topimage

2017-10

「新感染 ファイナル・エクスプレス」 - 2017.09.26 Tue

どこまで行くか、まだ行くか、と観ていて満腹のエクスプレス。

評判がよろしいので、見ましょうね、と最近めったに行かない新ピカ(新宿ピカデリー)まで足を運んだ。
ここも含めて、いつも思うのだが、映画館って、すわって待つための椅子が少ない。待つなら当然立っていなさい、または、早く来るな、とでも?
スペース的にも何百個も椅子を置くわけにもいかないのでしょうけれどねえ。

逃げろや

話は簡単で、ゾンビ系感染者が特急に乗り込んでしまい、密室空間で、いかに逃げ延びるか。
逃げ場がないと思われた電車内でも、感染者の習性によって、ある「歯止め」が可能になるあたりは上手い脚本
感染者がいる車内を突破して、別の車両に行かなければならない状況をつくるところも上手い。
車内だけでなく、駅でのアクションも入れてくるので、飽きることはない

父娘、恋人同士、姉妹など、さまざまに愛情や信頼関係のドラマがある。
しかし、なかには、他人を蹴落としてでも何が何でも助かりたい!と、主張し行動する、自分勝手感100%の男もいて、ひとりのせいで何人感染したことか。
でも、こういうヤツの意見に乗ってしまう人々もいるわけで、自分だってあの場にいたら、同じじゃないかと思う。
ちなみに、この自分勝手男、笑っちゃうほど、ひどいヤツだが、最後は哀れでもあり、逆に超重要キャラなので、演技者としては、やりがいがあるはず。

突破せよ

主人公、大沢たかお! かと思いましたよ。(違うのねえ。)
妊婦さん、走りまくるわ、狭いところ通るわ、もろもろで流産するのか、途中で産まれちゃうのか、心配しました!
で、「新感染」とは、よくネーミングしたもんだ(笑)。原題は「釜山行き列車」なんだけど。
ほとんど見ないが、韓国映画、やはり、熱い、濃いイメージが変わらない。

(9月24日 新宿ピカデリー)

TRAIN TO BUSAN
2016年 韓国作品
監督 ヨン・サンホ
出演 コン・ユ、キム・スアン、チョン・ユミ、アン・ソヒ、マ・ドンソク

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

>、大沢たかお! かと思いましたよ。

えー似てない!笑
あっさりな奥二重だからかな?

韓国のゾンビだと、ゾンビ嫌いな人でも観るんだーと
なんだか複雑です 笑
本当のゾンビは確かにもっとグロいけど、
根本は深いんですよー

>migさん

んー、なんとなく似ている気が。イメージ的に!? ほかにも、似ていると書いているブロガーさん、います!(たぶん)
私は、ロメロのゾンビも見ましたし、日本の「アイアムアヒーロー」とか、けっこう見てますが、韓国映画をあまり見ていない…。
本作のは、ゾンビっぽく見える感染症、でしょうかねえ。

そうそう。密室の列車内パニックという状況下で、移動したり逃げたりのシチュエーションづくりが上手かった。
さりげない人間関係の描き方もよかったし、面白かったです。

>pu-koさん

列車内パニックというと…なぜか「カサンドラ・クロス」ぐらいしか思いつかないのですが(ほかにあったとしても見ていないのか)、よく考えられていますよね。
乗り込んだあとは最後まで怒涛の展開で、人間関係も忘れず、お見事でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3316-0353313f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画】『新感染 ファイナル・エクスプレス』欲しかったのはこんなゾンビ映画

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016)韓国 原題:Train to Busan監督:ヨン・サンホ 出演:コン・ユ /チョン・ユミ /マ・ドンソク /キム・スアン /チェ・ウシク /アン・ソヒ 【あらすじ】 仕事人間のソグは娘のスアンを別居中の妻に会わせるため、ソウル発プサン行きのKTXに乗り込むが・・ 【感想】 今日は、めずらしく韓国映画。 ゾンビ映画はもう...

『新感染 ファイナル・エクスプレス』 生き残るのは誰だ?

 【ネタバレ注意】  いやもう、面白いったらない。  『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、パンデミックの恐怖とノンストップアクションが組み合わさった、見事としかいいようのない娯楽作だ。  あえてジャンル分けをするならば、本作はゾンビ映画になるのだが、あまりにも面白い要素がいっぱいで、もはやジャンルなんてどうでもいいほどだ。  疾走する高速列車を舞台にした本作は、暴走列車を...

新感染 ファイナル・エクスプレス

新しくて最後の特急?

「新感染 ファイナル・エクスプレス」、やってくれました新ゾンビ映画!

おすすめ度 ☆☆☆☆ (劇場鑑賞) 韓国映画ゆえか、吹き替え上映が圧倒。字幕版は稀少派。 韓国の新幹線は、ソウルから釜山まで、2時間だ。 新幹線を新感染ともじっているのは日本版。原題は「釜山行き」。 謎のウイルスの感染拡大と言っているが、いわゆるゾンビ化だ...

『新感染 ファイナル・エクスプレス』 2017年8月22日 新宿ピカデリー

『新感染 ファイナル・エクスプレス』 を試写会で鑑賞しました。 スピード感もあって面白かった。 【ストーリー】  別居中の妻がいるプサンへ、幼い娘スアンを送り届けることになったファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)。夜明け前のソウル駅からプサン行きの特急列車KTX101号に乗り込むが、発車直前に感染者を狂暴化させるウイルスに侵された女性も乗ってくる。そして乗務員が彼女にかみつかれ、瞬く間...

新感染 ファイナルエクスプレス

This is Korean Movieと言った韓国映画初のゾンビムービー 良くも悪しくも韓国映画ってこういうのを言うんだよねぇ って思わされるけども、韓国映画にしては何かが足りない そうなんですねぇ足りないのは所謂韓国映画特有のエグ味かなぁ でもキャラクターとしての登場人物...

新感染 ファイナル・エクスプレス

新感染 ファイナル・エクスプレス@神楽座

劇場鑑賞「新感染 ファイナル・エクスプレス」

プサンまで、必ず送り届ける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709010000/ 新感染 ファイナル・エクスプレス (竹書房文庫) [ 藤原友代 ]価格:810円(税込、送料無料) (2017/8/26時点)

「新感染 ファイナル・エクスプレス」:あれこれてんこ盛りの韓国風

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、多くのアイディアを詰め込んで、新しい

新感染 ファイナル・エクスプレス★★★★・5

ソウルからプサンへと向けて走る高速鉄道KTXの車内で繰り広げられる壮絶なゾンビ・パニックを描き、本国韓国のみならず世界中で大きな話題を集めたノンストップ・サバイバル・アクション。謎の感染爆発に直面した登場人物たちによる、愛する者を守るための決死のサバイ...

『新感染 ファイナル・エクスプレス』 韓国発ゾンビ映画に震撼せん

 監督のヨン・サンホはアニメ畑の人らしいのだが、今回が初の実写作品。  9月30日からはこの作品の前日譚となるアニメ作品『ソウル・ステーション パンデミック』も公開されるとのこと。  評判の悪い邦題はダジャレだが、原題は「Train to Busan(釜山行き)」というもの。  主演には『トガニ』『男と女』などのコン・ユ。共演にはやはり『トガニ』に出ていたチョン・ユミ。そのほかでは身体...

新感染 ファイナル・エクスプレス  監督/ヨン・サンホ

【出演】  コン・ユ  マ・ドンソク  チョン・ユミ 【ストーリー】 別居中の妻がいるプサンへ、幼い娘スアンを送り届けることになったファンドマネージャーのソグ。夜明け前のソウル駅からプサン行きの特急列車KTX101号に乗り込むが、発車直前に感染者を狂暴化させるウ...

新感染 ファイナル・エクスプレス

邦題はダサいけど、内容はイイ。

新感染 ファイナル・エクスプレス

評価:★★★【3点】(10) …だから走るゾンビはダメだって^^;

新感染 ファイナル・エクスプレス・・・・・評価額1800円

絶対に、守り抜く。 ゾンビ映画の歴史を塗り替える大傑作だ。 韓国全土を襲う感染爆発の中、ザック・スナイダー系の走るゾンビを乗せた、ソウル発プサン行きの高速列車・KTXが突っ走る。 細長い列車の構造を最大限生かしたサスペンスは、文句なしにスリリング。 しかし本作を特別な作品足らしめているのは、ヨン・サンホ監督の過去の作品と同様、圧倒的な密度を持つ人間ドラマだ。 極限状態でカリカチ...

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

ゾンビだらけのエクスプレス。大切な命は何があっても、絶対に守り抜け! 何て気持ちのいいゾンビ映画なんだ!一切の中弛みもなく、ノンストップで最初から最後まで突っ切ってくれるこの清々しさに加え、命を賭けた男たちの泣きのドラマ。ギレルモ・デル・トロが「傑作!...

タイトルうまいぞ 「新感染」

 先月、別の映画が始まる前に「新感染」の予告を観た。  特急列車という密室の中で、続々とゾンビが増殖し、集団で襲い掛かってくる。一本とられたようなタイトルもホラーぽい。幼い娘を抱いた男性が、座席の間の通路を、必死の形相で走る。一体、どこに逃げたらいい...

新感染 ファイナル・エクスプレス

韓国。 証券会社のファンドマネージャーをしている男ソグは、幼い娘スアンを別れて暮らす妻の元へ送り届けようと、朝5時30分ソウル発プサン行の特急列車KTX101号に乗り込む。 発車直前、人間を凶暴化させる謎のウイルスに感染した女が12号車に駆け込み、居合わせた者たちに噛み付いた。 被害は瞬く間に列車内へ広がっていく…。 感染パニック。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』('17初鑑賞99・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 10:40の回を鑑賞。 2D:字幕版。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016)**TRAIN TO BUSAN

 生か死か――終着駅まであと2時間時速300km超のノンストップ・サバイバル! 何があっても、守り抜け! かなり評判良いので、遅まきながら鑑賞してきました。ゾンビ化した人間が怖いわけでもないのですが。ゾンビ化した人間vs感染していない人間の超バトルが結構凄いのでこれはそういう意味で中々迫力満点ですね。 主人公ソグにはコン・ユ トガニ 幼き瞳の告発の方。この作品も観ていないので知りません...

[映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を観た]

コン・ユ&マ・ドンソクからメッセージ!『新感染 ファイナル・エクスプレス』予告編 ☆・・・私は、どうにも、大陸・半島の良くない点が嫌いで、それが良い点よりも勝っているので、基本、大陸・半島関係のものを映画に限らず避けている。 が、もちろん、楽しいものは...

ゾンゲリア超特急 ヨン・サンホ 『新感染 ファイナル・エクスプレス』

韓国で話題を呼んだ新感覚ゾンビ・ムービーが、とうとう日本に上陸(もう一か月経って

「新感染 ファイナル・エクスプレス」부산행 (2016 ツイン)

絶賛の嵐。とにかく面白いと評判。これはぜひとも見なくっちゃ。ということで先週の「ベイビー・ドライバー」につづいて妻と見てきました。ハラハラドキドキの映画が苦手な妻が「見たいわこれ」と言い出したのは意外。 一匹の鹿が、クルマにひかれたのによみがえるオープニング。そう、これは韓国初のゾンビ映画なの。釜山行き(原題)の新幹線に乗りこむ父娘。父親は仕事中毒で娘のことをあまりかまってやれない。しかも...

読書記録(2017年9月) «  | BLOG TOP |  » 「エイリアン:コヴェナント」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード