topimage

2018-04

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」 - 2018.04.13 Fri

よく化けた!

声まで、英国版の熊倉一雄さんかと思ったよ…。

りりちゃ

私の婚約者(だった?)リリー・ジェームズさんが、秘書役で名演しているので(?)見逃がすわけにはいかない。

彼女が、戦線のことを気にしていた理由がわかったときには、泣いた。泣かせようとしない演技に、なお泣いた。
チャーチルまたはゲイリー・オールドマンとバチバチの一対一の対決を、見事に魅せた。
決して、婚約者の欲目ではないぞ。

チャーチルは、ヒトラーが他国を侵略しはじめたとき、ほかに首相に成り手がいないときに、ようやく首相になれたらしい。この映画を観ると。

イタリアのムッソリーニの仲介で、ヒトラーと話し合って戦争を止めようと主張する閣僚たちに対して、断固降伏せず戦うことを押し通そうとするチャーチル。

私には、どちらが正しいのか、わからない。
尊厳が踏みにじられるような降伏なら嫌だが、どうなるのかはわからない話だ。相手がヒトラーだから、こうなりそうだ、と予想するしかないが…。

チャーチルが地下鉄で話を聞いた市民たちは、みんな、降伏は嫌だ!と言った。感動してしまうのは別として、作り話ではないかと思うし。
ここで、お国のために、で高揚してしまう自分が怖くもある。

くりちゃ

戦うというのなら、まず、お前が最前線に立てや、と言いたい気持ちもある。

まあ、こんなようなときに、こんなようなことをしていた人であるらしい、と知ったことは収穫。

政治の世界などで、演説、弁舌、釈明…がうまい人に、必要以上に乗せられ(ごまかされ)ないように注意したいものだ。

(4月8日 イオンシネマ 板橋)

DARKEST HOUR
2017年 アメリカ・イギリス作品
監督 ジョー・ライト
出演 ゲイリー・オールドマン、リリー・ジェームズ、ベン・メンデルソーン、スティーヴン・ディレイン、クリスティン・スコット・トーマス

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

素敵な婚約者

ボーさん☆
秘書さんは役柄としても重要な位置づけでありましたけど、女優さん的にも十分魅せてくれましたよね。
ゲイリーとバチバチでもしっかり存在感がありました。

>ノルウェーまだ~むさん

リリーをほめていただき、ありがとうございます。
こうやって、キャリアをつんできて、いつのまにか大きく育っているんですねえ…よしよし…うう…(泣くなっ)

リリーちゃんはチャーチルの魅力的な部分をうまく引き立てるいい演技でした。
どんどんいい女優さんになっていきますね。
邦題もそうだけど、チャーチルがをヒトラーに屈しなかったのは良かったと思う反面、戦争が長く続いたことを思うと何やら複雑ですよね。
同じく「お前が最前線に立てや」という思いに駆られました。

>pu-koさん

ありがとうございます。
最初に怒られて辞めようとしたけど、手紙を渡しに戻ったときに引き止められちゃったんでしょうかねえ。
チャーチルには味方の少ない職場で、数少ないチャーチル派。(?)
私はリリー派。(聞いてないって?)

実際に侵略される場合は別としても、戦争をすると決めた人間が、もし自分も戦線に出なきゃいけないんだったら、それでも戦争しますかと、ちょっと問いたいわけですよねー。

私はこんなグダグダな状態からどうやって連合軍はナチスを打ち破ったのか?の回答を与える、
21世紀になり初めて公開された事実を元にした「イミテーション・ゲーム」をより理解させる
点で、非常に印象的な一作でした。

>onscreenさん

ありがとうございます。
イギリスの決戦表明ですからね。
ひとつのターニングポイントでもありますし、そこに至る過程を映画で見られてよかったなと、私も思います。

こんにちは

ゲイリーの演技について目立ちますが、リリーさんも良かったですね。とても魅力的な女優さんです♪

>yukarinさん

こんばんは。
ありがとうございます。リリーとは深い仲ですので、うれしいです!(どのリリーだよ!? と聞かないでください…。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3412-a6daa50b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」☆怒れるゆるキャラ

生まれてきた赤ん坊を見ると大抵は「なんて(可愛い)チャーチルみたいなの!?」と言われるほど、イギリスの人々にとって彼はアイコンなのだとか。 後ろ姿の白黒写真を見ても、それがチャーチルだと理解できるほどに人気者なのだそう。(登壇者のハリー杉山 談)

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

1940年、第二次世界大戦初期。 ナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近となり、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。 連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれ、ヨーロッパの運命は、新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に委ねられることに…。 歴史ドラマ。

劇場鑑賞「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」

詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201804030000/ ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 (角川文庫) [ アンソニー・マクカーテン ]

ウィンストン・チャーチル / ヒトラーから世界を救った男

 イギリス  ドラマ&伝記&戦争  監督:ジョー・ライト  出演:ゲイリー・オー

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」:キュートな頑固親父

映画『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』は、かなり面白いチャ

【映画】ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 Darkest Hour ゲイリー・オールドマンがウィンストン・チャーチルを演じ主演男優賞、日本の辻和弘さんがメイクアップ&ヘアー賞部門でアカデミー賞を獲得したことで話題の一本 日本滞在中に上映が終わってしまったのでDVD鑑賞しました。 続きはこちら

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』('18初鑑賞29・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月30日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 14:05の回を鑑賞。 字幕版。

「オペラ座 血の喝采 完全版」 «  | BLOG TOP |  » 「トレイン・ミッション」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード