topimage

2017-11

1976年に見た映画ベスト6 プラス4 - 2017.10.14 Sat

各年のマイ・ベスト・ムービーを記事にしていく、宇宙よりも壮大な規模の企画。

えらい手間ひまかけて、書いとりますけん、コメ(ント)を恵んでくんなまし、代官様。

今回は1976年。
私が「1976年に見た映画から選んだマイ・ベスト」であり、「1976年の作品から選んだマイ・ベスト」ではない。

ノートにつけた記録から計算するかぎりでは、1976年に見た映画は192本。
映画館で観た数が少ないので、テレビ、ビデオなどで見た作品も合わせて、ベストを選ぶ。

◎ベスト6(初見の映画に限る。好きな順ではない。)

まず、マリリン・モンローさんの映画を2本優先する。
「荒馬と女」(1961年作品)
作家である夫のアーサー・ミラーが脚本を書き、名匠ジョン・ヒューストンが監督、共演はクラーク・ゲイブル、モンゴメリー・クリフト。どこか、さみしいムードが蔓延するのは、ストーリーにもよるのだろうが、撮影時の個人個人の心の中までが映し出されているよう気がして、切ない。ブログ内記事は、たとえば、こちら
76-1

「ナイアガラ」(1953年作品)
モンローウォーク、セクシーな魅力、悪女…。マリリンが世にその存在を大きく知らしめた記念碑的な作品。ナイアガラ観光も楽しめる!? 彼女の悪女役は、この映画ぐらいしかないのではないだろうか。監督はヘンリー・ハサウェイ。ジーン・ピータース、ジョセフ・コットン共演。ブログ内記事は、たとえば、こちら
76-2

「あなただけ今晩は」(1963年作品)
テレビの「月曜ロードショー」(当然カットあり)で見たときから大好きだった。かわいい娼婦が好きだし、音楽が好きだし。生きていればマリリンが主役を演じたかもしれなかったと知って、なお好きになった。ビリー・ワイルダー監督、出演はシャーリー・マクレーン、ジャック・レモンほか。ブログ内記事は、こちら
76-3

「北北西に進路を取れ」(1959年作品)
こんなにおもしろい映画は、めったに見たことがないというくらい楽しめる。バーナード・ハーマンの音楽が最高にワクワク感を盛り上げてくれるし。なんじゃー、こりゃー、とあきれるほど文句なし! アルフレッド・ヒッチコック監督、出演はケイリー・グラント、エヴァ・マリー・セイントほか。ブログ内記事は、たとえば、こちら
76-4

「風と共に散る」(1956年作品)
マリリー役のドロシー・マローンさんがマリリンに似ているなあ!と思いながら観賞していて、印象に残った作品なのだが、改めて写真などを見ると、顔は似ていない。 髪型をはじめ、雰囲気的に似ていたのだろうか(役名もだが)? 彼女はアカデミー助演女優賞をとっている。監督はダグラス・サーク、出演はロック・ハドソン、ローレン・バコールほか。
76-5

「コレクター」(1965年作品)
1997年と2012年に同名の映画があった(原題も内容も違うのに邦題のみが一致)が、そのタイトルを取り下げてもらいたいほど、こちらは衝撃の名作。犯罪を描いて気分はよくないはずなのに、名監督ウィリアム・ワイラーの手にかかったせいか、人間ドラマに見ごたえがある。出演はサマンサ・エッガー、テレンス・スタンプほか。昔は、サマンタ・エッガーと言っていたような?
76-6

◎プラス4

次点の感じで、なんとなく印象にあるものを。

「タクシードライバー」(1976年作品)
バーナード・ハーマンの音楽。画面は、道路の蒸気。タクシー。「俺に言ってるのか?」。子どもなのに娼婦役ジョディ・フォスター嬢。マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパードほか出演。
76-7

「舞踏会の手帖」(1937年作品)
これも、音楽が印象的。楽譜を後ろから演奏して、その録音を逆回転させたという、独特な、たどたどしさが良い。音楽はモーリス・ジョベール。ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、マリー・ベル、フランソワーズ・ロゼーほか出演。
76-8

「おもいでの夏」(1971年作品)
これも、音楽。担当はミシェル・ルグラン。少年の思春期、女性へのあこがれ、あまずっぱい…みたいな、ありがちだけど、しっとり感動的な作品。ロバート・マリガン監督、ジェニファー・オニール、ゲイリー・グライムスほか出演。
76-9

「暗くなるまでこの恋を」(1969年作品)
数年前に映画館で再見して、初対面のときほどは惹かれなかったが、カトリーヌ・ドヌーヴさんは、なんであれ良い。監督フランソワ・トリュフォー、共演はジャン=ポール・ベルモンド。ブログ内記事は、こちら
76-10

年度別マイ(ベスト)ムービー検索用リストは、こちら


(c) Warner Home Video, Twentieth Century Fox Film Corporation, United Artists, Universal Pictures, Sony Pictures Home Entertainment, International Visual Corporation

ブログパーツ

● COMMENT ●

えーと、本田美奈子のマリリンは1986年か。ピンと来たのに10年早かった。

>fjk78deadさん

ありがとうございます。
私は、本田美奈子のマリリンと言われても、何年かピンと来ません。

テレンス・スタンプ賛

私事ですが、今日は突然BD再生ソフト「Power dvd17」がBDもDVDも読み込まなくなって、4時間ばかりも悪戦苦闘しました。まだ7月に買ったばかりの最新ソフトなのにですよ! インストール用のディスクがなかなか見つからず、ようやく見つけて、アンインストール→再インストールしたのですが、症状は変わらず。原因不明です。それで応急処置として、フリーのBD再生ソフトをインストールしました。
  *****************************
 一番好きなのは「コレクター」ですね。そしてテレンス・スタンプが私のお気に入りなんです。ちょっと「異常者」をやらせたら、右に出る人はいないんじゃないかとさえ思えます(笑) DVDも買いました。勿論BD録画も持ってます。
蝶のコレクターという設定が、ホームズの「バスカヴィル家の犬」のスティープルトンを連想させます。

 こういう「拉致・監禁」事件は、日本でも実際にありました。洗脳して、外に出られなくするという手口。酷いですよね。

テレンス・スタンプの他の作品では、「世にも奇妙」じゃなくて「世にも怪奇な物語」の「悪魔の首飾り」ね。あのスポーツカーで夜の街を疾走する場面が凄い。あの少女も怖いけど...(笑)
あとは、出演じゃなくてMCやった、スコット兄弟のドラマ「ハンガー」。
「私家版」というのも面白い。「テオレマ」は随分昔に観ましたが、オンエアされませんね。

>又左衛門さん

ありがとうございます。
わが家は、パソコンにPower Dvdの12(古っ!)が入っていました! たまには使っていますよ。
なんだか、いろいろ不都合が起きますね? 

「コレクター」は、ずいぶん見ていないので再見はしてみたいですが、喜んで見たいものでもなく…。
テレンス・スタンプは、はまり役ですね。
「悪魔の首飾り」、ずいぶん前に、どこかのコメントで話題にしましたが、最強のホラー映画です。
ほかの作品は、あんまり見ていません。「スーパーマン」に出てたかなというぐらいで。

ヒッチ先生

今年、EU版の輸入品BD「ヒッチコック作品集」を2BOX買いました。はじめは半信半疑だったんですが、リージョン・フリーで日本語字幕がついているということで思い切って買いましたよ。パッケージはペラペラの簡易包装ですが、確かに中身は問題なしでした。これであらかたヒッチコック作品はBDで鑑賞できます。

「北北西」はよくできた作品です。昔丸善で、この映画の絵コンテの輸入本を立ち読みしたことがありました。例のセスナ機の動きを単純な線で表したものでした。冒頭の矢印が、ビルの窓に変化していくのが凄くモダンですね。また監督がバスに乗り遅れる場面と、グラントが嘘をついてタクシーに乗り込むユーモアが面白い。エヴァ・マリー・セイントにはあまり「お色気」を感じません。ほんとに監督の好みだったんだろうか?

「タクシー・ドライバー」
 冒頭の、雨降る街を流しているタクシーの窓にかぶって始まる、甘いテナーサックスの響きがセクシーです。話の中身は血なまぐさいんだけど(笑)
ひとり深夜のポルノ映画を観るくらいしか楽しみがない、ベトナム帰り(?)の不眠症の男の孤独。その男が選んだ職業。選挙事務所の女に横恋慕して、候補者の暗殺を企てる.....こんな話でしたよね。そして未成年の娼婦を助けるために....

「舞踏会」は観たいけど未見。「おもいでの夏」は数年前に観ました。せつない...ちょっと「マレーナ」も似ています。
しかし、192本とは凄いですねぇ。2日に1本の計算......?

>又左衛門さん

この当時は、テレビの洋画劇場を週に3~4本は見ていたのでしょうね。

洋盤で日本語字幕があることもあるのですねえ。最近はコレクション熱がないので、買いはしませんが…。

エヴァ・マリーさん、お色気はイマイチですが、お話の面白さが補って余りあるので、かえって女優の魅力は不要だったのではないかと。
「タクシードライバー」は、再見の気分は乗らない一作です。音楽のムードには、ひたりたいけれど、というところですね。
「舞踏会」は、音楽のインパクトは忘れませんねえ。NHKの世界名画劇場ですよ。

モンロー・ウォーク

♬ つま先立てて海へ モンローウォークして行く
  いかした娘は誰? ジャマイカあたりのステップで
 
 南佳孝さんのヒット曲「モンローウォーク」の冒頭です。もう10年くらい前に、グリコのおまけについていたミニCD持ってます。

この映画観たのは2009年。久しぶりに冒頭だけBDで観ました。「荒馬と女」もBDで録画し直しました。しかしここでのマリリン、悪い女。浮気か不倫か.... ナイアガラの観光案内にもなってますね。この映画観てから、ナイアガラに行きたくなった人多いんじゃないかな。コットンが素手でレコードを割る場面が凄い!
ジーン・ピータースって、あのハワード・ヒューズと結婚したんですか?(BJさんのブログより ) 玉の輿じゃないの(笑) でも強迫神経症だから大変だったんじゃないの?
 気になったのは、雨合羽の色が男と女で違う点。何故?

これ、前にも書いたかもしれませんが、モンロー・ウォークってわざと左右の靴のヒールの高さを変えたからできたって言ってましたよね。

補足

ジーン・ピータースさん。
「人生模様」に出てたんですか? どの作品だろう? 現在行方不明。

シビル・シェパードさん。
「マイファニーレディ」に出てたって? 全然気づかなかった。つい最近観たばっかりなのに。ボグダノビッチ監督のお気に入りだったのかも....

>又左衛門さん

グリコのおまけ? たまに豪勢っぽいの、ありましたね。
「ナイアガラ」は、現地ロケも、けっこう頑張っていて、女優とともに目の保養になります!(流れは怖いですが。)
雨合羽、男性女性でサイズが違うので、間違えないように色を変えておいたのでは? 単なる推測です。
靴のヒール、本人もそう言った、という話ですね。

「人生模様」のジーン、画像あります。
http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-2435.html

スペイン語で喋るマリリン(笑)

>「人生模様」のジーン、画像あります
ありがとうございます。観たいですが行方不明です。「最後の一葉」。最もポピュラーな作品ですね。

PowerDVD。問い合わせしていたサポートのおかげで無事復活しました! どうも多数のクッキーとか一時ファイルが原因だったみたいです。

その復活する前に、例の動画サイトの親戚サイトで「ナイアガラ」を検索しました。すると確かに存在してて観たんですが、なんか変。
なんと「スペイン語」吹き替え版だったんですよ!(笑) マリリンもコットンもスペイン語で会話してます。著作権の関係かな?

>又左衛門さん

直って、よかったですね! 新品が壊れたら、メーカーも立場がないですよ。

スペイン語ですか。そのサイトがスペイン語系の国にゆかりが深いものなのかも?
私だったら、声が違うと魅力半減ですね、とくにマリリンなら。
海外は、映画は字幕よりも吹替率が高いようなので、マリリンの声を聞いたことがない映画ファンもいそうです。

人生模様

例の動画サイトの姉妹サイト"123 Movies"に「人生模様」の動画がありました。ただ、当然ですが字幕はありませんが。
アン・バクスターさんがきれいです。しかもあのスタインベックが出ていたのは意外でした。

>そのサイトがスペイン語系の国にゆかりが深いものなのかも?
いや、前にも書きましたように、ベルリンが本社のサイトなんですよ。

>又左衛門さん

スタインベックがしゃべるのを見たいヒトにもオススメ!?な映画だったり。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3321-3f392ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」 «  | BLOG TOP |  » 「メン・イン・キャット」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード