FC2ブログ
topimage

2018-09

「モスラ(1996年)」 - 2018.06.04 Mon

平成モスラ3部作の1作目。

北海道の紋別。工事現場で化石が発見され、現場監督が娘の土産にと持ち帰ってしまう。
それは、インファント島に住む小美人・エリアス姉妹が宇宙怪獣デスギドラを閉じこめた封印だった!
エリアス姉妹と対立している小美人ベルバラは、デスギドラを封印していたエリアスの楯を手に入れ、怪獣を復活させようと動き出す。
…と、一応ストーリーを書き留めておく。

しょうび

エリアス姉妹は、モル(小林恵)とロラ(山口紗弥加)で、モスラのちっちゃい版のような「フェアリー」に乗っている。対するベルバラ(羽野晶紀)は、「ガルガル」に乗る。
部屋の中での、2組の追っかけ空中戦は多少楽しい。
山口紗弥加さんなんて、この頃16歳だもんね。

モスラは怪獣と戦うものの、卵を産んだあとで、もはや弱っていたらしく…子どもがかえって幼虫状態で助けに来ます!
これ、自衛隊とかの周囲の人間の反応が、いっさいナシ。現場監督の一家と小美人のみ。
もう、子ども向けファンタジーっぽい。

で、モスラですが、体当たり? 分身の術? わけのわからん超絶技オンパレードで、どんな考証をしているのか。なんでもあり?で笑っちゃう。
作曲で、矢野顕子さんも参加してますね。

(5月20日)

1996年作品
監督 米田興弘
出演 小林恵、山口紗弥加、羽野晶紀、藤沢麻弥、二見一樹

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 1996 TOHO CO.,LTD

ブログパーツ

● COMMENT ●

♪モスモス、カメヨ、カメサンヨ...

この平成版も映画館で観ました。
今度は息子たちに、東宝特撮映画の面白さを教えたくて。
まだ東宝が、天神ではなく中州にあった頃。映画館の向かいにある蕎麦屋で親子4人で腹ごしらえをしてから観るのがルーティンでした。天下の東宝が、自社ビルがないというのが情けないね。

内容は、昭和版に比べて合成などの技術は格段に向上しているのでしょうけど、オリジナルにあった「作る側の熱気」のようなものが感じられない。要は薄っぺらいんですね。羽野晶紀ちゃん。あの「お騒がせの和泉元彌一家」の嫁ですね。

この映画館では、あとジブリの「紅の豚」を観ました。これは良かった。

>又左衛門さん

おー、映画館でご覧になりましたか。
小さなお子さまでも楽しめそうになっていますね。
ちょっと、たあいないです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3437-83fd59de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『モスラ』(1996)

ハリウッド版にバトンタッチして休息に入った<平成ゴジラ・シリーズ>。いずれ近い将来復活してくるであろう「ゴジラ」までの繋ぎとして正月興行の顔をまかされたのは、ゴジラに次ぐ人気怪獣(らしい)モスラだった。この4年前にモスラそのものは久々に銀幕に復帰しているが(『ゴジラVSモスラ』)、主演作としては実に35年ぶり。物語の舞台はほぼ北海道の原野に限定され(一部、屋久島の描写が入るが)、都市破壊シー...

「モスラ2 海底の大決戦」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2018年5月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード