topimage

2017-07

「マリリン・モンロー 最後の年」 セバスティアン・コション - 2017.07.05 Wed

マリリンの「取り巻き」12人それぞれを、章ごとに「主役」に取り上げて語るのがユニーク。

マリリンの晩年に、彼女の近くにいた人物たち。
家政婦:ユーニス・マリー(マレーの表記がおなじみだが本書ではマリー)、メイク係:アラン・“ホワイティー”・スナイダー、秘書:シェリー・レッドモンド、マッサージ師:ラルフ・ロバーツ、会計係:イネス・メルソン、演技コーチ:ポーラ・ストラスバーグ、ヘア・ドレッサー:アグネス・フラナガン、スタンドイン:イヴリン・モリアーティ、助手:メイ・リース、精神分析医:ラルフ・グリーンソン、写真家:ローレンス(ラリー)・シラー、広報担当:パトリシア(パット):ニューカム。

最後の年

12の章ごとに各人物を主役にして話を進める。この人は、どういう人なのか、何をした人なのかを知ることができるのは、ありがたい。
マリリンの言動についても、多々書かれているので興味は削がれない。
「最後の年」の彼女の周囲の状況について知るには良い本だと思う。

ただ、マリリンについて書かれた本で、よく思うのは、誰がどう考えたのかなど、著者が知っているのか? インタビューでもしたのかい? ということだ。
調べたことから想像して、物語的に作っているのかもしれないが、どこまで本当なのか、わからない。しかし、それは仕方がないことともいえるのかもしれない。
本作の著者は、紹介文によれば『作家、コレクター、マリリン・モンロー研究者。フランスのテレビ局「アルテ」や「キャナル・プリュス」で働いた後、フランス映画を海外で展開する機関「ユニフランス」で広報活動に従事している』とあり、ローレンス・シラーとパトリシア・ニューカムにはインタビューしたようだが。

訳文で気になることがあった。「~(する)だろう」という文章が時々出てくる。普通なら「~することになる」とか「~になるのだ」などになるのでは、と思った。いまでは、すでに結果が分かっている内容なのだから。
原文が、そのようになっているのかもしれないが、文章にクセのある部分だった。

(6月30日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

マリリン好きな人はいないのか。コメなし。

まだ出たばっかだから読んでないんだろ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3273-30f832b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 «  | BLOG TOP |  » 「帰ってきたヒトラー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード