FC2ブログ
topimage

2018-11

「鷲は舞いおりた」 - 2018.01.24 Wed

チャーチル誘拐計画、というのが面白い。

主役がドイツ軍人たちだが、演じるのは、マイケル・ケインなどで、英語をしゃべっているから、彼らはドイツ人だよーと思い込まないといけない感じが多少ある。
別に、それがいけないわけではないが。

ワシ?

イギリスに乗り込むまで1時間近くあっただろうか。
計画が思わぬ方向へ向かう以後が、展開急で楽しめる。

しかし、いちばん衝撃だったのは、序盤、逃げようとしたユダヤ人の顛末だった。

公開当時は「儂(わし=わたし)は舞いおりた」なんて言って、ふざけていたものだよ。

(1月14日)

THE EAGLE HAS LANDED
1976年 イギリス作品
監督 ジョン・スタージェス
出演 マイケル・ケイン、ドナルド・サザーランド、ジェニー・アガター、ジーン・マーシュ、ジュディ・ギーソン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

わしは、また降りた。

しわは舞いおりた。

こんにちは。

どうしても悪側にされるドイツ軍ですが、この作品では(あくまでもこの部隊ですが)ドイツ軍の新しい一面を見たような気がしました。
彼らは礼儀正しくて、格好いいんですよね。

それが為に、作戦が露呈した時がなんとも皮肉な話だったと思います。

ユダヤ人に関するくだりは、本当に無慈悲で怖いですね。

>白くじらさん

おはようございます。
ドイツ側から描いた映画は、あまり見ませんからねー。
いいことをしたために失敗するとは、なんてこったい! です。

逃げても殺されるって、もう、そんな運命ってどうなの!?と、やりきれませんです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3368-1f0ea84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「鷲は舞いおりた」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1976年イギリス映画 監督ジョン・スタージェス ネタバレあり

「バイオハザード ディジェネレーション」 «  | BLOG TOP |  » 「獣は月夜に夢を見る」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード