FC2ブログ
topimage

2018-10

「カメラを止めるな!」 - 2018.08.22 Wed

アイデア、構成が、低予算に合った快作といえそう。

「忘却エンドロール」さまの「第7回 夏のきもだめし企画」参加作品とします。
まったく怖くないけど、ゾンビということでスプラッタだし。

はじめにゾンビ映画撮影の話が続いたときは、はっきりいって、これで面白くなるのかと思っていた。
自主製作映画的な雰囲気まんまんだし。
低予算とゾンビ、好相性。
とりあえず、ゾンビ。みたいな。

でも、そのうち、ああ、こういう構成かあ、これなら、うん、と(バラさないため、あいまいに)。

終わってみれば、出演者、けっこう個性があって記憶に残りそうな面々。


よろしくでーす
よろしくでーす。

主演女優が階段を上るシーン、すぐ後ろからカメラが彼女のお尻を撮りまくるのが素晴らしい。
ただ、追いかけただけだろうけどね。

ラストの引きで、主演女優が思わず泣いていれば、もっと良かったかな。

ほめられすぎな感もあるが、見ておいて損はないかも。

(8月19日 TOHOシネマズ 日本橋)

ONE CUT OF THE DEAD
2017年作品
監督 上田慎一郎
出演 秋山ゆずき、濱津隆之、しゅはまはるみ、長屋和彰、真魚

参考:カメラを止めるな!|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) ENBUゼミナール

ブログパーツ

● COMMENT ●

流行ってるから「カメ止め」なんて言われてないのかな?

一部ではあるようだな。俺Aとかも。

こんにちは

こんにちは。TBをありがとうございました。
これはネタバレ無しで鑑賞した方がいいですよね。私も最初の内はあ~あ、どうなることやら、と思っていましたが、そっかそっかなかなかジャンに変わり…そして同じく段々と出演者の個性に惹かれていきました。

>ここなつさん

おはようございます。
ありがとうございます。
何も知らずに観るのが正しい見方ですね。それで気に入ったら、また観ればいい。
舞台で、原案的なものがあったらしい、と知りましたが、それはそれ、これはこれで。

とはいえ、フラッシュを読む限り、そうとうにコアなところを....

これはインディーズムービーだからこその良さが詰まってます
メジャーな人がやったらつまらない。
そういう意味でも成功なんだけどここまでヒットするとは誰も思わなかったですね。

>onscreenさん

これから、どんな経過をたどるのか!?

>migさん

たしかに、インディーズならではのノリでした。
無名俳優ばかりですし。
SNSやメディアの評判、口コミだけで、ここまで来たならすごいですね。

楽しめました☆彡

8/24(土)全国拡大公開初日に観てきました。高校時代に部活で映画撮影をしていた頃の自分とも重なって、あの頃の懐かしい気持ちも蘇ってきました。なので最後は泣いてしまいました(笑)。エンドロールを観ながら、この映画に俳優さんやスタッフのみなさんのがんばりの気持ちがじわじわと伝わって来て、心の中で全員に拍手しました♪あおと、俳優のみなさん、個性的でよかったです。撮影時の裏方さんあっての映画撮影ですよね☆

>さえさん

おおっ! 映画づくりの経験があると、実感が違いますね!
この作品製作の場合、つくるときの条件があって、それが、あんな内容につながっていったところが面白かったですね。
普通に映画を作るんだったら、あんなにスリリングにはならず…。
話が面白く、俳優が個性的。楽しめます。

こんにちは。

こんにちは~♪
>はじめにゾンビ映画撮影の話が続いたときは、はっきりいって、これで面白くなるのかと思っていた。
私もちょっとだけ思ってしまいました。
だけどあの結構乱暴なゾンビ映画も、ラストまで見ると、それなりに面白かったです。
なんかまじめにそこを語る人はいないと思うのですが、ナンたらカンたらの復活伝説の本当のヌシは、実は彼女だったのですよね。(ありゃ?違うかも^^)あの狂った殺戮者が街を見下ろすってラスト、「うわっ、オモシロ―」ってなりました(笑)
ってそのすぐ後に、あの人の人の良さそうな顔が・・・
「キャー、面白そう」ってなりました。

この映画、この作り手・俳優さんたちの今だからこそが生きた良い映画だったなと思いました♡

>kiriyさん

こんばんは。
ん、復活伝説…? もう忘れてるボー。人体実験でゾンビが出るとか言ってたのとは違うこと? いやいや、私は、うろ覚えなので考えなくても大丈夫です。
やっぱり、主演女優が好き。若い女子なので…あはは。よろしくでーす。

インディーズなりの面白さがあったと思いますけど、年間マイ・ベストでは、すごく上には行かないですね。星3つ半ですし。

自主製作的映画

ボーさん☆
私も最初は「こんな調子で本当に面白いの??」と不安でしたが、途中から大笑いでした。
そして最後は泣かされてしまいました。そう言う意味でもサプライズに満ちていましたね☆

>ノルウェーまだ~むさん

ありがとうございます。
なるほど、こうなるのね、と観ていて、そんなに笑う感じでもなかったのですが、上手いなーとは思っていました。
売れすぎてくると、反発したくなってきます…ほら、ワタシあまのじゃくだから。

ああ、お尻をおいかけるカットよかったですね。あれが効いたのかこの女優さんけっこう人気出たみたいで。アイドル風の恰好してるところはたしかにかわいかった

>SGA屋伍一さん

えっ、人気が!? 私は、当然のごとく、出演者欄で一番目に出していますけどね! 画像も。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3468-31613195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カメラを止めるな!

映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざまな挑戦に満ちた野心作。「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描く。監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。あらすじ:とある自主映画の...

「カメラを止めるな!」

評判通り面白かった。何となくイメージとして、若い力が躍動して勢いで作った作品だと思い込んでいたのだけれど、それはちょっと違っていて、作り込んで練っている作品。それに加えて躍動感があるのだから、ある意味無敵だ。以前当ブログの別の作品で芝居の持つライブ感と映画との違いについての拙文を書いたことがあるのだが、「生放送」というのはそういう意味では間違いなくライブである。だが、報道やバラエティー番組と...

『カメラを止めるな!』 観客を楽しませるサービス満載の娯楽作

 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。  監督・脚本・編集はこの作品が劇場用長編デビュー作となる上田慎一郎。  新宿K's cinemaおよび池袋シネマ・ロサという2館での限定的な公開だった作品だが、SNSなどで人気が広がり全国100館以上で上映されることになったという話題の作品。  冒頭から37分間に及ぶワンカット撮影でのゾンビ映...

カメラを止めるな!

●「カメラを止めるな!」2018 日本 ENBUゼミナール 96分監督・脚本・編集:上田慎一郎出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、秋山ゆずき、細井学、市原洋、山口友和他<評価:★★★★★★★★☆☆><感想>現在(2018年8月)日本の邦画界を席巻しているといっていい作品を、こうした映画はあまり観ない私だが、まずはともあれ観てみないと論評も出来ないと、シネコンへ出かけた。入りさすが...

ショートレビュー「カメラを止めるな!・・・・・評価額1650円」

モノゴトは“ウラ”ほど面白い。 映画の専門学校「ENBUゼミナール」のプロジェクトとして作られた作品で、監督・脚本の上田慎一郎はこれが劇場用長編デビュー作いう以外、全く情報を入れずに観たが、今年最高のアイディア賞だ。 映画が始まってしばらくはB級、いやC級然としたテイスト。 自主映画の撮影隊が廃墟でゾンビ映画を撮っていると、なぜか本物のゾンビが出現しサバイバルに・・・という平凡な出...

「カメラを止めるな!」

2017年・日本/ENBUゼミナール・シネマプロジェクト 配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール 監督:上田慎一郎 脚本:上田慎一郎 編集:上田慎一郎 撮影:曽根剛 プロデューサー:市橋浩治 今

劇場鑑賞「カメラを止めるな!」

詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809010000/ オリジナル・サウンドトラックCD「カメラを止めるな!」/O.S.T[CD]【返品種別A】

映画「カメラを止めるな!」の感想

満席で初の補助席でしたよ 話題の「カメラを止めるな!」観ました!傑作でした!始め

カメラを止めるな!

お久しぶりです 最近はあまりアニメが見れていないw 録画だけしてなかなか見てないんですよね・・・・う~ん 今回は今話題になっている映画が気になっていたので見てきました 田舎ですけど結構若い人がたくさん見に来てました ネットでも話題になってて結構前から話題作なのは知ってたんですよね いや~面白かったです! これはとにかくネタバレとか細かい前知識なしで是非見てほしいです...

「カメラを止めるな!」☆思いがけない涙

満を持して話題の映画を観てきたyo 冒頭は、声がわんわん響いて聞き取りにくい廃墟の中で、どこかたどたどしい映像が続き、うーん大丈夫かな?と一抹の不安もあったけれど、ある意味それがあえての演出だったとは! そしてまさか最後に泣くことになるなんて・・・

映画「カメラを止めるな」

映画「カメラを止めるな」を鑑賞しました。

死霊のうらがわ 上田慎一郎 『カメラを止めるな!』

人里離れたところにある今はもう使われていない水道施設で、ゾンビ映画の撮影をしてい

「ワンダーウーマン」(3回目) «  | BLOG TOP |  » 「グリース」(2回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード