FC2ブログ
topimage

2018-11

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」 - 2018.03.03 Sat

ひとりの少女の命か、将来のテロ阻止かに絞ったサスペンスがおもしろい。

空からの監視、「ゼロ・ダーク・サーティ」でも見たような記憶が。
鳥や昆虫の形をして、しかも飛ぶカメラ! 現代は、鳥や虫を見ても、これカメラじゃないのか?と疑うしかないのか!

へれ

逮捕対象人物を監視していると、そこでテロを準備しているのを発見。
その家をドローンで爆撃しようとするが、少女が家のそばでパンを売っている。
彼女を家から引き離したいが、思ったようにうまくいかず…。

軍人は政治家に作戦の了承を得ようとする。現場の軍人と、現場にいない政治家の立場の差。加えて、政治家は責任を負いたくないということもある。
その、やりとりもおもしろい。

本作は、ひとりの少女の命を考えているが、現実の戦場で「そんなこと」が考えられているのかは、はなはだ疑問。

しつこく言うが、親切な説明過剰の押し売りの副題は不要。

(2月25日)

あら

EYE IN THE SKY
2015年 イギリス・南アフリカ作品
監督 ギャヴィン・フッド
出演 ヘレン・ミレン、アラン・リックマン、バーカッド・アブディ、アーロン・ポール、フィービー・フォックス

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) eOne Films(EITS)Limited

ブログパーツ

● COMMENT ●

ギャビーンとなったロビン・フッドが監督か。ギャビン・フッド。

…あのねえ。

宇宙刑事みたいな監督だな。

>fjk78deadさん

今度は「宇宙刑事ギャフン」でつくってほしいです。

ほんと。
この副題の意味をなさないことったらないです。

少女の命を強調することで、他人事と思いがちな(←申し訳ない)空爆が、より現実的なものとなって緊張感が高まり、役人たちの議論にも興味が向いた気がします。
でもって、一番印象的だったのはカメラ搭載の昆虫型ロボットですねぇ。
はい、昆虫見たらカメラを疑い、リモコン操作してるやついないか確認せねば(汗)
いやマジ怖い時代です。

>pu-koさん

ひとりの命と、大勢の命と、どちらが…という問題は永遠にあると思いますが、そのあたり、うまく見せてくれる映画でした。
昆虫カメラに限らず、監視カメラは街中にたくさんあったり、盗聴手段も多様にあったり、電波ジャックされたり、パソコンデータも盗まれたり、気をつけませんとね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3392-19f30f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年イギリス=南ア合作映画 監督ギャヴィン・フッド ネタバレあり

劇場鑑賞「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」

ひとりか、多数か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201701160000/ 【映画ポスター】 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 /インテリア アート おしゃれ フレームなし /片面

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」 ユーロライブ(試写会) イギリス軍の諜報機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は国防相のベンソン中将(アラン・

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」

「Eye in the Sky」2015 UK/南アフリカキャサリン・パウエル大佐はフランク・ベンソン中将と協力し英米合同テロリスト捕獲作戦の指揮に当たっている。ある時、米国軍の最新鋭ドローン偵察機がケニアのナイロビでテロリストのアジトを突き止める。しかもアジトでは今正に自爆テロを決行するための準備が行われていた。パウエル大佐はテロリスト殺害のため、ドローンでのミサイル攻撃決行を決断する。や...

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 2016年11月29日 ユーロライブ

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は良い 是非ご覧になってください。 【ストーリー】  イギリス軍諜報(ちょうほう)機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、ケニア・ナイロビ上空の偵察用ドローンからの情報を基に、戦地からほど遠いロンドンでアメリカとの合同軍事作戦を指揮している。大規模な自爆テロ計画の情報をキャッチした彼女は、アメリカ...

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場・・・・・評価額1700円

それは、ごく簡単な作戦のはずだった。 ナイロビの反政府武装勢力の支配地域に潜伏するテロリスト。 地球上の遠く離れた数カ所から、彼らの拘束作戦を見守る人々がいる。 全体を指揮するイギリス軍の司令部、上空から監視するドローンをコントロールするネバダの米軍基地、現地に展開する地上エージェント、そして作戦の最終的な許認可権を持つ、英国の政治家と官僚たちの会議室。 シンプルな拘束作戦は、タ...

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」@アキバシアター

 ぴあ映画生活さん独占試写会。客入りは7割位。お子さんから年配の方まで幅広い客層だ。映画終了後に八雲ふみねさん司会、春香クリスティーンさんをゲストに招きトークショーが開催された。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 @ニッショーホール

『アイ・インザ・スカイ』『ヒトラーの忘れもの』『湯を沸かすほどの熱い愛』をギンレイホールで観て、痺れる痺れる変に痺れるふじき★★★★,★★★★,★★★★

◆『アイ・インザ・スカイ』 ▲何でも器用によう演じるわ。 五つ星評価で【★★★★ヘレン・ミレンの存在感が光る。ヒリヒリくる佳作】 ヘレン・ミレンの指揮官が効いている。 本来、この役は男の役者に振られるような役だし、 男の役者に振られたら感情的に好戦的に演じられそうな役だ。 ヘレン・ミレンは全く冷静に一個の部品のように演じた。 よい軍人は作戦遂行を目的とし、そこまでの最短...

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

ケニア・ナイロビ上空6,000メートルを飛ぶ無人偵察機が、今まさに自爆テロが行われようとしていることを突き止めた。 英米合同軍事作戦を指揮するのは、イギリス・ロンドンにいる英軍諜報機関のキャサリン・パウエル大佐で、アメリカ・ネバダ州の米軍基地では、新人ドローン・パイロットのスティーブ・ワッツが強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入った。 しかし、殺傷圏内に民間人の幼い少女がいることが判明す...

【映画】『アイ・イン・ザ・スカイ(原題)』アラン・リックマン遺作のドローン戦争映画

  アイ・イン・ザ・スカイ(2015)イギリス 原題:Eye in the Sky 監督:ギャヴィン・フッド 脚本:ガイ・ヒバート 出演:ヘレン・ミレン/アラン・リックマン/アーロン・ポール/ バーカッド・アブディ 日本公開:2016   【あらすじ】 英国軍大佐キャサリン・パウエルは、ナイロビの爆弾テロ事件の犯人を捕ら...

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

現場と会議室 公式サイト http://eyesky.jp 監督: ギャヴィン・フッド  「ツォツィ」 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 「エンダーのゲーム」 イギリス、ロンドンで軍の諜報機関の

「ダイバージェント FINAL」 «  | BLOG TOP |  » 「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード