FC2ブログ
topimage

2018-11

「アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル」 - 2018.06.30 Sat

「好きです! 」

「…え?」

「マーゴットさんが好きです! だから、映画観ました!」

「あ、ありがとうございます」

あい

「スケーティングも素晴らしかった、演技も素晴らしかった! もう、オリンピックに出られますね!?」

「えーと、ちょっと映像的に工夫もしてあるので、それほどでも…」

「いえいえ、そんな! いーんです! もう、きれいなんだからっ」

「ありがとうございます。でもオリンピックはね」

「あのお母さんが、娘の性格に影響を及ぼしているんでしょうね。にしても、男運が悪い。いっそ私はどうですかっ」

「役柄と実際のわたしが、ごっちゃになってません?」

「いーんです。時間稼ぎでボールを回したって、勝ち進めばいいんです」

「え、話が見えないんですけど」

「トーニャは悪くない! 映画を観るかぎり、悪いのはボディガードじゃないですか。なんなんですか、あのタワケはっ。あ、でも、トーニャは脅迫状は同意したから、ちょっとは悪いですよね。でも私がその罪もかぶりますから、彼氏にしてください」

「えーと、だから、なんか混同してないですか」

「映画ではああなってましたけど、真実そのものかどうかはわかりません。こっそり、ほんとのことを教えてください。それで彼氏にしてください」

「でも、ボーさんには、ほかの彼女がいるんじゃないですか。今年の4月1日の記事にありましたよ。なんなら、毎年4月1日にも」

「あ、読まれていましたか? まあ、それは置いて」

「置くんですかっ」

トーニャ

「トーニャ・ハーディングさん、ブロンド美人系だったせいか、当時けっこう気になっていたんです。ナンシー・ケリガン襲撃事件のことは名称だけしか知りませんでした。今回の映画で中身を知って、知識を得た気分です。そのうち忘れると思いますが」

「それじゃだめじゃん。忘れないでください」

「善処します。…どうやればいいのかわかりませんが。しかし、マーゴットさんはトーニャを演じるのにピッタリでした。外見からしても。ブロンド美人。副題に、史上最大のスキャンダルってありますが、それはオーバーです。誇大広告です」

「そうですよねえ。オリンピックの大舞台に関連しちゃったということはありますけど」

「鏡を前にしたときの表情が、すごかった。演技してるなあ!って」

「ほめてます?」

「もちろん! これぞ女優だ! マーゴットだ! 私の彼女だ!」

「もしもし? ハロー?」

「あなたのスケートは、ちがった、あなたの映画はこれからも追いかけます。なるべく」

「なるべくかいっ」

(6月24日 シネ・リーブル池袋)

ひも

I , TONYA
2017年 アメリカ作品
監督 クレイグ・ギレスピー
出演 マーゴット・ロビー、アリソン・ジャネイ、ジュリアンヌ・ニコルソン、ケイトリン・カーヴァー、マッケナ・グレイス

参考:アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

いまだに、ややこしい(笑)

この当時、たしかリレハンメル五輪だったよね。
このスキャンダルの当事者たち。どっちがハーディングで、どっちがケリガンか頭の中でこんがらがっておりました。なにしろケリガンという名前が「蹴り」という日本語に似ているから(笑) いかにも蹴りを入れそうな名前じゃないですか。

予告編観ると、この母親って「とんでもない」親だったみたいですねぇ。子供もおかしくなるはずだ。

スケートの話というと、朝ドラの「てるてる家族」を思い出します。数年前にも再放送で久しぶりに観ました。いしだあゆみさんのご家族の話。とにかくスケートはお金がかかるそうです。才能はあってもお金がなくて、あきらめた人の話もTVで観ました。

>又左衛門さん

ケリガン(笑)。蹴る、と連想はしていませんでした…。
ナンシー・ケリガン殴打事件というので、ケリガンさんが被害者なことは、最初に把握していたので。

母親すごかったですよ、喧嘩になってナイフまで投げちゃったり。
てるてる家族、スケートしていましたね。たまにしか見ませんでしたが。
トーニャの家は母親のみの稼ぎでスケートを習っていたはずなので、お母さんはそれなりに大変だったのか、コーチがお金をあまり取らなかったのか。よくわかりません…。

映画も笑えるし、それをネタにしたこのアップ、もいいですね〜

ズレまくるインタビュー形式で、この映画の面白さを表現するとは!
素晴らしいっす

>onscreenさん

ありがとうございます。
誰もほめてくれないので、うれしいっす!
てか、そんなに深い意味もないのですが(えっ?)

わはは!

褒められすぎると、それはそれでずれてしまうことがあるので
自然体でいきましょう!(笑)

>onscreenさん

いえいえ、ときどき、ほめに来てくださいな。
おだてると育ちます。

マリリン一筋だとか言ってたくせにあなたという人は!(いや、けっこう浮気してたかな)

>SGA屋伍一さん

ふっふっふ。そのつど、一筋ですから、問題ないのです。う、う、浮気じゃないよ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3442-21f85ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201805080000/ アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル / アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル オリジナルサウンドトラック (アナログレコード) 【LP】

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル 【映画】

I, TONYA 2017年 アメリカ クレイグ・ギレスピー(監督) マーゴット・ロビー、セバスチャン・スタン、アリソン・ジャニー、マッケナ・グレイス、ポール・ウォスター・ハウザー、ジュリアンヌ・ニコルソン、ケイトリン・カーヴァー、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、ボビー・カナヴェイルほか

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「スーサイド・スクワッド」のマーゴット・ロビーが自ら製作・主演を務め、世界中に衝撃を与えた“ナンシー・ケリガン襲撃事件”の中心人物トーニャ・ハーディングの壮絶な半生を映画化した伝記ドラマ。フィギュアスケート史上最大のスキャンダルの知られざる真相を、トーニャと母親の歪んだ愛憎関係を軸に、ユーモアを織り交ぜつつ赤裸々かつ軽妙なタッチで描き出す。共演はセバスチャ...

映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

面白かった〜〜 これは40オーバーの人なら知ってる人が多いだろう実話を描いてる。 アルベールビル、リレハンメルの2度の冬季オリンピックに出場しながらも 【ナンシー・ケリガン襲撃事件】に関わっていると疑われ、 一気に嫌われてしまったフィギュアスケート選手、トーニャ・ハーディングの 生い立ちから描いた映画。 知っている事件の話だし、フィギュアスケートは前々から好きだっ...

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

下世話な覗き見趣味から本作を観る選択をした私。当時、トーニャ・ハーディングがナンシー・ケリガンを殴打したというニュースは、異国の地のものとは思えない程直接的にワイドショーを賑わしたものだ(正確には、トーニャ・ハーディングがナンシー・ケリガンを直接殴打した訳ではないが)。トーニャ・ハーディング、ナンシー・ケリガン。共にフィギュアスケートアメリカ合衆国代表。リレハンメル冬季オリンピックのメダル候...

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(’17)

先日28日(土)、一ツ橋ホールで明日4日公開の「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」試写会、案内状が届いていて都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのYamatoさんとご一緒して見てきました。思えばこれまでフィギュアもの、といえば、ナンシー・ケリガン自身もチラッと出演してたのだった、コメディ「俺たちフィギュアスケーター」を見ていた位。今回のは、かの’94年ケリガン襲撃事件題材で、ハ...

銀のサディスティック …あらら クレイグ・ガレスピー 『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』

遅れて公開された上にさらに書くのが遅れた映画が続きます。本日はアカデミー助演女優

読書記録(2018年6月) «  | BLOG TOP |  » 「デッドプール2」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード