FC2ブログ
topimage

2018-09

「高慢と偏見とゾンビ」 - 2018.03.17 Sat

もうちょっと、アクションが多いかと期待したが。

映画館で公開したときに、観てみたかったなと思った作品ではある。
最初のほうに出るクレジットを見ていて、ナタリー・ポートマンさんがプロデューサーのひとりなのに驚き。
あー、こういうのも好きなんだ! と、うれしい。

うえ

コスチュームプレイに、ゾンビを合わせたアイデア。
ジェーン・オースティンの文学作品「高慢と偏見」は読んだことがないし、映画などでも見ていない(気がする)ので、そのとおりの話なのかわからないのが残念。

姉妹全員でゾンビをやっつけるのは序盤に一度あるだけで、物足りない。
姉妹で武術の(?)トレーニングをしたりもするが、基本的にアクション女優さんたちではないから、そんなに活劇シーンがなかったのかもしれない。

リリー・ジェームズさんは、口が「への字」のイメージもあるけど、私は好きだ! 私はブロンド好きだが、ブロンドのベラ・ヒースコートさんより好きだ。アイパッチのレナ・ヘディさんより好きだ。
リリーさんファン(私とか)には、彼女を見るだけで、じゅうぶん満足な映画。

(3月17日)

した

PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES
2016年 アメリカ・イギリス作品
監督 バー・スティアーズ
出演 リリー・ジェームズ、ベラ・ヒースコート、エリー・バンバー、ミリー・ブレイディ、レナ・ヘディ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2016 PPZ Holdings,LLC

ブログパーツ

● COMMENT ●

あーでも、これは元を見てると、なぞりが中々絶妙でおもろいのですよ。

まーもちっと一般的に「ロミオとジュリエットとゾンビ」くらいメジャーな物を作ればいいのかもしれないけど。

>fjk78deadさん

元ネタしこんであればよかったですねえ。
まあ、それなりに楽しんだので(女の子で)、よしとします。

こんにちは

元ネタを知っているとより楽しめるんですよ、これが!
オースティンの高慢と偏見は、
コリン・ファース版がわかりやすい。
映画ではキーラ・ナイトレイの「プライドと偏見」でもいいかも。

私はどちらもみているので、
いやもう乙女心ワックワク&ホラー要素でときめきでしたよ(反対じゃない…?)

>makiさん

こんばんは。
「高慢と偏見」映画見ておけばよかったですねー。べつに、偏見をもって高慢に避けていたわけじゃありませんが、かったるそうなイメージではあった…かな?

『高慢と~』で登場人物のキャラやら時代性を知って観るとシニカルで面白いんですが、ゾンビものを期待するとグロが足りないってことになりますね。
でもリリーちゃんがアクションまでこなすのを見るのは、私も楽しかったです。

>pu-koさん

彼女のリリーつながりで、ありがとうございます。
アクションは大変だった、と私の彼女は言っていましたよ。
もう少し元ネタを知ってたら、なおよかったです。
1本の映画で、文芸とゾンビとの比重を考えると、こんなふうになったのかもしれないですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3400-5b43bafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『高慢と偏見とゾンビ』 2016年9月23日 よみうりホール

『高慢と偏見とゾンビ』 を試写会で鑑賞しました。 本日の2本目であるが、珍しく2本ともGAGAの作品であった。 【ストーリー】  18世紀のイギリスで、謎のウイルスが原因で大量のゾンビが出現し、人々を襲撃するという事件が発生。田舎で生活しているベネット家の、エリザベス(リリー・ジェームズ)ら5人姉妹はカンフーを駆使してゾンビと戦う毎日を過ごしていた。ある日、エリザベスは大富豪の騎士である...

高慢と偏見とゾンビ

高慢と偏見とゾンビ@よみうりホール

映画評「高慢と偏見とゾンビ」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ=イギリス合作映画 監督バー・スティアーズ ネタバレあり

『高慢と偏見とゾンビ』『少女』『ジェイソン・ボーン』『貞子vs伽椰子』をまとめてレビュー

トーホーシネマズデー+1(山本美月繋がりで巻き込み)をまとめて駆け足で。 ◆『高慢と偏見とゾンビ』トーホーシネマズシャンテ1 ▲「キッコーマンとハイネケンとゾンビ」っての思い付いた。 五つ星評価で【★★★そのゾンビはゾンビではないだろうけど、それでも許せるゆるいゾンビ映画】 原作未読。元になる『高慢と偏見』は同じく原作未読だが、映画化された1995年の『高慢と偏見』、20...

『高慢と偏見とゾンビ』('17初鑑賞119・WOWOW)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 10月29日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。字幕版。

高慢と偏見とゾンビ

【概略】 ゾンビウイルスが蔓延する18世紀のイギリス。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な人との結婚を夢見ながら、得意のカンフーでゾンビと戦う日々を送っていたが…。 ホラー .5★★★☆☆ 英国文学史上不朽の名作×ゾンビがはびこる終末世界。 登場人物たちが真面目にジェーン・オースティンの「高慢と偏見」をしてる中でゾンビが出現するという強引な展開が笑えます。 本...

【映画】高慢と偏見とゾンビ

高慢と偏見とゾンビ(2016) アメリカ 原題:Pride and Prejudice and Zombies 監督/脚本:バー・スティアーズ 出演:リリー・ジェームズ / サム・ライリー /  ジャック・ヒューストン/ ベラ・ヒースコート/ ダグラス・ブース 日本公開:2016/9/30&#160...

「アナと雪の女王/家族の思い出」 «  | BLOG TOP |  » 「古都」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード