topimage

2017-09

「謝罪の王様」 - 2017.06.30 Fri

E-girlsが、いちばん良かった!

本編と関係ない、エンディングで歌って踊っていた彼女たちですが、はじめて見ましたね。でも、曲をわざわざチェックして、はまっていくことはないかな…。

とにかく誤って、違う、謝って誤り倒す、違う、ごめんなさい、謝り倒す仕事なんて考えるのがクドカン(宮藤官九郎)らしい。
クドカンが監督かと思って、ずっと見ていたぐらいなのだが(違った)。ごめんなさい。申し訳、ございまっせん!


なんでこれ
なんで、この画像を載せる?

じつは、広瀬すずぽんが出ているというので見たのだが、どこで出たのか気づかずに終わった。あー、ばかばか。それで「好き」といえるのか!
だから、ネットで調べて、あー、あれか? とわかった。劇中映画で、わんこと再会(?)する浴衣の娘。数秒間。違う人だったら、申し訳ございませっん!
画像を載せようかなと思ったけど、削除しろと強迫がありそうなのでやめます。(誰から!?)

おばかなのを、まったりと見ていればいいんだけど、架空国家との国際問題の話になってから、つまらなくなった。「ワキ毛ぼーぼー」とか。(私がボーだから、ではない。)

でも、相手に合わせた謝り方があるんだと見せているのは良い。どんな国際問題も紛争も、謝り合って、仲良くなろうよね。

(6月27日)

2013年作品
監督 水田伸生
出演 阿部サダヲ、井上真央、岡田将生、尾野真千子、高橋克実

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2013「謝罪の王様」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

私も、
架空国家との国際問題謝罪になったら
一気につまらなくなったと思います
それまでは、ほうほう、とみていられたのだけれど。
あそこは正直迷走していたと思いますです
わき毛ボーボー 自由の女神
誰が考えたのかこのフレーズ、内輪でウケたから
とりいれたようなネタですよね…

>makiさん

おはようございます。
架空国家のあたり、なんだか、ありふれているというのか、ちょっと考えれば作れるコントみたいというか、面白くないんです。
ワキ毛、も個人的には嫌いなので。いまいちです。

長袖レオタードいいなあ。

>ふじき78さん

すずぼん以外では、ベストショットでしたね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3270-3670d7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「謝罪の王様」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・水田伸生 ネタバレあり

謝罪の王様

謝罪の王様@イイノホール

謝罪の王様

2013/09/28公開 日本 128分監督:水田伸生出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子 謝るとき、人は誰でも主人公。 [Story]依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲。ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子は...

「謝罪の王様」粋な社会風刺☆ホロリもあるよ

ねえねが愛してやまない阿部サダヲが主演だから~~ということで、ねえねの都合の合う時まで待っていた作品。 評判がすこぶる良いので、期待がちょっと大きすぎたかな・・・ それでも用事を済ませて、18時からの回を観ようとしたら、日曜の夜はなんといっぱい!! ラストの21時からになってしまい、ロビーで3時間も時間をつぶしちゃった。

『謝罪の王様』 ごめんなさい!

 【ネタバレ注意】  映画がはじまってすぐに、私は拍手したい気持ちになった。  常々、映画を作るからには是非やって欲しいことがあった。  今はどこの映画館でも映画の前にマナー広告を上映する。曰く、上映中はお静かに、前の席を蹴らない、携帯電話の電源はオフ、マナーモードでも振動や点滅が迷惑になります等々、観客の一人ひとりがとうぜん守るべきマナーについて注意を喚起する。  とこ...

『謝罪の王様』を109シネマズ木場7で観て、宮藤官九郎脚本はやっぱり上手いなあふじき★★★

五つ星評価で【★★★平べったいけど面白い】 脚本は流石の宮藤官九郎なもんで、いやはやよく出来てる。 でも、演出が平べったくて、ちょっと並べただけみたいになってしまってる。 どうした、水田伸生(監督)。コメディー映画『252』の手腕はどこにやった! あの『252』のラストに向けて、 恥も外聞もなく、ありえないくらいハッピーエンドに邁進していく あのどっかん、どっかん、なカブせを...

「クローバーフィールド/HAKAISHA」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード