topimage

2018-07

「アナと雪の女王/家族の思い出」 - 2018.03.18 Sun

「リメンバー・ミー」より、併映のこちらが楽しみな私である。

そもそも、おまけの短編の感想文など書かないブロガーがほとんどだと思うが、あいかわらず私は好きなものは書く。
22分もあると知って、「リメンバー・ミー」目当ての観客には「チッ、なげえよ」と言われるに違いなく、少し申し訳ない。
いろいろ流れる予告編と合わせたら、「リメンバー・ミー」にたどり着くまで40分くらい、かかるのではないか。
しかし、わたしのかわいいアナのせいでは、まったくない。
アメリカでは、ちょっと経ったら、同時上映をやめたらしい。かわいそうだろ、アナが。

かぞくの

エルサとアナは、パーティの準備をしている。クリスマスなのだ。
観ているこちらとしては、実際はもう春なので、季節感どうよ?と思ってしまうが、わたしのかわいいアナのせいではない。

でまあ、おまけだってのに、ネタばれを避けて…
オラフが城下の家庭を訪ねて、「クリスマスって何するのう~?」(オラフの声で想像してください)と聞きまわったりします。
エルサとアナには、クリスマスの思い出がないんですよね。エルサが引きこもりだった(微妙に意味が違う)から、お祝いごとなんて、してこなかったんだ…。

22分あるせいか、歌も数曲あり。
1回観ただけの状況だと、どんな曲だったか覚えていない。

おもいで

でも、アナ、エルサ、雪だるまのオラフ、クリストフ、トナカイのスヴェン、神田沙也加さんの声、歌声、松たか子さんの声、歌声、クリステン・ベルさんの声、歌声、イディナ・メンゼルさんの声、歌声、(ついでに)ピエール瀧の声、原慎一郎の声、ジョシュ・ギャッドの声、ジョナサン・グロフの声が、お馴染みで大好きになっているから、作品が嫌いなわけがないのである。

何回も見るうちに、もっと好きになるのかもしれない。
ただ、主役がアナ、エルサでなくてオラフっぽいから、これまでのようには、のめり込まないかもしれない。

(3月18日 イオンシネマ 大井)

OLAF'S FROZEN ADVENTURE
2017年 アメリカ作品
監督 ケヴィン・ディーターズ、スティーヴィー・ワーマーズ=スケルトン
声の出演 神田沙也加、松たか子、ピエール瀧、原慎一郎

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (c) 2017 Disney. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ことしのクリスマスには来てね!

ありがとー! ぜったい行くよっ!

未見なので、こちらに書いてよいものか迷いましたが、また1つ自慢話を…。

オラフ(ジョシュ・ギャッド)「オリエント急行殺人事件」に出ていましたよね。列車から、突然雪の中に脱走(?)するシーンがあって(←要らないと思うんやけど)「あ〜オラフ、やっぱり雪の中でないと生きていけないのね〜」と思っちゃいました。

で、ただ今、アガサ・クリスティの故郷(?)らしい所におります。仕事している家が、なななんとMy dear…「わたしのかわいいアナ」…ならぬ私の愛するポポポールが泊まったというところでした・:*+.\(( °ω° ))/.:+
ポールが触れたドアノブ・ポールが昇り降りした階段・ポールがコーヒーを飲んだキッチン…もう、想像しただけで、理性半分ぶっ飛びました。「で、ポールがピーをしたトイレ…彼もただの人間だっつーの」と突っ込まれてしまった(^_^;)

「マンマ…」も観劇したので、また後ほど自慢させてください〜。

>モペ改め「謎の」ミトンさん

よいですよー。オラフでつながっていますから。
…ぬっ! 自慢ですか! …おもしろかったら、よかです。
ジョシュね、逃げ出して転がって雪だるまのようになれば、よかったのに。

イングランドですか。ぽぽぽぽぽーるですかっ。
まー、なんということでしょう。
どこかに髪の毛でも落ちていませんか? はなく○とか? ベースギターとか?
サイン残してくれたらいいのにねえ。

マンマ、最近、続編の予告編が見られて、気持ちも盛り上がってきましたよ。

チッ、なげえよ....とは思いませんでしたが、短編なのに長いなーとは思いました 笑
でもアナ雪は好きなのでま、いいかと。普通に楽しめました。
内容と時期がずれちゃったのは残念ですね。

>yukarinさん

同じような内容のことを思っても、表現ひとつで、まるで違ってきますね!
チッ!と思わず、ありがとうございました。アナにかわりまして御礼申し上げます。
クリスマス用の短編ですからねー。そのころに(も、また)見たい。

こんばんは。

22分もあったら、もう普通の作品ですね。
チッではなくって、2本あってラッキーって感じでした。

それにしてもオラフあってのアナとエルサでしたね。
ちょっとうるっとくるラストの真実(?)で面白かったです。
また2年後にショート3作目があるとか、あるとか…。(^^)/

ただ、上映の季節感はちょっと考えてほしいですね。

>白くじらさん

こんばんは!
おおー! アナ雪短編に、こんなに雪がつく、いや、コメがつくとは! ありがたやー!

オラフったら、声優の並びでも、ジョシュ・ギャッドが、いちばん最初に出てきたんですよね。主役じゃん。
え、3作目? 大歓迎です。ショート3作同時上映なんかでもいいのでは?
次作が夏の話だったりしたら、同時上映の季節感めちゃめちゃですけどね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3401-88c8b7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リメンバー・ミー・・・・・評価額1750円

家族は、永遠にひとつ。 ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作は、メキシコの重要な祝日である”死者の日(Día de Los Muertos)"をモチーフにした、ファミリーファンタジー。 音楽に憧れる靴屋のせがれが、ひょんなことから死者の国へソウルスリップ、家族の歴史にまつわる秘密を解き明かし、何世代にも渡る誤解を解くべく冒険を繰り広げる。 脚本はエイドリアン・モリーナとマシュ...

『アナと雪の女王/家族の思い出』(2017)

アレンデール王国にクリスマスがやってきた。大勢の人をお城に招いての盛大なパーティを企画したエルサとアナ。しかしそれぞれの家庭にはクリスマスの伝統があるから、と集まった人々は帰宅してしまう。幼い頃の事件があってから、お城にはクリスマスの伝統がないことに落胆する2人を見て、オラフはそれぞれの家を廻ってクリスマスの伝統を集めようとする。アナ、エルサ、オラフ、クリストフらメインキャラクター健在の「ア...

「リメンバー・ミー」 «  | BLOG TOP |  » 「高慢と偏見とゾンビ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード