topimage

2017-08

「壮烈第七騎兵隊」 - 2017.06.13 Tue

こないだ、エロール・フリンの実話映画を見たので、ちょっとエロフリンな興味をもって。

フリンが、カスター将軍を演じる。陸軍士官学校(?)に入学するところから、南北戦争を経て、第七騎兵隊を率いて先住民と戦い、戦死を遂げるまで。
なかなか、かっこいい好漢に見えて、人気があったのも、うなずける。
オリヴィア・デ・ハヴィランドさんとは、本作をはじめとして、共演が多かったらしい。
おもしろいのは、ハティ・マクダニエルさんも出演していることで、彼女とオリヴィアは2年前の「風と共に去りぬ」でも共演していたのを忘れようったって誰が忘れるものですか。


ハッティオリエロ
左から、ハティ・マクダニエル、エロール・フリン、オリヴィア・デ・ハヴィランド

もうひとつ、記録しておきたいのは、カスターがミシガン州モンローで育ったこと。はじめて知った。
いや、だから、マリリン・モンローさんのファンにとっては「モンロー」というだけで、おうっ!と反応するんですよ!!

それから、先住民のクレイジー・ホース役で、アンソニー・クインが出ている。
第七騎兵隊の連隊歌であり、愛称にもなった「ギャリーオーウェン」も聴ける。

学校では学業成績最低、違反が多く、南北戦争時にも自由奔放、命令も守らないように見えたカスターが、第七騎兵隊の長になった途端に、規律を自覚して部下にも守らせるように描写されているのが、ちょっと不自然には思える。
史実への脚色は多いらしいが、140分の長さを、総じて、飽きずに見られた。

(6月10日)

オリエロ

THEY DIED WITH THEIR BOOTS ON
1941年 アメリカ作品
監督 ラオール・ウォルシュ
出演 エロール・フリン、オリヴィア・デ・ハヴィランド、アーサー・ケネディ、ハティ・マクダニエル、アンソニー・クイン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 1941 Warner Bros.

ブログパーツ

● COMMENT ●

昨晩観ました

かなり脚色してそうだなーという雰囲気だったけど、娯楽作品として面白いですよね。最近は西部劇で眠くなることが多くて、140分も見れるかな?と心配してたのが杞憂に終わりました。
しかし、あの女中さん、どこかで見たことがあるなと思ったら「風と共に去りぬ」にも出演されてましたか。そっちでも女中だか乳母だかをやってましたよね、たしか。
この作品でいちばん可愛らしい役でした。

>宵乃さん

ありがとうございます。
長いけど大丈夫でしたね。学校に入学してから亡くなるまでをやったから、自然と長くなったのでしょう。
ハティさんは「風と共に去りぬ」では、スカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)の家の女中で、本作のオリヴィアさんとの共演シーンはあったか、なかったか、思い出しませんが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3262-ccbd8e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一言映画感想(6/4~6/11)

気付けば1週間以上更新してなかった!うっかりうっかり。6/11「壮烈第七騎兵隊」伝記といってもかなり脚色・歪曲してるタイプで鵜呑みにはできないけど、娯楽映画として楽しめました。前半はとんとん拍子に出世していくのをコミカルに描き、後半は戦闘中毒になったカスター将軍が、先住民との戦いや資本主義者の陰謀に巻き込まれていくシリアス展開。槍騎兵隊の戦闘シーンは見ごたえあったし、登場人物が魅力的なんです...

「キャロル」 «  | BLOG TOP |  » 「左きゝの拳銃」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード