FC2ブログ
topimage

2018-09

「ジェーン・ドウの解剖」 - 2018.05.15 Tue

おもしろかった!

映画館公開時に、ちょっと観たいなと思ったのだけれど、単館系で上映館数が少ないこともあって見送ってしまった。

こわいところ

解剖という、珍しくも怖いものみたさの気持ちも引かれる。
作りものとしても、どう見せてくれるんだろうとか。

殺人事件現場で見つかった、若い女性の遺体。外傷はなく、父子で営む遺体安置所で解剖をすることに。
息子の恋人や、刑事などが少し登場するが、ほとんどが父子と遺体のみのシーン。

嵐の夜となり、怪奇な現象が始まり、何者かの気配が…。
身元不明の遺体を調べていくと、不可思議なことが次々と…。

なるほどね、そういうことなら納得はできると、ちゃんとした脚本なのが素晴らしい。というか、そこへ持っていくなどしなければ、ありえない話なので。
そもそも舞台が遺体安置所で怖いし、なお怖さがプラスされていくし、遺体が美女で、やっぱり怖いし、つまり、おもしろいのであった。

(5月8日)

きれいなひと

THE AUTOPSY OF JANE DOE
2016年 イギリス・アメリカ作品
監督 アンドレ・ウーヴレダル
出演 オルウェン・ケリー、エミール・ハーシュ、ブライアン・コックス、オフィリア・ラヴィボンド、マイケル・マケルハットン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2016 Autopsy Distribution, LLC. All Rights Reserved

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

面白いですよね!
美しい死体...
じわじわくる怖さもいい感じでした!

こんにちは。

私もこの作品久々にホラーで面白い!と思いました
ちゃんと、怖いんですよね
そこ大事
ハリウッドホラー的恐怖感ではないのもマル~

>yukarinさん

おはようございます。ありがとうございます!
ジワジワ来ましたね! 最初から、親子ふたり(3人?)だけで遺体安置所で、密室みたいなものですから、舞台設定もバッチリ!
よくできてました。

>makiさん

おはようございます。ありがとうございます!
私はそんなにホラー見ていませんが、これは見たなかでは、とても面白かったです。
ハリウッド的じゃない…はい、わかります、こういう怖さ、来ますねー!

あら面白そう。
どんな不思議なことが起きていくんでしょう。
観たいです~。

>pu-koさん

つまんないホラーを見るなら、これ見たほうが、といえる、おすすめ。
解剖といっても、グロくないので。
動かない美女も、見方によれば、怖いっすよー。

ボーさんは評価としては普通ですか〜
これ、ホラーファンには大満足の1本。最近珍しくちゃんと怖いし演出も、そしてオリジナリティも。
また観たい。去年のベスト10入りです。

>migさん

3.5点は、良い評価ですよん。んー、4点にしてもいいかな、3.9くらい?(笑)
このあと、WOWOWでホラーを3本見て、それがハズレ気味だったので、なおさら、こっちが評価を上げましたね。こんなに違うんだなーって。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3425-3eec07ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジェーン・ドウの解剖

【概略】トミーと息子のオースティンは、ある殺人現場の地下に埋められていた美女の検死を行うことに。その正体を暴こうとメスを入れるたび、次々と怪奇現象が起こり…。 ホラー .0★★★★★ ジェーン・ドウ、このに メスを入れてはならない―。 身元不明の女性の事を「Jane Doe」と言います。海外ドラマの事件ものなんかではおなじみですね。 エミール・ハーシュとブラ...

「THE BITE 変身する女」 «  | BLOG TOP |  » 5th コンサート「KYON2 PANIC '85 熱いこころのパフォーマンス」 キョン2ディスコグラフィ(28〔番外編〕)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード