FC2ブログ
topimage

2018-10

「オリエント急行殺人事件」 - 2017.12.12 Tue

最後の審判を下すのは、ポアロ!?

過去の映画版でも、海外のテレビ版でも見たことのあるお話。

奥様

犯人は知っているから、俳優がどんな演技をするか、映像でどんな見せ方をするか、のほうに注目が行く。
それがわかっているせいか、映画では謎解きに、あまり力を入れていない感じ。
乗客に、ひと通り聞き取り調査をして、あることとの関連性から、なんとなく解けていったような。

この事件、ポアロにとっては、ものすごく彼の中で葛藤する、稀有なものなのですよ。
究極の命題というか。

クライマックスでは、いつも泣いてしまう私。この話では。
今度も例に漏れず。

エンドロールで歌が流れるのだが、誰が歌っているのかなと見ていたら、なんと! 出演しているミシェル・ファイファーさんだ!
歌詞は多少聞き取れたけど、これ、歌詞の訳を出してほしかった。たぶん、映画の内容にからんで、しみじみするのでは?

戦争はもちろん、犯罪も、人を不幸にする。(義賊が不当に儲けた金持ちから奪う場合などは別かもしれない。)

家庭教師

家庭教師の役で、デイジー・リドリーさん。1週間後には「スター・ウォーズ」で、まるっきり違う人になる。
ライトセーバーは振り回していなかった。(当たり前)

さまざまな風景のなかを走る列車の光景が美しい。
列車のなかを歩いて客車や食堂車などをどんどん通り抜けていく人物をずっと追うカメラが、列車の長さと豪華さを見せる。そんな視覚的なテクニックも、いくつか工夫されている。
しかし、乗客の誰が印象に残るかといえば…ポアロかな!?(笑)

(12月10日 イオンシネマ 大井)

MURDER ON THE ORIENT EXPRESS
2017年 アメリカ作品
監督 ケネス・ブラナー
出演 ケネス・ブラナー、デイジー・リドリー、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ

参考:オリエント急行殺人事件|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

オチを知っているのにやはりクライマックスでは泣けてしまいました。
デイジー・リドリーはSWに出てたというのを忘れてました~かなり変わりますね。

こんにちは~♪

私も、種明かしの部分は結構さらりとして、少しも詳しくなかったなと思いました。やっぱり見て欲しい部分が違うからなのかと思いました。
「スターウォーズ」も楽しみですね♪

>yukarinさん

おはようございます。
気持ちを考えると、せつないんですよね。
デイジーさんのアクション、今週末、観る予定です!

>kiriyさん

おはようございます。
そうなんです、推理には重点を置いていない感じで、ドラマですよね。
「SW」は絶対に、すぐチェックします!

デイジー・リドリー

スター・ウォーズの人とは!
気が付きませんでした(^^)/

予習と復讐

今日、家内と約2年ぶりに一緒に観に行きました。無論字幕版。吹き替え版は草刈さんのポワロだそうですね。

行く前に、私なりに予習しました。シドニー・ルメット監督の映画版とデビット・スーシェ版のドラマを再見。連続して観てみて、両者にはかなりの「ニュアンスの違い」があることに気づきました。細かい部分の表現の違いも発見。

最大の違いは、ラストのポワロの感情の違い。
映画版(アルバート・フィニー)のポワロは犯人に同情的。
しかし、デビット・スーシェのポワロは犯人に同情しながらも、「犯罪そのものは赦せない」として、犯人を車内に閉じ込めます。そして「怒りの表情のまま」の顔のアップでドラマは終わります。
今回のポワロはアルバート・フィニーのそれに近いですね。

細かい部分では、ラチェットがポワロに身辺警護を依頼する場面の違い。
ドラマ版では、トビー・ジョーンズ(ミスキャストっぽい)のラチェットはポワロの前に札束を積みます。ポワロが拒否するとさらに札束を積み増します。こういうあからさまなシーンはどちらの映画でもなし。

今回のキャストで気になったのが、アーバスノット。たしか元々「大佐」という軍人のはず。医師の役はコンスタンチンのはずだが、省略したのか?

今回の映画版で良かったのは、俯瞰による、今までになかった表現。ラチェットが死んでいる部屋をこじ開ける場面など。ただネタバレでラチェットの遺体にナイフを刺すカットは見えないように配慮したのだろう。

ただ気になった点。ハバード夫人が刺される場面とアーバスノットの発砲には違和感。これはっきり言って「蛇足」でしょ。

最後に「エジプトのナイル川」で事件が.....これ、次回作の予告ですか?(笑)

ゴージャス

ボーさん☆
ポアロが最高に目立って巧かったですよね☆
ラストの最後の審判は、彼らが下すのもでもポアロが下すべきものでもないと、どうしても思ってしまって私は全く泣けませんでした。

>まっつぁんこさん

ええっ!
カイロ・レンも出ていたのに(うそです)。

>又左衛門さん

刺されたり撃ったりは、派手めにするための変更なのでしょうね。
ナイル川で事件、というのが、船で殺人事件発生なのかと思いましたが、原作ではポアロは事件発生前から船に乗っているわけですから…どういう話にするのでしょうかねえ。

フィニー版の映画は大昔に観たままで、記憶はないです。
スーシェ版のテレビは最近見たので、印象は残っていました。
オールスターでの映像化には似合う作品ですね。

>ノルウェーまだ~むさん

シェークスピア俳優でもあるブラナーにとっては、やりがいのある役ではないかと思いますよねえ。監督を兼ねるから、好きなようにできるし。
殺人は、どんな理由があっても罪ですからね…。

ポワロ三昧

>列車のなかを歩いて客車や食堂車などをどんどん通り抜けていく人物をずっと追うカメラが、列車の長さと豪華さを見せる
序盤の、豪華寝台列車に乗り込む人たちの期待と一抹の不安。狭い列車の通路の撮影が面倒なものですが、敢えて車外から撮影し、音声をシンクロさせて、旅の始まりのワクワク感を演出してますね。

>エンドロールで歌が流れるのだが、誰が歌っているのかなと見ていたら、なんと! 出演しているミシェル・ファイファーさんだ
 誰かは分かりませんでしたが、彼女「ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」でもちゃんと歌ってますからね。でも第一印象、「ミシェル・ファイファー、劣化したなぁ....」でした。特に首のところがねぇ。

このところ、連日ポワロ(スーシェ版)のドラマを観ています。映画はこの作品でちょうど120本まできたのであとは余勢で。下手な映画よりよほどポワロのほうが面白いです。予習として原作を、映画を観る前に確認したかったのですが、先週楽天で注文して、やっと今日届きました。品薄みたいです。

この映画を観て、これは「クリスティの忠臣蔵」だとますます感じましたね。というのも、「雪の降る深夜に、身元を隠して徒党を組んで、仇を討つ」というストーリーが「忠臣蔵」そのものなんですよ。見事「本懐を遂げる人たち」のすがすがしさ。だからポワロも彼らに心の中では拍手したのかもしれません。

 個人的には、「そして誰もいなくなった」をちゃんとしたキャストでリメイクしてほしいんですがね。

私がクリスティの作品で感心したのは「スタイルズ荘」です。
「一番怪しい人物は犯人じゃない」というミステリーの常識を覆した、このひねりにうなりました。「まいりました」と言わざるをえなかった。すごい。

>又左衛門さん

私も聞いていて誰かはわかりませんでしたが、エンドロールの英語で曲名が出て、歌っている人の名も出て、そこで知って、びっくりというわけです。
スーシェ版ポアロは、先日の再放送時に全部録画しちゃいました。あとから、また見たくなるかどうか?

忠臣蔵とは思いつきませんでしたね。なるほどです。
ブラナーで、今度も「ナイル」をやるということで、過去にも「ナイル」は映画化されているし、違うのをやればいいのに、とも思いますが、過去作への挑戦の意味があるのかもしれません。
同じオールスターで作れるにしても、「そして誰も」よりは「ナイル」のほうが観光気分で楽しめることもあるでしょうね。

こんばんは〜
なんか出演者たちの出番は少ないのは残念でしたよね。
でもケネス監督のポワロ、かっこよかったー
泣いちゃうんですか??

え、ミシェル・ファイファーの歌だったんだ?!

>migさん

おはようございます。
人数多いから、しかたないとはいえ、セリフが少ない人が。それでもギャラ高いのか!(笑)
泣きますよー。ええ。
エンドロールで、歌手名をしっかりチェックして、びっくりです。

え〜ケネス・ブラナー?と思い、観に行く気が起こらなかったのですが、こちらを読ませて頂いて、やっぱり行こうかな…と(冬ですし?) 。

前に書かせて頂きましたが、スーシェ版は2回見て、2回とも「うぅむ…」と唸らされました。こちらも記事にして頂きたいです〜。

↑スーシェ・ポアロの最後のね〜…あれは「怒りの表情」というか、私には、怒り&哀しみ&悔しさの入り混じった表情に見えました。

フィニー版(?)、戸田奈津子さんは「エレガントな作品」とおっしゃっていましたが、せれぶれてーな乗客たちの立ち居振る舞いも、ポイントではないかと思います。その中でイングリッド・バーグマンだけ、セレブではなくて、おどおどした感じが、流石、名演技だった…ことだけ覚えています。
かく言う私はセレブではないので、高速バスで移動中です(^_^;)

それにしても、キャッチ・コピー「全員が容疑者」…センスがひどすぎますよね。ボーさんの↑最初の一文の方がお上手だと思います。個人的に。

>モペ改め「謎の」ミトンさん

シェイクスピア役者は、けっこうポアロなんて、やってみたいんじゃないかなと思います。ほかのポアロ演者と比べると、ブラナーは、まだ、ぎらぎらしていますけどね。
追っかけをしても、息切れしない、若いときのポアロの設定?

スーシェ版は、最後の葛藤が、いちばん伝わってきました。ブラナー版は、そうでもない…よく言えば、シェイクスピアの演劇的。(どういうこった?)
フィニー版のときは、大スター競演の華がありますよね。今はスターの存在が身近になって、結果、小粒になった感覚なので、その点はどうも。

全員が容疑者…あ、犯人はポアロだ! いや、運転手だ! 同じ客車の乗客しか調べないのって、おかしくありません? 

熊倉一雄さんに感謝

>フィニー版のときは、大スター競演の華がありますよね。
 今回のは、「えっ、これ誰?」ていう人だらけ......予算の都合か......?

スーシェさんの声をあてた熊倉一雄さんの功績は大きかった。熊倉さんのおかげで、ポワロがうんと身近な存在になりました。しかも最後の「カーテン」までしっかり吹き替えしてくれました。

 数年前、某デアゴ(笑)社からポワロのDVDマガジンが発刊されました。購入を検討したのですが、肝心のポワロの吹き替えが熊倉さんじゃなかったんです。
版権の関係でしょうが、まったく聞いたことのない俳優さんの声でしたので、やめました。

熊倉さんが亡くなった今も、吹き替えでポワロを楽しめるのはうれしいことです。スーシェ本人の声は意外とソフトですね。字幕版でも楽しめます。 

>又左衛門さん

いまどき、豪華列車の旅が似合う俳優なんて、いませんよ…。
そうなると、次のナイルの客船旅、誰が出るんでしょうね。

私も、録画したディスクは日本語でも英語でも見られるので、将来(?)見るとき楽しみです。
ポアロが熊倉さん? とはじめは思いましたが、今ではそれ以外考えられない、NHKの人選はお見事です。ホームズの露口茂さんも同様。

リドリー・スコット

またこの映画に話を戻しますが、エンドロールを観ていて、「あれっ!?」と思ったのが、「制作」陣の中に「リドリー・スコット」の名前を見つけたとき。何か場違いな気がしました(笑)

でも帰りに買ったパンフレットには、「リドリーは大のクリスティ・ファン」と書いてありました。まぁ、イギリス人は普通に読むんだろうなぁ。
そして今回、脚本を書いているマイケル・グリーン。彼は「ブレード・ランナー2049」も書いてるんですね。なるほど納得。

>又左衛門さん

リドリーくんには私も驚きました。
けっこう、いろんな映画をプロデュースしていますが。
自分で監督したら、どんな映画になっちゃうんでしょねえ。

A「この映画には名優が必要だった」
B「だから最初に名優じゃない奴を殺すのだな」
ジョニデ「おい(怒)」

>fjk78deadさん

ボー「わが家の俺ABが副業バイトをしている…ジョニデはバイトしようが、どうでもいいが」
ジョニデ「なんだとー」

これ、二時間サスペンスだと大体もっともネームバリューのある人が犯人なんですよね。それにもっともふさわしいジョニー・デップが被害者だったというのがサプライズでした

>SGA屋伍一さん

まー、デップも犯人のようなものではないですか。
ネームバリューの線からいくと、犯人は…ミシェル・ファイファー? そうだったのか!

こんばんは

原作がどうだったのかもう覚えてないですけど、
自分で「世界一の探偵です」とか言っちゃうのも
映像化しちゃうとうーん、なんか違うなーという感じでした。
ドラマ版はみていないのですが、そちらのラストは悲哀めいていたようですね。
デップはもっといやらしい人物を演じてても良かったような気がします。こういった汚れ役?なのに、それを楽しんでノリノリに演じてたような感じがなかったのが残念。
個人的には、デップ客室での遺体を確認のシーンが、
カメラのアングルが今一つに感じました。(後ろの窓から客室を覗く人物たちを映している)
わざとなんでしょうが、ミステリー映画ですから、前作映画(フィニー版)のほうがそのへんきちんと描かれてた気がします

>makiさん

こんばんは。
テレビのスーシェ版は、探偵自身の最後の葛藤、どうするべきか、が大きかったです。
デップ客室、上から撮ったりしていたんでしたっけ、もう記憶が薄れて。
あ、窓越しに、ですね。映像的に、変わったことをしてみたかったのかも?
ミステリーの解決は、過去の事件を知ったら、わかっちゃった、みたいな?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3345-fdbc5dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

『オリエント急行殺人事件』 2017年12月6日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

『オリエント急行殺人事件』 を試写会で鑑賞しました。 イベントにも参加してケネス・ブラナーのサインをゲットしました 【ストーリー】  トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客の...

オリエント急行殺人事件

 アメリカ  ミステリー  監督:ケネス・ブラナー  出演:ケネス・ブラナー  

劇場鑑賞「オリエント急行殺人事件」

この世界には善と悪しかない… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201712080000/ 【輸入盤】オリエント急行殺人事件 [ O.S.T. ]

「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美

映画『オリエント急行殺人事件』は、1974年のシドニー・ルメット監督作を43年ぶ

「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画

なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか? なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか? それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。 舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと言える。

オリエント急行殺人事件

2時間ドラマにはやっぱり崖 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie 原作: オリエント急行殺人事件 (アガサ・クリスティー著)監督・主演: ケネス

オリエント急行殺人事件

アガサ・クリスティーの名作ミステリーをジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリー、らをはじめとする一流キャストの豪華共演で映画化。大雪で立ち往生したオリエント急行を舞台に、密室の車内で起きた殺人事件を巡って、容疑者である乗客全員にアリバイがあるという難事件に挑む名探偵エルキュール・ポアロの活躍を描く。監督はポアロ役で主...

オリエント急行殺人事件

トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。 車両に居合わせたのは、共通点といえば目的地のみというさまざまな境遇の13名。 そして、もう一人乗り合わせたのが、“世界一の探偵”エルキュール・ポアロ。 列車という密室で再び殺人者が人を襲う前に、彼は事件を解決しなければならない…。 ミステリー。

オリエント急行殺人事件

 本作は、アガサ・クリスティの有名な推理小説(1943年)を実写化したものです。同推理小説は、1974年にも実写化され、またイギリスのTVドラマ『名探偵ポワロ』の中でも取り上げられています。ですから、ストーリーはよく知られているとは言え、ジョニー・デップなどの著名俳優がたくさん出演して描き出される本作を見ると、やはり映画に引き込まれます。ただ、雪崩で停まってしまった列車の中は明かりがなく...

『GODGILLA 怪獣惑星』『オリエント急行殺人事件』『仮面ライダー平成ジェネレーション』『火花』『カンフー・ヨガ』『未成年だけどコドモじゃない』『リベンジgirl』『DESTINY 鎌倉ものがたり』

トーホーシネマズ・フリーパス使用した映画まとめ 『GODGILLA 怪獣惑星』トーホーシネマズ新宿4,1 ▲画像は多分、後から。 五つ星評価で【★★,★★★「俺は、お前を……」少女マンガっぽいな】 最初、見た時は「なんか規模感メチャクチャで痛いな」と思って、それはそんなに間違えてないのだけど、二回目みたら、それは規模感間違えないと話として進行できないのだなと、自分の中で感...

正解の車窓から アガサ・クリスティー ケネス・ブラナー 『オリエント急行殺人事件』

昨年の12月はスターウォーズがあったせいか洋画大作の公開がえらく少なかったんです

映画評「オリエント急行殺人事件」(2017年)

☆☆☆(6点/10点満点中) 2017年アメリカ=マルタ合作映画 監督ケネス・ブラナー ネタバレあり

「ジャスティス・リーグ」(2回目) «  | BLOG TOP |  » 「パーティで女の子に話しかけるには」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード