FC2ブログ
topimage

2018-09

「草原の輝き」 - 2018.04.26 Thu

実らない恋があるのは昔から変わらない。

ラストにも出てくるワーズワースの詩の一節を、字幕の訳から引用する。
「草原の輝きは戻らず 花は命を失ったが 嘆くことはない 残されたものに力を見いだすのだ」

なたり1

ナタリー・ウッドさんの美しさを愛でようと、観賞。
ああ、こういうお話なんだ~と、しみじみ思い、ノートに記録をつけたらばっ!
…過去2回も、見ているではないかあっ!
ただ、30年以上も昔ではある。
だからといっても、まったく覚えていないですか? え、私?
はじめて見たように、今回、新鮮に見ていましたよ。(笑)

恋人どうし、やりたい、その一線を越えるのが、いかに「おおごと」なのか、ちょっと時代を感じもしたが、1928年のカンザス州(田舎?)での話だから、そんなものかなとは思っておく。
彼氏に拒否されて、錯乱しちゃうなんて、まあ、純朴な。

株でお金もちな父親、1929年になる描写が出てきて…わかりましたよ、この先が。
大恐慌ですね。

ナタリーさんの入浴シーンで、なんとなく、水の中に、おっぱいがわかる気がします…気のせいかもしれません…。
浴槽から立ち上がる、後ろ向きのシーンはあり、背中は丸見え、かなり頑張ったと思う!
彼女自身が頑張ったというのと、60年代に入って、ハリウッド映画の描写も規制がゆるくなったんだなあというのと。

ナタリー、この作品の次の出演が名作「ウエスト・サイド物語」になる。

なたり2

ウォーレン・ビーティは、本作で“introducing”と紹介される。テレビには出ていたようだが、映画はデビュー作だ。
ウォーレンの姉の役を演じたバーバラ・ローデンさんは、のちに本作の監督エリア・カザンの妻になっている。

原作・脚本のウィリアム・インジは、マリリン主演の傑作「バス停留所」の原作者でもあるから、私にはどうしても本作に思い入れが生まれるのであった。

監督のエリア・カザンは、マリリンと付き合いがあったらしいので、うらやましい有名監督。
だが、赤狩りのときに法廷で映画人の名前を挙げて、自分は災難を逃れた、という汚名は、ずっと、つきまとう。映画監督としての力量とは別のことだとはいいながら、どうも複雑な気持ちになる。

マリリンと関係があることを、もうひとつ記しておくと、ナタリーとウォーレンがピアノで弾いたのが「チョップスティック」。マリリンとトム・イーウェルが「七年目の浮気」で弾いた曲である。

(4月24日)

SPLENDOR IN THE GRASS
1961年 アメリカ作品
監督 エリア・カザン
出演 ナタリー・ウッド、ウォーレン・ビーティ、バーバラ・ローデン、オードリー・クリスティ、ゾーラ・ランパート

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) Warner Bros.

ブログパーツ

● COMMENT ●

青春とは...

振り返ると、甘酸っぱい思い出....
恋は決して成就しないから美しい。美しいまま、永遠の思い出になるからこそ美しいのです。思い出は年をとらないから。だって、結婚とは「現実」だから。現実は美しくはない。

この映画、10年くらい前にDVD買いました。松任谷由実さんが好きな映画だといってたのが気になって。
その後BDで録画し直しました。
大恐慌で、破産した人たちがビルから身を投げる場面がショッキングでした。
チャップリンの「殺人狂時代」の背景とラップする時代ですよね。

ナタリー・ウッドの死因について。最近「他殺説」が浮上したとか....
でも美しい人は、夭折したほうが得ですね。長生きして、老醜をさらすよりはましかも。永遠に美しいまま。

大好きでした♪

ナタリー・ウッドさんは本当に綺麗でしたよね。子供の頃から憧れていました。
この映画のヒロインの気持ちとか、今の時代を生きる若い人に理解できるのか、ちょっと謎(笑)

>又左衛門さん

好き合っていても、どうなるかわからない。
そのあとに出会った人と一緒になるかもしれない…。

高校生の頃あたりに、よく名画座でかかっていたタイトルのひとつだったなあとも思い出します。
1928年から始まって、映画は翌年に入ります。大恐慌に合わせた物語設定でした。

ナタリーさんも、死の謎をうんぬんされてしまっていますね。目撃者のいない水死ですからね…。誰が何を言っても、本当かどうかわからないのなら、ほっといてほしいのですが。

>kiriyさん

彼女は子役時代から映画に出ていましたからね。このときだって、まだ22歳ぐらいでしょうか。
時代の空気とか、やはり違いますから、そのへんは「忖度」しないとですね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3419-2398c1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「草原の輝き」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1961年アメリカ映画 監督イーリア・カザン ネタバレあり

読書記録(2018年4月) «  | BLOG TOP |  » 「レディ・プレイヤー1」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード