topimage

2017-11

「アトミック・ブロンド」 - 2017.11.15 Wed

シャーリーズの美しさとタフなアクションを見る映画。

諜報機関の一員であるシャーリーズ、敵に渡ってはいけない秘密リストの回収任務などにつく。
ときは、ベルリンの壁崩壊前夜。

シャーリーズが上司らに報告を行なう形で、任務がどのように進んでいったかが語られる。
彼女が任務を経て、現時点まで無事なことがわかる構成でもあるわけだ。

蹴飛ばし

見どころはシャーリーズのアクションシーン。
たぶん、ほとんど自分でやっているように見え、格闘から銃撃まで、よくやったねえ!と驚くほどで、トレーニングもリハーサルも頑張ったのだろうなと思う。
彼女はプロデュースも兼ねているから、気合いの入れ方が違うのだね。
クールで、かっこいい。

ソフィア・ブテラさんとの関係も、あっと驚く。けれども、見るほうとしては楽しい!
キャストを調べてみた、たった今まで、彼女がソフィアさんとは夢にも思わなかった。なにしろ、こんなに普通の(怖くない?)女の子の役、これまで見なかったから。

ふたりで

マカヴォイは、やらしい役。にくたらしい、という意味。…似合う。最後は、やられちまえ!と思ったよ。

スパイものとして、かなり、ちゃんとしている。
頭を使わないと、何がどうなっているのか、わかりにくいけど、スパイだから、しょうがないか。

長い格闘シーンからカーチェイスへ続くアクションは、特に見もの。目を見張る。

(11月12日 TOHOシネマズ みゆき座)

ATOMIC BLONDE
2017年 ドイツ・スウェーデン・アメリカ作品
監督 デヴィッド・リーチ
出演 シャーリーズ・セロン、ソフィア・ブテラ、ジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ

参考:アトミック・ブロンド|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

ブログパーツ

● COMMENT ●

トラックバック

いつもTBありがとうございます。
gooブログが、この11/27で「トラックバック機能を廃止する」と言う暴挙に出るため、トラックバックが受けられなくなります。
私自身はTB大歓迎なのですが、運営側が止めるのでどうしようもありません。
とても残念です。

>KGRさん

ありがとうございます。
TBがどんどん廃止されていますね。
いままでTBから、いろいろな記事をたどって読めていたのが、できなくなるのも痛いです。他の手段で記事を見つけないといけないわけでもあります。
FC2も、どうなりますことやら。

頭を使うスパイもの苦手なんですが、シャーリーズのアクション観たいです。
マカヴォイも出てるんですね。
彼はいつの間にか普通の役をやらなくなっちゃったなぁ・・という感。

>pu-koさん

シャーリーズは、昔っから、アクションものもやりますね!
ほほうと感心する(私は何様だ)ほど、がんばっています!
マカヴォイは、ろくでもないヤツです(役の上で)。

こんにちは

こんにちは!ご丁寧に弊ブログにコメントをして下さりありがとうございました!
いつもTBばかりさせていただき「読みました!」宣言しか残していない当方の失礼をお許し下さい。
本作、おっしゃっているように、
>シャーリーズの美しさとタフなアクションを見る映画。
それに加えて諜報物のドキドキも味わえるので、更に良かったです。
ちなみに、ジェームズ・マカヴォイ、こういう(嫌な)役が似合うのでは???とずっと前から私は思っていました(笑)。

こんにちは

シャーリーズを堪能する作品となってましたね。
アクションも激しくカッコ良かったです。
展開はシンプルなのにやけに複雑風になっておりました 笑

>ここなつさん

こんばんは。
いえいえ、こちらこそ、普段はTBしかしていませんので、とんでもありませんです。
もうちょっと、わかりやすくてもいいんですけどね。
マカヴォイさんの多重人格?のは観ていないのですけど、変な役、増えてきましたね!?

>yukarinさん

こんばんは。
シャーリーズ、がんばりますねえ!
スパイなので、うそ、ごまかし、裏切り、組み合わさって、めんどくさいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3331-808101ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アトミック・ブロンド」

シャリーズ・セロンがぶっちぎりで美しく強い。それだけを愛でようと鑑賞しに行ったのだが…。しまった、これは本格的なスパイ物の要素もあったんだ。本格的だなんて全然思わずに最初の方気を抜いていた為、中盤窮地に陥る。っていうかコレ皆さん初見で何のネタバレサイトにも触れず理解してらっしゃるの?自分がバカで嫌になる。が、自分はやめられないからなぁ。それに東西ドイツの地でのシャリーズ・セロンのように変装し...

映画「アトミック・ブロンド」@ユナイテッドシネマ豊洲

2017/10/27、ユナイテッドシネマ豊洲。 3番スクリーン、E列を選択。高さ的にはちょうど。 * シャーリーズ・セロン、ソフィア・プテラ、ジェームズ・マカボイ、ジョン・グッドマン。 * 1989年11月9日。 東ドイツ報道局長が記者会見で「誤った」発表...

アトミック・ブロンド

アトミック・ブロンド@ユナイテッドシネマ豊洲

「アトミック・ブロンド」、シャーリーズセロンのスパイアクション!本気です。

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞) R15+ シャーリーズセロン主演。 「ジョンウィッグ」のデビッドリーチ監督。 かなりハードな特訓を受けて、シャーリーズセロンは、さらに上を行く。 007女性版と言われるほど、アクション満載。 それも、ダメージを受けながらの奮...

アトミック・ブロンド

冷戦末期のベルリンを舞台に、シャーリーズ・セロンがMI6のスパイを演じるアクションスリラー。グラフィックノベルの「The Coldest City」をデヴィッド・リーチ監督が映画化。 アトミック・ブロンド (Atomic Blonde) ベルリンの壁崩壊直前の1989年のベルリン。MI6の諜報員が殺され、彼が持っていた腕時計が奪われます。その中には各国の諜報部員の全氏名が記されたリス...

アトミック・ブロンド

イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートンに、新たな指令が下される。

劇場鑑賞「アトミック・ブロンド」

全てを欺く… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201710200000/ 【輸入盤】Atomic Blonde - Original Soundtrack (Digi) [ アトミック ブロンド ]

アトミック・ブロンド  監督/デヴィッド・リーチ

【出演】  シャーリーズ・セロン  ジェームズ・マカヴォイ  ジョン・グッドマン  ソフィア・ブテラ 【ストーリー】 イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートンに、新たな指令が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは、世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロ...

『アトミック・ブロンド』(2017)

東西冷戦末期のベルリン、MI6の諜報員ガスコインがKGBの暗殺者バクティンに殺害され、世界各地で暗躍するスパイの名前を記したリストを奪われてしまう。バクティンはKGBをも裏切り、闇ルートでリストを捌こうとしていた。もしこのリストが明るみに出れば、国際情勢は大きく揺らぎかねない。MI6はCIAの協力を仰ぎ、リストを奪還すべく凄腕のエージェント、ロレーン・ブロートンを派遣、ベルリン支局のエージェ...

アトミック・ブロンド

シャーリーズ・セロンが綺麗でかっこいい あのシャキーンとした目も素敵すぎる いや~~~痺れたわ(笑) 最初から面白そうな感じが漂ってるし 音楽が大好きな80年代の洋楽 それが又いい感じで シャーリーズ・セロンが白いコートで かっこよく歩くシーンの曲が ん...

アトミック・ブロンド

評価:★★★☆【3.5点】(F)(F) 大した捻りもなく淡々と進むストーリーだが体を張った壮絶アクションは

アトミック・ブロンド★★★★

「モンスター」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のシャーリーズ・セロンが美しき最強女スパイを演じるサスペンス・アクション。冷戦体制崩壊直前のベルリンを舞台に、極秘ミッションに臨むヒロインが、次々と現われる刺客相手に壮絶な戦闘アクションを繰り広げるさまを、リアルかつスタイリッシュに描き出す。共演はジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ。監督はスタント畑出身で、「ジョ...

アトミック・ブロンド

アクション見応えあり。

アトミック・ブロンド

ハイヒールとウォッカ

17-308「アトミック・ブロンド」(アメリカ)

警察が来ると判っていれば、違う服を着ていったのに  冷戦末期の1989年。英国秘密情報部“MI6”の凄腕エージェント、ローレン・ブロートンは、何者かに奪われた極秘リストの奪還と、二重スパイ“サッチェル”の正体を突き止めよという密命を帯びベルリンに降り立つ。  早...

アトミック・ブロンド

東西冷戦下の1989年。 イギリス秘密情報部MI6の女性諜報員ロレーン・ブロートンは、世界中で暗躍する各国のスパイ名が記録された最高機密リスト奪還と、二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すため、西ベルリンへ向かう。 しかしMI6ベルリン支部の男性諜報員デヴィッド・パーシヴァルは非協力的で、全く信用ならない人物だった…。 スパイ・アクション。

「アトミック・ブロンド」Atomic Blonde (2017 KADOKAWA)

最初っから最後までシャーリーズ・セロン印のあんこがたっぷり入った作品。このお姉さんはとにかく作品に対する気合いが違う。アクションのトレーニングのために歯を折り、そこまで見せなくてもいいのに(見せてほしいけれど)胸やお尻を盛大に観客に披露してくれる。 映画秘宝のオールタイムベスト10を眺めていたら、セロンは大人気。もちろんそれはあの名作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」におけるフュリオサ...

映画『アトミック・ブロンド』★圧倒的なシャーリーズの魅力with魅惑のBGM♪

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172739/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ロレーン: シャーリーズ・セロン☆ ←目当て☆ ・デヴィッド: ジェームズ・マカヴォイ ・メルケル: ビル・スカルスガルド ! シャーリーズの女スパイが見たくて、楽しみでした! “アトミック・ブロンド”とはスゴイ! “原爆のよ...

『アトミック・ブロンド』('17初鑑賞117・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 10月24日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。

『アトミック・ブロンド』

原作コミックの映画化権を買い取り、自分で製作総指揮をして完成させたシャーリーズ・セロン渾身の全てを注ぎ込んだ女性スパイ・アクション映画。アクションシーンの98%をシャーリーズ・セロン自身が演じたことからもこの作品に賭ける彼女の熱意が伝わる。格闘シーン...

『アトミック・ブロンド』

シャーリーズ・セロンはいつ歳を取るの? 1975年生まれの現在42歳。それでこの美しさは何たることか!肌のシミやたるみはこの女優の辞書には載っていないのか。 そう思えるほど、'80sの楽曲に反応しなかった世代には、複雑で難解なストーリーよりも美しすぎるシャーリーズ・セロンにひたすら目を奪われるだけの映画でした。 続きはこちら→こねたみっくす『アト...

「ノクターナル・アニマルズ」 «  | BLOG TOP |  » 「AMY エイミー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード