「ハリウッド!!」(笑) ようやるよ。

最近、Abema TVでアニメ「プロゴルファー猿」(藤子不二雄A)に嵌っていますが、変な回がありました。
猿という名の少年が様々なゴルファーと対決するのですが、シャーク・キラーという船員風の男(何故か片足が義足でびっこをひいている)とサンゴ礁のコースでプレイしていると、突然「仇の白い大サメ」(クジラくらい大きい)が現れて、試合そっちのけでサメを追う。そもそも登場場面も、わざと遅刻してきて、しかもゴルフクラブは「舟の櫓」のような異様さ。これ「宮本武蔵」だよね。そして「ジョーズ」と「白鯨」。これはまずいでしょ。

>又左衛門さん

「ジョーズ」は2回、しかも80年代にしか見ていませんね。ということはテレビ放送、またはレンタルビデオ。オープニングと、サメとの闘いはおもしろかったです。
「1941」は一度見ましたが、ほぼ忘れています。ぜいたくにコメディやって失敗した作品として、再見しても面白いかも。
女の子は「ジョーズ」と同じ子のようですね。
パロディといわず、「オマージュ」といったら、おお!と許せる雰囲気になりますよ(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3245-eaded77c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」 «  | BLOG TOP |  » キリンラガーのマリリン

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード