topimage

2018-02

さよなら日劇ラストショウ - 2018.02.05 Mon

有楽町のTOHOシネマズ日劇、2月4日のラスト上映の日に観に行ってきた。

外看板

ビルの外側の看板。

受付

1階のチケット窓口上の掲示。

劇場前

9階の劇場スクリーン2、スクリーン3の入口前。11階にいちばん大きいスクリーン1があるが、きょうはそこでは観ない。

あな

まず、スクリーン3で「アナと雪の女王」(吹替版)を観賞。何度も観ているが、久しぶりなのと、大きなスクリーンと劇場のスピーカーの音声での観賞は、やはり感激する。ただ、お客は半数ほどに思えた。終映後、少しだけ拍手が。私も含めて。

ごじ

知人のご夫妻と合流して、お昼ごはんのあと、スクリーン2で「ゴジラ」。東宝といえばゴジラだし、宝田明さんの舞台挨拶があるし、最終上映映画になるし、で、満員。始まると、タイトルその他、ところどころで拍手が起きる。

あきら

上映後に宝田さんが登壇。マスコミ用のフォトセッションになってからの写真はOKとのことで、遠くからボケボケだけど撮った。映画のときは20歳、今年で84歳になるとのことで、お元気! ずっと、しゃべり続けるのではという勢い。ユーモアも交えて。ギャレス・エドワーズ監督の「GODZILLA ゴジラ」で、入国審査官の役で撮影されていたことをお話しされて、私は初耳で驚いた。でも、映画が長くなったのでカットされたそうで、なんとも残念。
映画.comの記事が、詳しいです。

映画館は日比谷に移り、「TOHOシネマズ日比谷」として、3月29日にオープンする予定。


ブログパーツ

● COMMENT ●

宝田さんは日本の宝だ!

日本のレジェンドだ!

偉大なる小林一三翁

以前、NHKで阪急・東宝グループ創業者の小林一三氏のドラマを観ました。
この人はホントに時代に先駆けて、鉄道敷設事業と、その沿線の住宅開発・販売、日本で最初のターミナル・デパートの創業、また宝塚歌劇団の創設と、次々に凄い事業を成功させてきました。テニスの松岡君の曽祖父にあたる人です。

今や映画界における東宝は「独り勝ち」状態ですもんね。大映も日活も経営的には失敗し、大映は角川になりました。

今、昼のテレ朝で「越路吹雪物語」のドラマ観てますが、小林一三という人は、商売上手ですよね。そしてエンターテインメントの力というものを信じていたんだと思います。多数の人が集まる、興味を持つものを開発すれば、お客はおのずと集まってくる。それが歌劇であり、映画だと。いつの時代でも人は娯楽を求めている。

私は学生時代、神戸の阪急沿線に住んでいました。
1970年代初めに、もう「自動改札」が導入されていました。おそらく日本初だと思います。

>上映後に宝田さんが登壇。
ご本人が観れたなんてラッキーですね。
>ギャレス・エドワーズ監督の「GODZILLA ゴジラ」
この映画に出演した、渡辺謙さん。オリジナルの「ゴジラ」観たことないとか。不勉強にもほどがある.....

ところでこの日劇跡地は何になるんでしょうか.......?

>又左衛門さん

跡地は、スクリーン1が貸しホール、隣どうしの2と3はプラネタリウム中心の複合型映像体験施設になるそうです。

東宝は映画製作も映画館も、確実に商売していますね。
映画館だけ見ても、松竹系、日活系より、ずいぶん充実しています。

松岡修造の曽祖父でしたか! それは知りませんでした。違うほうへ才能を伸ばしたのですね。

渡辺謙。ゴジラ映画に出るのに「ゴジラ」を見ていないとは。見る手段がなかったのでしょうかね。見ても見なくても関係ないと思ったのでしょうか、西郷どんのお殿様、斉彬…。

松岡功氏

>松岡修造の曽祖父でしたか
お父さんの松岡功氏(元東宝会長)も有名なテニス・プレーヤーでデビス・カップ日本代表までなったそうですよ。修造氏はお父さんの血を引いたんですね!
しかも偶然ながら、私の母校の大先輩でもあります。

>又左衛門さん

そんな血統だったとは!
ニュースかなにかで偶然見るか、調べなければ、わからないでしょうけど、興味がないと、知らないままですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3374-448f107a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

読書記録(2018年1月) «  | BLOG TOP |  » 小泉さん誕生日

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード