topimage

2017-11

「AMY エイミー」 - 2017.11.09 Thu

繊細さの問題なのか。

麻薬や酒から逃れられずに破滅するミュージシャンが現れるのは。

エイミー・ワインハウスという歌手を、私は名前しか知らなかった。
この映画を見るまでは、歌を聞いたことさえなかった。
ジャズといえる歌だと思った。うまい。私の好みとすれば、好きなほうだと感じた。

ワインハウス1

幼いころに両親が別れたことで、彼女には影響が現れたらしい。
「抗うつ剤」という言葉も出た。

ただ歌えれば幸せ、音楽ができれば幸せ。
しかし、ヒットを飛ばし、受賞し、有名になってくると、好きなようにはできなくなる。業界内でのプレッシャーもあったのか。

アルコール依存、摂食障害に加えて、彼氏がせっせと麻薬にいそしむ人間で、彼女も一緒に耽溺する。
「ドラッグなしじゃ退屈なだけよ」のセリフに溜息が出てしまう。それじゃダメだよ、と。
マスコミが群がる。フラッシュの嵐は、興味本位の、悪意ある、まるで、突き刺さる「いじめ」の攻撃のようだ。

こうした特別な才能を持ったがために、尋常ではない人生を送ることになると、それに耐えきれなくなる人がいる、ということか。

麻薬などのさまざまな「依存」から離れていると不安や恐怖に包まれる。逃れるために「依存」に頼り、離れれば再び不安や恐怖。繰り返し。そういうことになるのだろう。
最後のほうは、見ていて、かわいそうになってしまうが、エイミー・ワインハウスというミュージシャンのことは、私の中に刻み込まれた。
映画の力は、そうした面にもある。

憧れだったトニー・ベネットと一緒にレコーディングできたり、幸せな時も少なからずあったと思えるのが、せめてもの慰めになる。

(11月8日)

ワインハウス2

AMY
2015年 イギリス作品
監督 アシフ・カパディア
出演 エイミー・ワインハウス、ローレン・ギルバート、ジュリエット・アシュビー、ニック・シマンスキー、トニー・ベネット

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) A24 Films

ブログパーツ

● COMMENT ●

ブレイク

ブレイクはさげちんどころの騒ぎでない。
とりまきが悪かった。

>まっつぁんこさん

ブレイク、彼氏ですね。一度、別れたようだったのに、また、くっついてしまったあたりが不幸だなと思います。すっぱり離れられたらよかったのに。

私も彼女の名前くらいしか知らなかったですが、若い才能が失われる過程を見るのは辛かったですね。
麻薬は怖いというのも改めて思いました。

>pu-koさん

20代で終わってしまうのは、なんとも、かわいそうです。
クスリやアルコール、中毒は最初を気をつけないといけないですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3330-546199dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「AMY エイミー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年イギリス=アメリカ映画 監督アシフ・カパディア ネタバレあり

AMY エイミー

AMY エイミー@神楽座

『AMY エイミー』 2016年7月8日 神楽座

『AMY エイミー』 を試写会で鑑賞しました。 エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画です。 (私はエイミー・ワインハウスを知りませんでした) 【ストーリー】  2003年にデビューアルバムをリリースしたエイミー・ワインハウスは、他を圧倒する歌唱力と歌声で一躍トップスターの仲間入りをする。第50回グラミー賞では年間最優秀レコードをはじめ5部門で受賞するなど大成功を収めるが、2011...

【映画】AMY エイミー

AMY エイミー(2015)イギリス/アメリカ 原題:Amy 監督:アシフ・カパディア 出演:エイミー・ワインハウス 日本公開:2016/7/16 オフィシャルサイト 【感想】 アフター・オスカー特集 今日はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞 27歳でこの世を去ったイギリスの歌姫エイミー・ワインハウスの半生を描くドキュメンタリー『AMY エイミー』で...

ショートレビュー「AMY エイミー・・・・・評価額1700円」

もしも、別の道を選んでいたら。 一度聞いたら忘れられない、独特の歌声。 2011年に27歳の若さで急逝したジャズ・シンガー、エイミー・ワインハウスのデビューから死までの軌跡を追った長編ドキュメンタリー。 冒頭、まだデビュー前のエイミーが友達と戯れるシーンから始まり、やがて音楽業界に注目された彼女は、瞬く間にスターダムを駆け上がる。 だけど、それは彼女にとって栄光と不幸の始まり。 ...

AMY エイミー

2011年7月23日に27歳の若さで急逝したイギリス人シンガーソングライター、エイミー・ワインハウス。 セカンド・アルバム『Back to Black』が全世界1200万枚のセールスを記録し、2008年にはグラミー賞5部門受賞という快挙を成し遂げた。 レディー・ガガら名だたるミュージシャンたちに賞賛され、世界中の音楽ファンに愛された歌姫の生涯を描いたドキュメンタリー。 ≪わたしは、ただ歌いた...

「アトミック・ブロンド」 «  | BLOG TOP |  » 「日曜日には鼠を殺せ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード