topimage

2017-11

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 - 2017.10.22 Sun

前半うつらうつら寝た。

風邪っぽかったのもあるが、まー、おもしろくない。
映画館で観ずに、いまごろテレビで見ている時点で、以前から興味がないことの証左なのだが。

見ていても、なにをやっているのか、わからないところが多いし。(あ、半分寝てたからか。)
こどもだったら、ビーストに喜ぶのかもしれないが。
あいかわらず、杖と杖の電撃が対抗してぶつかって、負けるもんか!状態になってるし。(戦い方のヴィジュアルは進歩しないのか。)

美人

アリソン・スドルさんの美しさ(だけ)が救い。

もうひとりのヒロインが、キャサリン・ウォーターストンさんだったのか!
だって、「エイリアン:コヴェナント」のときと、印象が違うんだもん! 「ファンタビ」が2016年、「コヴェ」が次作で2017年、離れていない時期なのに。


普通
こっちが「ファンタビ」

髪型のせいか…。「ファンタビ」では娘、「コヴェ」は、おばさん顔なんだよね…。すいません、容姿のことで。

おばさん
こっちが「エイリアン:コヴェナント」

2組のカップルがどうなるかの、まとめ方は好き!
1920年代(?)の女性ファッションもいい。コリーン・アトウッドさんが担当か! 昔のイーディス・ヘッドさんと同じような、ハリウッドの衣装担当の巨匠のイメージになりましたね。
え、アカデミー賞の衣裳デザイン賞を受賞ですか。さもありなん。

(10月21日)

FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM
2016年 イギリス・アメリカ作品
監督 デヴィッド・イェーツ
出演 エディ・レッドメイン、ダン・フォグラー、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、コリン・ファレル

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは!

スクリーンを飛び回るビースト程にはv-289
盛り上がらなかったデス、私も
ただ、、壊れた(壊した)街を復元して回るところが一番嬉しかった♥

>kiraさん

こんにちは!!
盛り上がらないですよね。なんだか興味がなくて…。
ハリポタのように成長物語でもないせいなのか。
復元は、いちばん、魔法っぽいシーンでした。

ちょっと間が空いてたのでどんな映画かと思って自分のブログを見た。あーもう、自分は自分だなと思い知らされる。だが、意見は変わらない。どうのこうのは書いてないけど、垢抜けないお姉ちゃんに関して、強いプラス評価は加えてないのでやはり今一と思ってたのかなあ。お姉ちゃんよりはデブ兄ちゃんだな。ホモじゃないけど。

こんばんは

私も面白い!とは言い切れないのが…(笑)
大人のハリポタ、らしいですが、ハリポタのいいところは子供心に楽しいが詰まってるところなのでは…と思ったりしました。
まあまだ1作目だからこれからに期待ってことで。
ヒロインがもっさり…と思ってたので、エイリアンの予告で「あれこの人」とは私も思いました。あんまり華のない人ですよね
むしろヒロインはおデブのおじさんでしょう。

>fjk78deadさん

デブ兄ちゃんが一番よかったですね。
巻き込まれながらも、いっしょけんめい頑張ってるのが好印象でしょう。
姉ちゃん2人、姉妹役だったとは知りませんで、これも寝てたせいかと。

>makiさん

こんばんは。
主人公もその周囲も大人なので、子どもらしさはないですよね。
ヒロイン的立場が、あのおじさん、ともいえそうです。いい役ですからねー。
彼女をヒロインに選んだのは誰なんでしょう…。(失礼を謝りながら)

なんだか.....

夏に例の動画サイトで観ました。
字幕なしでも、こういうのは分かります。だから今月WOWOW録画し忘れました。 内容はもう覚えていない(笑) それくらい印象が薄い。もう一回観ようという気にはなれない。JKローリングって、引き出し少ないのかね。監督はハリポタの監督らしいから、原作そのものがつまんないのかもね。もう「ネタギレ」でしょ。

 >キャサリン・ウォーターストン
覚えていない。
 >エイリアン・コヴェナント
  なんかこのポーズ、まんまリプリーのパクリだね。乳首が透けてるのがご愛敬。このヘアスタイル、お笑いの「中川パラダイス」にそっくりという意見があって、笑っちゃいました。この映画、面白かったですか?
「ブレード・ランナー」の新作、皆さんの期待はいかに? 

>又左衛門さん

モンスターをトランクにつめて、逃げ出して、追っかけて、ですからね。
おもしろいと思えないと、もうダメ…。
エイリアンのシリーズは、監督自ら、セルフオマージュみたいなシーンをつくっているので、それは別にいいのですが、新作は面白くはないです。新鮮味はどうしてもなくなっていますし。
「ブレードランナー」新作は、評判はよさそうですよ。

ボーさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ボーさんは本作イマイチだったみたいですね^^;
自分は魔法動物を悪戦苦闘しながら捕獲していく道程がちょっと面白くて、ゲーム感覚のように観てましたねw

そうそう、そう言えばキャサリンさんはエイリアンの方でも出演してましたね。役者さんは作品毎の変わりぶりに驚くことがありますけど、彼女もコヴェナントでは本作よりもかなり年増な印象を与えていたように思えますね。

>メビウスさん

こんばんは!
ビーストってのが、もう、子ども向けにしか思えず、ポケモンみたいなもの?(よく知りませんが)
お姉さん、ふたりで華を添えていましたが、あんまり盛り上がり気分にならず。
お互いのカップルのラストは良かったです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3323-2b82e74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 日本最速試写会

ハリー・ポッターの魔法の世界 再び 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts11月23日公開 監督: デヴィッド・イェーツ脚本: J・K・ロ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM 上映時間 133分 製作国 イギリス/アメリカ 脚本 J・K・ローリング 監督 デヴィッド・イェーツ 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 出演 エディ・レッドメイン/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・...

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

公開初日に早速観てきました!! ハリーポッターの世界がまた広がったわけです。 ハリーたちの活躍してた頃より70年ほど前、 1920年代のアメリカ,ニューヨークに イギリスから魔法動物を研究するニュート・スキャマンダーがやってきた。 保護したい動物がいたから来たんだけど、 些細なことからノー・マジ(マグル=魔法を使えない人間)のジェイコブや 魔法議会で働くティナ、...

映画・ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2D・字幕)

原題 FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM2016年 アメリカ 「ハリー・ポッター」新シリーズハリポタは全部観て来たので、流れで観賞しました ハリーが生れるよりずっと前90年前のアメリカ・ニューヨークで一人の魔法動物学者が巻き込まれる奇想天外な大騒...

劇場鑑賞「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

闇の脅威を、祓う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611230000/ 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ] 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」オフィシャルガイド [ スカラ...

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が失くしたもの

 ハリー・ポッターシリーズのファンが『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のファンになるかどうか。世界を共有する姉妹シリーズとはいえ、そこには意外に大きな壁があるように思う。  ハリー・ポッターシリーズはいわずと知れた人気作だ。原作小説もその映画も世界中で大ヒット。そのシリーズが主人公を変えて続くとなれば、本作を心待ちにする人も多かったに違いない。しかも、ハリー・ポッターシリー...

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

魔法動物学者ニュート・スキャマンダーは、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(吹替版)』

□作品オフィシャルサイト 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」□監督 デビッド・イェーツ□脚本・原作 J・K・ローリング□キャスト エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォータース、コリン・ファレル       ダン・フォグラー、アリソン・スドル...

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  監督/デヴィッド・イェーツ

【出演】  エディ・レッドメイン  キャサリン・ウォーターストン  ダン・フォグラー  アリソン・スドル 【ストーリー】 魔法動物学者ニュート・スキャマンダーは、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り...

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅@丸の内ピカデリー

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』をトーホーシネマズ日本橋7で観て、何か色々ガタがあると思うなふじき★★

▲太っちょ、変人、事務女。 五つ星評価で【★★まず、あの主人公の設定はどうなの?】 これがファンタスティック・ビーチクだったらきっと好きになったに違いない。主人公はビーチクを愛する旅の魔法使い。次々と新しいビーチクと仲良くなりながら旅を続ける。アメリカ編は姉妹のビーチクとパン屋のビーチクと仲良くなるエピソードを中心に、闇のビーチクとの突起物争いも描く。どんな映画だか分からんが...

映画評「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年イギリス=アメリカ合作映画 監督デーヴィッド・イェーツ ネタバレあり

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅★★★★★

『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く。『スティーブ・ジョブズ』などのキャサリン・ウォーターストンらが出演。アメリカを舞台に魔法動物学者と仲間たち...

魔法動物たちが吹っ飛んだ!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 』

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者の巻き込まれた騒動を描いた物語です。

『ファンタステック・ビーストと魔法使いの旅』

優秀だけどおっちょこちょいな魔法使いニュート・スキャマンダーは、世界中をめぐって魔法動物を集めては不思議なトランクに詰め込んでいる。ニューヨークに立ち寄ったところ、トランクが普通の人間のものと入れ替わり、危険な魔法動物たちがトランクから逃げ出してしまう。ニューヨークは大パニック。ニュートは魔法省から追われ、さらには魔法省の壊滅を狙う謎の組織も現れ、思わぬ事態に。新たに出会った仲間たちや奇想天...

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

雪の為に予定していた日を一日遅らせて11月25日に映画館にて鑑賞しました。 一日我慢と言う事で期待値も上がりましたが、満足のいく楽しさでした。 だけど最初から目が離せないような面白さと言う風には、私には感じられずちょっと眠くなってしまいました。 どんなに魔法動物が可愛らしくても、私には追いかけっこって眠くなるようなのですよね。テロリストとでもスパイ同士でも、やっぱり眠くなる人なので...

ダーウィンとは違うものが来た! デビッド・イェーツ 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 

まだ去年に観た映画の感想を書いてます… ただこちらは開始から7週経つのにまだまだ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2D 日本語吹替え版)

監督:デヴィッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カーメン・イジョゴ、コリン・ファレル 【解説】 『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが...

【cinema】『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』初日舞台挨拶

2016.11.23 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』@TOHOシネマズ日劇ジャパンプレミアなど試写会応募したけどハズレ そんな中、ぴあから初日舞台挨拶チケットのお知らせが! もちろん抽選申し込み、見事当選 生エディ・レッドメイン楽しみに見に行ってきた~舞...

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

ハリポタシリーズの番外編なのだけれど、このシリーズはやっぱり面白い!クリーチャーが生き生きとしている所も良かった。エディ・レッドメインが何故か不思議な位ハマり役。ホグワーツ魔法学校出身のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、ロンドンからN.Y.にやって来た。不思議なトランクを携えて。彼は魔法のビースト達を研究し、育て、絶滅から守る為に活動しているのだ。しかし、ひょんなことからト...

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

ハリー・ポッターとねえねの成長がリンクしていたので、ハリポタシリーズはずっとファンだった☆ 終って寂しいな~と思っていたこともあり、この新シリーズも当然の様に楽しみにしていたのだ。 魔法も見事だし、切ない大人の恋も描かれている、アメリカの古き良き時代設定も面白い。 なんてったって主役があのエディ・レッドメインなんだもの♪

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を鑑賞しました。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

【監督】デビッド・イェーツ 【出演】エディ・レッドメイン/キャサリン・ウォーターストン/ダン・フォグラー/アリソン・スドル/エズラ・ミラー サマンサ・モートン/ジョン・ボイト/コリン・ファレル 【公開日】2016年11月23日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 未知の幻獣を求めて世界中を周り、ニューヨークにたどり着いた魔法動物学者のニュート・スキャマンダー。ところが...

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

世界中を旅している魔法使いの青年ニュート・スキャマンダー。 アメリカ・ニューヨークを訪れた際、彼のトランクが“ノー・マジ(魔法族ではない普通の人間=マグルを指す米国流スラング)”の持ち物と入れ替わってしまった! トランクに入っていた魔法動物(ビースト)が街へ出て大騒ぎとなり、ニュートはマクーザ(アメリカ合衆国魔法議会)のティナに連行されることに。 一方、ニューヨークでは奇怪な現象が相次いで起...

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅・・・・・評価額1650円

ポケモンGO・ザ・ムービー? 「ハリー・ポッター」シリーズと世界観を共有する、新シリーズの第一弾。 世界中に生息する魔法動物について書かれた、ホグワーツ魔法学校の教科書「幻の動物とその生息地」の著者、魔法動物学者のニュート・スキャマンダーを主人公とした物語だ。 この本は実際に出版されているが、映画は本を執筆する前の冒険を描く物語で、直接の原作ではない。 舞台は現代のイギリスから、...

「ゴーストライター」 «  | BLOG TOP |  » 「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード