FC2ブログ
topimage

2018-12

「ヒトラーへの285枚の葉書」 - 2018.07.18 Wed

戦争で息子を亡くした夫婦が、ヒトラーを非難するメッセージを書いた葉書を町中に置きつづける。

息子が死んだ戦争を起こした張本人に対する憤りを表現する手段。
まともに声を上げる危険を避けながら、ほかの市民にも呼びかける方法。

ふーふ

しかし、ほとんどの葉書が警察に届けられたという。
それは本当なのだろうかと思う。
届けたら、何か褒美(ほうび)でも出たのか? いいことがあったのか?
政府を盲目的に信じる(または、おびえる)集団心理のようなことなら、怖い。

事件の取り締まり役の警察官ダニエル・ブリュールが、もっと偉そうなナチス野郎に頭が上がらず、苦悩する。
究極の悪者は、上にいる、ひと握りの者であるのは普通のことなのかもしれない。

(7月1日)

けいか

ALONE IN BERLIN
2016年 イギリス・フランス・ドイツ作品
監督 ヴァンサン・ペレーズ
出演 ダニエル・ブリュール、ブレンダン・グリーソン、エマ・トンプソン、ミカエル・パーシュブラント、ルイス・ホフマン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2016 X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

ブログパーツ

● COMMENT ●

ヒトラーを、ヒットラーえよ!

ハイル・ヒットラーえる!

ヒトラーという亡霊

この作品はまだ録画したまま。
しかし1945年、第二次世界大戦が終結してすでに70年以上が経つというのに、毎年毎年「ヒトラーもの」というひとつの映画のジャンルができるくらいに続々と新作が作り続けられるのは何故なんでしょうか?
ナチズムとユダヤ人虐殺という世にも稀有な戦争犯罪人ですよ。あるいはドイツ人社会が産み出した「化け物」といっても言い過ぎではない。

大衆の愚かさと、大衆を手玉に取ってのし上がっていく稀代のアジテーター。
ヒトラー映画の増加という最近の傾向は、ヒトラーへのノスタルジーなのか? まさかヒトラー賛美?
 
たしかに現代社会の「閉塞感」はあるだろう。だからといって、ああいう「扇動者」が再び現れないとは言い切れない。
日本に置き換えると、あの田中角栄を再び懐かしむような最近の風潮に私は呆れた。日本人はすぐ過去のことを忘れる。

「帰ってきたヒトラー」を最近観始めてやめた。てっきりアメリカ人が何かの風刺的に作ったのだと思っていたら、ドイツ人が作ったドイツ語で喋るヒトラーじゃないか! あまりにもおぞましくなってきた。そして怒りが込み上げてきた。どういう意図でこれを作ったのか聞いてみたい。まさか「もう時効」とは言わないよね。
 ヒトラーは本当は画家になりたかったらしい。でもその絵はとても暗い絵だった。もしも画家として成功していれば、世界は変わっていたかもしれない。
歴史に「if」はないけれど....

>又左衛門さん

「ヒトラー」と名のつく映画も多いですね。
強大な戦争の悲惨に結びつくイメージがあって、ジャンルといってもいいかもしれません。
賛辞なんてあってはならないし、「帰ってきた~」も、こんなことにならないように、というメッセージと思いたいです。

こんにちは

こんにちは、TBをありがとうございました。
>しかし、ほとんどの葉書が警察に届けられたという。
それは本当なのだろうかと思う。
と書かれていらっしゃいますが、その下にも書かれているある種の集団心理なのだという気がします。もっというと、規律を守るという気質というか。
ちょっと日本人とドイツ人が似ている所なのかもしれない、と思いました。

>ここなつさん

おはようございます。
ああ、ドイツ人、規律を守るイメージありますよね。
私だったら、食料が得られるとか、お金をくれるとかでなきゃ、わざわざ警察には持っていかないと思います(笑)。
枚数については、ナチと警察のでっちあげ説も疑っていますよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3448-cf92b7d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヒトラーへの285枚の葉書」

一人息子を失えば、おのずとこうする、夫婦のあり方。戦時下であろうとそうでなかろうと。喪失のその原因に目を向けるのは、当然のことなのではないだろうか。1940年。ドイツがフランスを統治下に収め、戦勝国として意気揚々としていた第二次世界大戦の初期の出来事である。冒頭の画面に大きく出てくる文字は「ALONE in BERLIN」。ここに出てくるクヴァンゲル夫妻は決してALONEではない。だが、恐ら...

『ヒトラーへの285枚の葉書』:ヒトラー政権の正義は、暴力だ @ロードショウ・ミニシアター

ブレンダン・グリーソン、エマ・トンプソン主演の『ヒトラーへの285枚の葉書』、ロードショウで鑑賞しました。 第二次大戦のナチス関連の映画には関心があるので、年に何本かは観ることにしているのですが、この映画は出演者に惹かれ、かつ、小さな抵抗の物語だというあたりにも惹かれました。 さて、映画。

映画評「ヒトラーへの285枚の葉書」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年イギリス=フランス=ドイツ合作映画 監督ヴァンサン・ペレーズ ネタバレあり

ヒトラーへの285枚の葉書

1940年、ナチス政権下のドイツの首都ベルリン。 軍需工場に勤める夫オットー・クヴァンゲルと、ナチ党女性同盟の募金活動をしている妻アンナに、最愛のひとり息子ハンスが戦死したという知らせが届く。 オットーは、政権への怒りのメッセージを記した葉書を公共の場所に置き始め、アンナもそれを手伝うことに。 そんな彼らに、秘密警察ゲシュタポの捜査が迫っていた…。 実話から生まれた戦争ヒューマンドラマ。 ≪...

「犬ヶ島」 «  | BLOG TOP |  » 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード