topimage

2018-04

「バイオハザード ディジェネレーション」 - 2018.01.25 Thu

「バイオハザード」のフルCGアニメ1作目。

案外、面白い。
実写版でお馴染みのクレア・レッドフィールド(実写版では「バイオハザードⅢ」「バイオハザードⅣ アフターライフ」「バイオハザード:ザ・ファイナル」に登場)、レオン・S・ケネディ(実写版は「バイオハザードⅤ:リトリビューション」に登場)、ほかに特殊救助隊S.R.T. (Special Response Team)のアンジェラ・ミラーなどが活躍する。

クレアたち

ディジェネレーションとは、変質とか退化といった意味。
人間がT-ウィルスで変容した姿を指しているのか。

実写版ではアリスとともに戦っていたクレアだが、いまはバイオテロや薬害の被害者救済のNGOに属している。
ラクーンシティでバイオハザードが起きた7年後の2005年、彼女が空港でゾンビ化した人々と遭遇することから物語が始まる。
舞台は研究所へ移り、クリーチャーとの戦いに。

実写版は日本製ゲームから生まれたものであり、本作も日本人スタッフによる日本製作映画。
出演者は外国人だけど。

(1月20日)

関連記事:「バイオハザード ダムネーション」

BIOHAZARD: DEGENERATION
2008年作品
監督 神谷誠
声の出演 山野井仁、甲斐田裕子、安藤麻吹、小山力也、矢島晶子

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Sony Pictures Entertainment

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

動画サイトで見たこれの特典が結構面白かったです
色々みんな考えるなあと感心しました

当時みたときはすげー!リアルと思ったけど
今見たらきっと粗が目立つんでしょうね
年月って怖い

>makiさん

こんばんは。
え、特典? 探してみようっと。

載せた画像を見ると、クリアではないんですよね。ぼやけているふうな。
でも、おもしろく見たので、よいです。

嫉妬クレア

ボーさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました。

本作を観てた当時はPS3でバイオハザード5の発売が間近にも迫っていたので、前日譚的なストーリーはイチファンとして自分もかなり面白く観てた記憶があります。

面白いと言えば特典映像も笑えますよ。クレアが嫉妬して起爆ボタン押しまくるんですw『クレア嫉妬』でyoutube検索すれば出るはずです(笑

>メビウスさん

こんばんは!
探してみましたが、ボタン1回押して、爆発して、8時だヨ全員集合のコントのエンディングミュージックになって…というのしか? それ、特典ですかー?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3369-b1991e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バイオハザード ディジェネレーション

【概略】 ラクーンシティの惨劇から7年後。再びT-ウィルスによるゾンビ化の恐怖に襲われた街を救うため、特殊部隊が現地に向かう。 アニメーション .0★★★☆☆ セルのみかと思っていたらレンタルもしてたので借りてみました(弟が)。そういうわけで弟とふたりでみたんですが、それはまあ姉弟なので、忌憚ない意見で突っ込みつつみてました(笑) 残念ながら特典はないですが、それは動画サイトで見られたので、...

『バイオハザード:ディジェネレーション』 ('09初鑑賞136・Blu-ray)

☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 9月25日(金) ソニーのBlu-rayキャンペーンの懸賞で当たった Blu-rayDisc にて鑑賞。

【DVD】バイオハザード ディジェネレーション(評価:☆)

【監督】神谷誠 【声の出演】ポール・メルスィエ/アリソン・コート/ローラ・ベイリー/スティーヴ・ブラム/ミッシェル・ラフ/マイケル・ソリッチ/クリスペン・フリーマン/ロジャー・グレイグ・スミス 【公開日】2008/10.18 【製作】日本 【ストーリー】 ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したtーウィルスが感染拡大を引き起こし住民ら...

「バイオハザード ダムネーション」 «  | BLOG TOP |  » 「鷲は舞いおりた」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード