topimage

2017-06

「ロブスター」 - 2017.06.11 Sun

なんのこっちゃい? な映画。

摩訶不思議な世界は、SFといっていいか。
ネタばれしますが。
ホテル宿泊者は期限内にパートナーを見つけないと動物にされてしまうんですか。…なぜ? あ、そういう決まりなんですね。
狩りに出かけて、捕獲する相手も人間らしいけど、この人たちは誰なんだ、というのは、そのうち分かってくる。ひとり捕まえると、1日期限が延びるのね。

ポスター

ギリシャその他の国の製作作品なので、そんなに有名俳優は出ないんじゃないかと思っていたら、そうでもなく、ジョン・C・ライリー、レア・セドゥさん、レイチェル・ワイズさんが出てきて、少し驚いた。
主役の、腹の出たオッサンが、コリン・ファレルだなんて、最後まで知らなかったよ。こんな顔してたっけ、というか興味もないけれど。

ずれたような、おかしな、シュールな、笑い風味はあるけど、そんなに魅力を感じない。
(管理)社会に組み込まれるのは、きゅうくつだし、いっそ動物のほうがいいのかもしれないが、やはりニンゲンは捨てがたいかな。
嫉妬なんかの負の感情があったり、燃え上がった愛さえも冷えるとしてもね。

(6月8日)

THE LOBSTER
2015年 ギリシャ・アイルランド・オランダ・イギリス・フランス作品
監督 ヨルゴス・ランティモス
出演 コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、レア・セドゥ、ジェシカ・バーデン、アリアーヌ・ラベド

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

ブログパーツ

● COMMENT ●

俺だったら最後逃げるな。

べつに、ふたりして不自由になることないやんかなあ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3260-fc23f24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロブスター/The Lobster

第68回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作。 カンヌ映画祭で評価された風変わりな映画、基本合わないわたし。(ハネケ作品は例外) 今回は設定に惹かれて観たけど、わたしはやっぱりいまいちだった。 カンヌ国際映画祭 ある視点部門グランプリ受賞の「籠の中の乙女」(09)で評価された、 ギリシャのヨルゴス・ランティモス監督が独特の世界観で描く、ファンタジードラマ。 「籠の中の乙女」も変わ...

『ロブスター』 設定は抜群におもしろいのだけれど……

 ギリシャ映画『籠の中の乙女』のヨルゴス・ランティモス監督の初の英語作品。  コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジョン・C・ライリーという豪華な顔ぶれを見ると、この監督の作品がいかに期待されているかがわかる。私は観ていないのだけれど『籠の中の乙女』は評判がいいらしい。  ルール1 45日以内にパートナーを見つけること  ルール2 独身は罪...

ロブスター

 ヨーロッパ映画らしい、なんとも奇妙な愛を巡る物語。SFとリアルがよく交じり、出演者の演技も見応えがありますが、僕の場合、そこまで愛にこだわるというところがないので、けったいな作品をみたというところが正直な感想です。  作品情報 2015年アイルランド/イ…

ロブスター

評価:★★★☆【3.5点】(12) 今月で有効期限の切れるパルコ株主映画鑑賞券に加え

『ロブスター』 2016年3月3日 映画美学校

『ロブスター』 を試写会で鑑賞しました。 豪華俳優絢爛の映画だよ  コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、レア・セドゥ、ベン・ウィショウ、ジョン・C・ライリー・・・ 【ストーリー】  独身者であれば身柄を確保され、とあるホテルへと送られる世界。そこでパートナーを45日以内に見つけなければ、自身が選んだ動物に姿を変えられて森に放たれてしまう。そのホテルにシングルになったデヴィッド(コリン・...

[映画『ロブスター』を観た(短評)]

☆・・・かなりの期待をして観に行きました。 少子化の歯止めかは分かりませんが、結婚至上主義社会の物語。 いい歳してパートナーを見つけない大人は、動物にさせられます。 不条理劇なので、世界観の説明はあいまいで、冷たい性格の主人公に共感できないままに話は進...

近視/転換~『ロブスター』

 THE LOBSTER  妻に去られ、独り身となったデヴィッド(コリン・ファレル)は、あるホテルに 移送される。そこでは45日以内にカップルになれなければ、事前に希望した 動物に 「転換」 されてしまうのだった。デヴィッドの希望は 「ロブスター」。  超奇妙奇天烈作 『籠の中の乙女』 の監督の新作で、カンヌ映画祭審査 員賞受賞作。と聞けば気になって...

ロブスター

妻から別れを告げられたデヴィッドは、あるホテルへ連行される。 そこに収容されている他の独身者と45日以内にカップルにならなければ、予め選んでおいた動物に変身させられてしまうのだ。 だが脱走した独身者を一人捕まえると、一日だけその期限が延ばされる。 一方、森の中では、脱走した独身者たちがコミュニティを作っていた。 ここでは逆に、恋愛やセックスは認められない。 街では警察が独身者を厳しく取り締ま...

映画評「ロブスター」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年ギリシャ=アイスランド=オランダ=イギリス=フランス合作映画 監督ヨルゴス・ランティモス ネタバレあり

「左きゝの拳銃」 «  | BLOG TOP |  » 「貞子vs伽椰子」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード