topimage

2018-05

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」 - 2017.12.21 Thu

こんな、力のある編集者がいたんだねえ。

フィッツジェラルドやヘミングウェイの本を出し、本作では、トマス・ウルフを見出す。

編集

大長編の原稿を、いかに短くするか、編集者と作家の二人三脚の長い作業が始まる。
いまの時代だと、そういう作業をするのかどうか知らないが。(そもそも、削ってもいい部分が大量にあるような大長編を書く人がいるかどうか。)

ウルフにとっては父親がわりとも思えるパーキンズとの関係。
パーキンズとしても、娘ばかり5人の子どもを持ち、ウルフは息子のようでもあっただろう。
ウルフのパトロンで、一緒に暮らしている女性は、ウルフを取られたかの思いに陥り、編集者に嫉妬する。

映画は、パーキンズとウルフの関係を主軸にした。
コリン・ファース、ジュード・ロウ、ニコール・キッドマンに加えて、パーキンズの妻の役でローラ・リニー、それぞれ好演。

作家

トマス・ウルフって、こういう人なのね、と知ることができた映画。
もう少し、お互いの男女間(夫婦、恋人)の関係のドラマも多く見せてくれたら、もっとドラマティックになったかも?

パーキンズさん、家で食事のときも帽子をかぶっていて、驚いた。
そんな彼が、ついに帽子を取るときがある。それはそうだよな、というシーンではあったが、気持ちが伝わる。

(12月20日)

GENIUS
2015年 イギリス・アメリカ作品
監督 マイケル・グランデージ
出演 コリン・ファース、ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、ローラ・リニー、ガイ・ピアース

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Genius Film Productions Limited 2015

ブログパーツ

● COMMENT ●

トマス・ウルフと、ヴァージニア・ウルフって無関係?

狼が好きなんじゃないかな…狼の血族だったり?…しないよな。

見たいのは「ベストセラー」より「バストセラー」だなあ。

>fjk78deadさん

ワインセラーみたいに並んでいるといいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3348-3ae647b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

どんどん削ろう 公式サイト http://best-seller.jp 実話に基づいた映画 原作: 名編集者パーキンズ (A・スコット・バーグ/草思社) 1920年代のニューヨーク。ある日、編集者マッ

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』『ハドソン川の奇跡』をギンレイホールで観て、あんまよう分からんのと分かりすぎるのとふじき★★,★★★

◆『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』 ▲コリン・ファース(左)のスーツの仕立ての良さげな事。 内に着こむ部分はピッチリ仕立てて軽く動きやすく、 外に着こむ部分は防寒で厚手で隙間ないような堅牢さで作られている。 五つ星評価で【★★躁の作家と鬱の編集者か】 リアル会社でトラブルのケツふいてた為、 いたく疲労まみれでズブズブに鑑賞して撃沈。 実にサラリーマンチックな...

【映画】ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

  ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2016) イギリス/アメリカ 原題:Genius 監督:マイケル・グランデージ 脚本:ジョン・ローガン 出演:コリン・ファース/ ジュード・ロウ  / ニコール・キッドマン/ ローラ・リニー /ガイ・ピアース 日本公開:2016/10/7 【あらすじ】 アーネスト・ヘミング...

「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」 «  | BLOG TOP |  » 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(1回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード