topimage

2017-08

「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」 - 2017.08.08 Tue

小品ぶりが良い。

ヨーロッパでの戦勝を祝って、みんなが浮かれる夜。
エリザベス王女とマーガレット王女は、外に出てみたい!と両親にお願いをし、お付きの者たちを従えることで、許してもらえたのだった。

本作、顔つきからすると、姉妹に見えづらいところはあるが…。
次女のマーガレットが、妹キャラの名に恥じず(?)明るく奔放に動き回るものだから、姉のエリザベスは妹を追いかけて、振り回されることに。
その途中で、男との出会いもある。お話としては、そうなるでしょうねえ。
パブで父親の演説をラジオで聞き、市民が真剣に聞き入る姿を目の当たりにする。宮殿の中にいたら、こうしたリアルな体験はできないわけで、この一点だけでも、彼女の成長譚となっているといえる。

王女ら

お酒を飲んで、ひっくり返っちゃうのかと思ったら、そうでもなく、エリザベス、わりと酒に強いのか! なんて。
妹ちゃんは、悪い男の手中に落ちなくてよかったよ、と胸をなでおろすばかりです!
戦勝を祝う群衆シーンの中での王女姉妹の行動を映す場面が長く続くので、大勢のエキストラがいるなあ、撮影は大変だっただろうなあ、でも、うまく撮ってるなあ、と変な感心もした。

エミリー・ワトソンさんは、じつに英国女王らしい雰囲気だし(見たことある人だなとは思ったけど誰なのか分からなかったが)、長女のサラ・ガドンさん、次女のベル・バウリーさんともに好演。
一夜のロマンスとしても、とても、ささやかで良い

(8月5日)

A ROYAL NIGHT OUT
2015年 イギリス作品
監督 ジュリアン・ジャロルド 
出演 サラ・ガドン、ベル・パウリー、ジャック・レイナー、ルパート・エヴェレット、エミリー・ワトソン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) GNO Productions Limited

ブログパーツ

● COMMENT ●

ロイヤルホストで1夜を過ごした事を思いだすなあ。

>fjk78deadさん

それも「ロイヤル・ナイト」といってよいのではないでしょうか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3297-beb7b78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年イギリス映画 監督ジュリアン・ジャロルド ネタバレあり

「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」

「A Royal Night Out」2015 UK1945年5月8日。ロンドンはヨーロッパの戦勝を祝う国民でお祝いモードに包まれている。今夜国王ジョージ6世がバッキンガム宮殿から国民に終戦を告げるスピーチを行う予定。そんな折、エリザベスは妹のマーガレットとバッキンガム宮殿を抜け出す...エリザベス王女に「危険なメソッド/2011」「ドリーム・ハウス/2011」「複製された男/2013」「ド...

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 / A Royal Night Out

第2次世界大戦で、連合国がナチス・ドイツを打ち破った1945年5月8日。後にエリザベス2世として即位する若きエリザベス王女が、戦勝を喜ぶロンドンの街なかにお忍びで外出した一夜を描いた物語。 “リアル・ローマの休日”ですね~。当時、王位継承者だったエリザベスが、V...

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出

評価:★★★★【4点】(P) 王女エリザベスを演じたサラ・ガドンの魅力全開。

『ルーム』『ロイヤル・ナイト』をギンレイホールで観て、ふーんほうほうふじき★★★,★★★★

注目される家族の二本立て。 ◆『ルーム』 五つ星評価で【★★★良質とは思うが刺さらなかった】 母親が監禁されて、生まれてからまだ一度も外に出た事のない少年と 世界の出会いの物語。ちょっと滅多にないプロットが食指をそそる。 が、展開された話は想像の通りで、現実にこう来そうだって線を越える事はなかった。 もうちょっと劇的な展開があってもええんじゃなかかね? なので、そんなに...

『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』

1945年5月8日、イギリス。6年間続いた戦争が正式に終わり、国を挙げてヨーロッパ戦勝記念日を祝う夜、エリザベス王女(サラ・ガドン)と妹のマーガレット(ベル・パウリー)は父である国王ジョージ6世(ルパート・エヴェレット)の許しを得て、生まれて初めてお忍びでバッキンガム宮殿をあとにする。付き添いが目を離した隙に、シャンパンに勢いづいてバスに飛び乗ったマーガレットを追い掛け、エリザベスは街に出る...

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出

6年間続いた第二次世界大戦が正式に終わった1945年5月8日。 この日を戦勝記念日として、イギリス・ロンドンはお祝いムードに包まれていた。 当時19歳の英国王女エリザベス(後のエリザベス2世)と妹マーガレットは、父である国王ジョージ6世に懇願し、お忍びで外出する許可を得る。 ホテルを抜け出したマーガレットを追いかけバスに飛び乗ったエリザベスは、ジャックという青年兵士に助けられる…。 ヒューマ...

ロイヤル・ナイト 英国女王の秘密の外出

ロマコメの王道 * * * * * * * * * * エリザベス女王が19才の王女時代、 非公式に一夜の外出が許されたという実話を元にしています。 そう、あの「ローマの休日」のようなストーリーですが、 これがまた、とてもロマンチックで面白い。 1945年5...

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出 (試写会)

妹を探して あんなところにこんなとこ 公式サイト http://gaga.ne.jp/royalnight6月4日公開 事実に着想を得たフィクション 監督: ジュリアン・ジャロルド  「キンキーブーツ

「パットン大戦車軍団」 «  | BLOG TOP |  » 「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード