topimage

2017-11

「レッド・ムーン」 - 2017.06.25 Sun

姿を見せずに忍びよる敵の恐怖。

ロバート・マリガン監督、グレゴリー・ペック主演とくれば、「アラバマ物語」を思い出すが、こちらは、先住民に拉致されていた白人女性と彼女の息子を保護する形になった男の話。
逃げても追いかけてきて、やがて見つかるかも!?という感じが続くのが怖いですねえ。
ペック一行が農場に着いてから後、追手と対峙するのが、後半、じわじわと長いです。

あかつき

原題は、しのびよる月、というようなことで、夜に外を歩いていれば、月が追いかけてくるみたいに見えるように、この敵もぴたりと追いかけてくる、そんなことでしょう、たぶん。
ポスターにも、「しのびよる月から逃げられない」と書いてあるし。
邦題が、なんで「レッド・ムーン」なのか。赤い月…血のイメージ? 「レッド・サン」という映画は、これよりも後の作品なので、その真似をしたわけじゃないし。

アメリカの良心を象徴するような人物が似合うペックなので、母子を守る男がハマっていますが、子どもは先住民とのハーフなのだから、追いかけてくるほうにだって、息子については半分権利はあるわけで、一方的にペック側が正しいとはいえないような? 女性が無理やり連れて行かれたという最初の時点では、先住民側が悪いのだろうけれど。
今だったら、親権裁判になったり、子どもの意見を聞いたりして?(笑)

スタッフ、キャストをチェックして、わかったことは…。
ヒロインのエヴァ・マリー・セイントさんは、なんといっても、「北北西に進路を取れ」で有名な女優さんです。
ペックの弟子の役はロバート・フォスター。今も活躍していますが、この頃は20代で若々しい。
製作者が、アラン・J・パクラ。マリガン監督とは製作・監督コンビを組んだことが多かったみたいですね。彼自身も後に監督業に進出。

(6月24日)

THE STALKING MOON
1968年 アメリカ作品
監督 ロバート・マリガン
出演 グレゴリー・ペック、エヴァ・マリー・セイント、ロバート・フォスター、ノーランド・クレイ、ラッセル・ソーソン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

シャレたタイトル

だったんですね。ついてくる赤い月、たしかにあの父親を連想します。ホラー映画並みの怖い追跡者でした。
現在だったら裁判…するんですかね~。誘拐犯に親権ってあるんでしょうか?

>宵乃さん

STALKING MOONの「STALKING」って、ストーカーですよね。ねちねち付いてくるのは、こわいです!
最初は誘拐としても、その後、彼女がもしかして納得して一緒になったのかもしれませんし、彼は愛情深い父親だったかもしれない、そこは描いていないので分からないです。子どもは家から出て、父のほうへ行こうとしていたような?

ロバート・マリガン作品の中でも異質な気がします。
相手の姿を終盤まで見せない演出が光ってましたね。

>pu-koさん

マリガンといえば、情緒派かと思っていたのですが、これは変わっていました。
名前に「マリ」って付いているから、優しげな人かと思ってたのに(冗談)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3267-5be6d2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一言映画感想(6/12~6/18)

この時期は、寝ている間にお腹が冷えてしまう…。6/18「レッド・ムーン」アパッチに捕まり10年間、妻として生きてきた白人女性とその息子を救ったことから始まる、西部が舞台のホラー?映画。姿を見せずに襲撃してくるアパッチの戦士が怖いです!そして、グレゴリー・ペック演じる案内人と母子の交流に引き込まれました。なんとか英語を話す母親と英語がわからない息子。無言の食卓が気まずくて「肉が欲しいとか塩を取...

レッド・ムーン

 レッド・ムーン(1958) ロバート・マリガン監督による西部劇 1881年、インディアンとの争いはほぼ終わり、たまに居住区を嫌いよそでいざこざを起こすインディアンの制圧に騎兵隊が出向いて交通整理をする、そんな時代。 この道15年のサム・バーナー(グレゴリー・ペック)が出向くと、インディアンの集団の中に子供を連れた白人女性がいる。サラと名乗るその女性は幼い頃に...

「ハクソー・リッジ」 «  | BLOG TOP |  » 「10 クローバーフィールド・レーン」(3回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード