topimage

2017-11

「続・激突!/カージャック」 - 2017.07.16 Sun

スピルバーグ監督の劇場用映画第1作。

スピルバーグのテレビ用映画「激突!」とは別の映画だが、「激突!」の名が売れていたから、勝手に「続・」とつけたのでしょうかね。昔は、たまに、あった、この手の関係ない「ニセ続編」。

以下ネタばれ。

ジャック

犯罪者になった夫婦が、福祉局に息子を奪われたとして、妻が服役中の旦那を脱獄させて、ふたりで息子の養子引き取り先の夫婦の家に向かおうとします。
途中でパトカーをカージャックするはめになり、警官を都合よく人質として運転もさせちゃいます。
たくさんのパトカーが、手出しできずに、あとをゾロゾロとついて走るのが、ちょっと呑気っぽくてユーモラス。よく考えれば、そんなにいっぱいついてくることもあるまいに、と思ったけど、映画の画(え)的に面白いわけでしょう。
そういえば、夫の脱獄も、かんたんでした。脱獄なんて、さっさと済ませないと、話が進まないから。

警察が手を出さないのに、民間人がライフルぶっぱなして獲物を殺そうとするかのようなのが、よっぽど、ひどい。
かと思えば、警部ですら、目的地にスナイパーを潜ませる手段を取る。これまでの彼の仕事で死者は出ていない、と言っていたのに、いいんですか、あなた?

一般市民が、ふたりの道中を応援して、お祭り騒ぎのように。子どもを取り戻せたらいいねと思うのは人情だが、このふたりは、ただいま犯罪を犯している真っ最中でもある…。群衆なんてのは、深く考えない無責任なものではあるし。なかに、拳銃を持って近づいてくる者がいないとも限らないぞ。

ラストはビター。実話として、どこまで本当なのかはわからないが、なにもそこまで、とは思うよね。スナイパーが姿を見せれば、投降したんじゃないのかな。

(7月16日)

ゴールディ

THE SUGARLAND EXPRESS
1974年 アメリカ作品
監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演 ゴールディ・ホーン、ウィリアム・アザートン、マイケル・サックス、ベン・ジョンソン、グレゴリー・ウォルコット

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 1974 Universal Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

強制同行の警官が、犯人夫婦と仲良くなっていくのが面白い。

いっしょにいると、心の交流があるからなあ。悪人でない限り。

やっとコメントできる!

見てから記事にするまで2週間くらい空くことが多いので、なかなかコメントできずにいました。
人質警官はストックホルム症候群もあったんでしょうけど、あの二人が根っからの悪人ではなかったのが一番大きいでしょうね。彼らが犯罪者になってしまった理由を考えずにはいられませんでした。
あと、無邪気な妻を演じるゴールディ・ホーンが可愛かった!
変な邦題で損してますが、これも一つのちゃんとした作品として多くの人に見てもらいたいですね。

>宵乃さん

ありがとうございます。
「激突!」を見てなきゃいけない続編なんじゃないかと思われそうなのが、いまとなってはウィークポイントです。
ゴールディさんは可愛かったですねー! 当時の女優のなかでは、キュートさは抜群だったのでは。
後にケイト・ハドソンさんが出てきて、ゴールディの娘だと知ったときは、びっくりでした。

史実が、どんなだったか、どの程度、脚色してあるのかは、ちょっと調べたいかも。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3280-cea0877b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「続・激突!カージャック」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1974年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ ネタバレあり

映画「続・激突!/カージャック」観ました

原題:THE SUGARLAND EXPRESS 製作:アメリカ’74 110分 監督:スティーヴン・スピルバーグ ジャンル:★ドラマ【あらすじ】あと4ケ月で出所という時に、妻ルー・ジーンに唆され脱獄したクローヴィス。彼女の話では、二人が刑務所にいる間に息子が里子に出されたという。二人は息子を取り戻すため、警官もろともパトカーを奪い里親の元シュガーランドへ向う。たしか「激突」より前...

「HiGH&LOW THE MOVIE」 «  | BLOG TOP |  » 「断崖」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード