topimage

2017-07

「帰ってきたヒトラー」 - 2017.07.03 Mon

あなた、どこのヒトラー?

あっ、本人なんですか!?
生き返った? 不思議ですねえ。
まー、モノマネ芸人としか受け止められませんよね。だから、そういう目で、笑って対応する人が多い。
でも、酷い目にあった人にとっては、まったく笑いごとじゃないんです。

戦争を知っている世代がいなくなってくると、戦争の恐さの実感が世の中に少なくなる。
そういうときも、危険だと思うんです。
そこに、あなたが出てきたら…?

あなたに乗せられないように注意しないと。あなたが、どう考えようと、戦争を起こして殺しては、いけないんです。根本的に。それが基本です。

ネットの力

私は信じますよ、煽動されてはいけないと世間に示すために、あなたは出現したのでしょう?
国民がしっかりしてなきゃいけないんでしょう?

あなたが始めてしまえば、やられたほうは守るために、または仕返しのために戦うことになるに違いありません。
だから、始めないでいただきたい。どちらからも始めなければ、いいんです。

わかってます、それを観客に言いたかったんですよね。
ブラックコメディっぽく、でもマジメに。
ところで、いまは、どこに? ずっと東の島国のN町とかじゃないですよね?

(7月2日)

ER IST WIEDER DA
2015年 ドイツ作品
監督 ダーヴィト・ヴネント
出演 オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、クリストフ・マリア・ヘルプスト、カッチャ・リーマン、フランツィスカ・ヴルフ

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2015 MYTHOS FILMPRODUKTION GMBH & CO. KG CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

ブログパーツ

● COMMENT ●

おもしろいね、こういう書き方。

ボーさんは、たまに会話形式とか、毛色を変えて書くからな。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3272-17bc2501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

帰ってきたヒトラー

 ヒトラーが現代にタイムスリップしたという奇想天外のストーリー。世界情勢をみると原作小説の発表された2012年、映画が製作された昨年よりも、さらに、この映画の現実味が増したようで、背筋が寒くなってきます。  作品情報 2015年ドイツ映画 監督:ダーヴィト…

映画評「帰ってきたヒトラー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年ドイツ映画 監督ダーヴィト・ヴネント ネタバレあり

[映画] 帰ってきたヒトラー

「帰ってきたヒトラー」を川崎TOHOシネマズにて観て来ました いやー、ドイツ映画なんて多分「カスケーダー(1998)」以来ですが、実に久しぶりに痛烈な風刺劇を観させて貰いました 基本、コメディ映画ではあるんですが、余りにも今の(まさに ”今” この瞬間の)世界情勢...

「帰ってきたヒトラー」、この21世紀にヒトラーがいたら!

おすすめ度 ☆☆☆ ヒトラーの風刺映画好き ☆☆☆☆ 1945年に亡くなったヒトラーがタイムスリップして、現代に現れたらという、SF映画。 似ているからと言って役者が演じているのだから、本物というべくもないが、 実際に街に出て、ヒトラーがインタビューするとい...

帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー@イイノホール

『帰ってきたヒトラー』 2016年4月20日 イイノホール

『帰ってきたヒトラー』 を試写会で鑑賞しました。 外国映画配給会社の授賞式があったけど、ギャガが最優秀賞で20世紀FOXが優秀賞であった。 個人的には東宝東和が最優秀賞だと思う。。。なんたってパラ山さん喰っちゃったんだから! 【ストーリー】  ナチス・ドイツを率いて世界を震撼(しんかん)させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコス...

帰ってきたヒトラー

ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダーヴィト・ヴネント 原作: ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』 脚本: ダーヴィト・ヴネント 出演: オリヴァー・マスッチ:アドルフ・ヒトラー ファビアン・ブッシュ:ファビアン・ザヴァツキ クリストフ・マリア・ヘルプ...

帰ってきたヒトラー・・・・・評価額1650円

大衆よ、我を恐れよ。 ティムール・ヴェルメシュの、ベストセラー政治風刺小説の映画化。
 死の直前に現代のドイツにタイムスリップしたヒトラーと、ボンクラTVディレクターがひょんなことからコンビを組み、動画サイトで自分たちを売り出す。 独裁者が時代のギャップに戸惑いながらも、おなじみの口調で過激な演説を繰り返すと、超リアルなヒトラーネタがウケて、モノマネタレントとして大成功。 21世...

「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ!

ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。 ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑っちゃう。 だけどこれはブラック過ぎて笑っちゃダメだろー?な自分や、いやそこ笑うところだから!と場内がドン引きしている様子とも戦わなければならないややこしい脳内第三次大戦が勃発!

帰ってきたヒトラー

評価:★★★★☆【4.5点】(11) 他のヒトラー映画と一線を画す戦略が大成功!(笑)

帰ってきたヒトラー ★★★★

現代にタイムスリップしたアドルフ・ヒトラーが、モノマネ芸人と誤解されて大ブレイクしていくさまを過激な風刺で描いて世界的ベストセラーとなったティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化したドイツ映画。主演は舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチ。監督は、これが日本初紹介のダーヴィト・ヴネント。 あらすじ:1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが、なぜか2014年のベルリンにタイムスリップ...

「帰ってきたヒトラー」Er ist wieder da (2015 GAGA)

現代にタイムスリップした超有名人が、TVマンに見出され、ものまね芸人として人気を得ていく。なにしろ、本人だから。なんか、ありがちなストーリー。しかしこれがドイツにおけるヒトラーの復活劇となると、話はかなりやばい。ドイツ人にとって、自分たちの過去の悪行の象徴だし、ユダヤの血をひく人々にとっては、永劫に悪夢の存在だからだ。しかしそんな設定以外の部分が興味深い(だから状況の説明である前半は、隠し撮...

帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント

【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト 【ストーリー】 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビに...

『帰ってきたヒトラー』

ヒトラーの姿をした男(オリヴァー・マスッチ)が突如街に現れる。リストラされたテレビマンに発掘された男は、復帰の足掛かりにテレビに出演させられる。男は長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者の度肝を抜く。自信に満ちた演説はかつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と見做され、過激な毒演はユーモラスでありながら真理をついていると評判を呼び、男は一躍人気者に。しかし、彼はタイムスリップしてきた...

『帰ってきたヒトラー』

現代ドイツの不満はアドルフ・ヒトラーにお任せあれ! 20世紀最悪の独裁者とも呼ばれたアドルフ・ヒトラーが現代に蘇るも、誰もが彼をよく出来たモノマネ芸人としか認識しない。そんな物語をドイツ人が書籍化し、同じくドイツ人が映画化しちゃうなんて…現代ドイツはそこま...

帰ってきたヒトラー

自殺したはずのヒトラーオリヴァーマスッチが現代社会にタイムスリップ。彼を発見したテレビマン・ファビアンザヴァツキファビアンブッシュが彼を物まね芸人だと思いこみテレビに売り込んで聴衆にバカ受けする。まったく予想していなかったのですが、このファヴィアンとヒ...

『帰ってきたヒトラー』

****** 怪物! 私が? なら怪物を選んだ者を責めるんだな 選んだ者たちは普通の人間だ 優れた人物を選んで国の命運を託したのさ どうする?選挙を禁止するか? なぜ人々が私に従うか、考えたことがあるか? 彼らの本質は私と同じだ、価値観も同じだ。 ****...

映画・帰ってきたヒトラー

原題 Er ist wieder da2015年 ドイツ 2014年10月公園の茂みの中で目覚めた一人の男何と!彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらしいのです地下壕を捜して街中をウロウロ女性に声をかけ唐辛子スプレーを浴びせられフラフラになりながら行き着いたキオスクの店主に助けられ、自分の置かれた状況を把握します理論家であるヒトラーは...

帰ってきたヒトラー (試写会)

歴史は繰り返す? 公式サイト http://gaga.ne.jp/hitlerisback6月17日公開 原作: 帰ってきたヒトラー (ティムール・ヴェルメシュ/河出文庫) 1945年に死んだはずのア

帰ってきたヒトラー

1945年に死亡したはずのヒトラーが、突如2014年のドイツ・ベルリンに現れた! 道行く誰もがヒトラーのコスプレをしたモノマネ芸人だと思い、ただ笑うばかりで敬礼をしてくれない。 リストラされたTVディレクターのザヴァツキは、偶然見かけた彼をバラエティ番組に売り込むことに。 政治ネタの鋭いツッコミが視聴者に受け、ヒトラーは芸人として大ブレイクしてゆく…。 ブラック・コメディ。 ≪この映画、笑う...

帰ってきたヒトラー

世界は大丈夫か * * * * * * * * * * ドイツのベストセラー小説を映画化したもの。 あのヒトラーがタイムスリップして現代に蘇る・・・。 私はもっとコミカルな作品かと思っていたのですが・・・。 TV局をリストラされたファビアン・ザバツキは...

帰ってきたヒトラー / Er ist wieder da

市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。 いや、でも、これが今のドイツの本音なんだろうね。それにしても、ヒトラーの格好で歩いていても、思った...

帰ってきたヒトラー  ER IST WIEDER DA

随分と評判がいいらしく、この日のTOHOシネマズ新宿は小さなスクリーンで満席、ここシャンテも残り2席だけという人気ぶり。総統府の地下壕で自決したはずのヒトラーがタイムスリップして現代に、という突拍子もない設定ながら、迫力ありお笑いもあり考えるところも大いに...

「マリリン・モンロー 最後の年」 セバスティアン・コション «  | BLOG TOP |  » 「クローバーフィールド/HAKAISHA」(2回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード