topimage

2017-11

「日曜日には鼠を殺せ」 - 2017.11.02 Thu

原題と邦題は、まったく違う。

三度(みたび)、宵乃さんちの第3回 秋の夜長のミステリー企画参加作品でございます。

本作、原題は“Behold a Pale Horse”で、ヨハネ黙字録の「見よ、蒼ざめたる馬あり、これに乗る者の名を死といひ、陰府(よみ)、 これに随(したが)ふ」から。

邦題は原作のタイトルどおりらしく、安息日の日曜日に鼠を殺した猫は、月曜日に処刑されるんだよ、という格言みたいなもの。

ペックシャリフ

スペイン内乱から20年後、ゲリラの闘士だったグレゴリー・ペックは遠く離れたフランスの地で暮らす。
かつての宿敵、アンソニー・クインは警察署長。ペックの母が危篤でスペインの病院にいることを知り、ペックをおびき出そうと考える。

神父オマー・シャリフはペックの母に会い、罠だから来てはいけない、との伝言をことづかる。

神父の逡巡。伝言を受けた子ども(親の仇の署長をペックに殺してほしいと思っている)の迷い。
母の危篤を知らせに来たペックの親友は、罠だとは言っていない。神父の話を聞いたペックは、親友と神父の伝言のどちらを信じるのか。
それぞれの心のうちのドラマが面白い。

ペックの決断は。
最後の選択は人間くさくて良い。
悪いことすると、自分がやられちゃうよ、という原作タイトルではなく、死を伴った馬という原題を付けた映画であることを考えれば、本作、ペックを否定はしていないと思われる。

モーリス・ジャールの音楽は奇妙に聞こえるところもあり、2年前の「アラビアのロレンス」的な風味が見えてしまう。
そういえば、アンソニー・クインもオマー・シャリフも、「アラビアのロレンス」に出演していたねえ。

ジンネマン、硬派ぽくてピシッとしていて甘くないのが映画としていいよな~と思える監督。

(10月30日)

BEHOLD A PALE HORSE
1964年 アメリカ作品
監督 フレッド・ジンネマン
出演 グレゴリー・ペック、アンソニー・クイン、オマー・シャリフ、パオロ・ストッパ、マリエット・アンジェレッティ

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


ぺっくシャリフクイン
こういうシーンはない。3人そろってのスチル写真。

(c) Columbia Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

蒼ざめた馬

>「日曜日には....」
 これもやっぱり、「録画したまま」です(笑)
このタイトルだけ聞くと、まるでチンプンカンプンです。原題を教えてもらって、ようやく少しだけ分かったような、分からないような....

 そもそも「黙示録」そのものが日本人には馴染みがない。でもキリスト教社会では、一般常識みたいに浸透しているのでしょう。「黙示録」にちなんだ映画も多いですね。

 クリスティのミステリーにもありますし、クリント・イーストウッドの作品にも「ペール・ライダー(Pale Rider)」というのがあります。こちらも「録画したまま」だったんですが、冒頭だけ少し観ました。イーストウッドは「蒼ざめた」というよりも「蒼白い」斑点のはいった馬に乗って登場します。ここでこういう馬に乗っているという意味は「死神」みたいな暗示でしょうか。冒頭の悪党どもを成敗するのでしょう、多分。

ジンネマン、好きな監督のひとりですね。
遺作の「氷壁の女」に関しては何回も触れてますが、「ジュリア」も昔から好きな作品。特に音楽がいいです。
しかし意外にも、ジンネマンって生涯で16本くらいしか撮ってないんですか?
完璧主義なのかも。

補足

IMDbによれば、30本以上載っています。
16本というのは、あくまでも某サイトのデータです。

>又左衛門さん

題名については、わかりませんよねえ。
「熱いトタン屋根の猫」みたいなイメージで、戦争とは関係ない人間ドラマなのかと考えていましたが、内戦がらみとは予想もせず、でした。

ジンネマンなら「真昼の決闘」を思い出しますが、もはや確固たるポジションにいる監督に思えます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3329-9e286d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「日曜日には鼠を殺せ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1964年アメリカ映画 監督フレッド・ジンネマン ネタバレあり

「AMY エイミー」 «  | BLOG TOP |  » 「ブレードランナー 2049」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード