FC2ブログ
topimage

2018-10

読書記録(2018年9月) - 2018.10.04 Thu

9月の読書記録。

だいあな
「本屋さんのダイアナ」 柚木 麻子
2015年本屋大賞第4位。8月にも本屋大賞受賞作の「桜風堂ものがたり」を読んでいて、本屋大賞だから本屋ネタの内容は受けるのかなと思ったが、こちらのほうが私は好きだった。ふたりの女の子が、子どもの頃からの友だちどうしで、ひとりは本屋に勤めるわけだけど、ふたりの関係が蜜月だったり、離れてしまったり、彼女たちの生き方が生き生きと描かれて好感度大。すばらしい。(9月7日読了)

ちょこ
「チョコレート工場の秘密」 ロアルド・ダール
映画で観ましたね。だいたい同じ話だったと思うけど、イボダラーケ・ショッパーとか、バイオレット・アゴストロングとか、訳者の柳瀬尚紀さんによって、子どもの名前が意訳されている。(9月17日読了)

げるにか
「暗幕のゲルニカ」 原田 マハ
2017年本屋大賞第6位。ピカソの「ゲルニカ」をめぐる骨太な物語。ピカソが「ゲルニカ」を制作した当時の話と、展覧会に「ゲルニカ」を展示しようと奔走する女性を描く現代の話が並立する。(9月28日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

怪我の功名

このところ、毎週末台風に見舞われている当地ですが、今朝は暴風の物凄いこと! 毎土曜の朝は、近くのスーパーまで菓子パンを買いに出かけるのですが、風の音の物凄さ! 山崎のカレーパンは今週は売り切れでした(笑)大抵どこのスーパーでも品薄です。

 さて唐突ですが、先月末冷蔵庫を30年ぶりに買い換えました。もう何年も前から、買い替えなくてはと思っていたのですが、遂にビールが2日冷やしても冷えなくなったので決断。躊躇していた理由とは、我が家の通路が狭いので新旧の入れ替えの際、どうやって冷蔵庫を通すか、悩んでいたのです。原因は大きな本棚が二つあって、通路が余計に狭くなっています。また最近の冷蔵庫は大型化しています。一週間かけて本棚の中身を出してダンボールに詰める。本や雑誌類、DVDにBD。いらない落語のカセットや漫画本を捨てる。これらがゴミ袋に七つになりました。私久々の断捨離です(笑) でもお陰で、長年行方不明だった「オーヘンリーのDVD」が出てきましたよ!

大河ドラマ「西郷どん」の影響で、昔読んだ司馬遼太郎や津本陽の文庫本をまた飛ばし読みしてます。鈴木君の西郷で不満なのは「目がちっちぇえ」点(笑) 体格は申し分ないんだけどねぇ... 津本氏の本は「巨眼の男」と「龍馬」。
先日の回では、こぶ平の大村益次郎が出てきましたね。こちらは司馬さんの「花神」があり、大河にもなりました。この時は、今は亡き中村梅之助さんが演じました。この総集編をちらっと観ました。この大村益次郎は頭がでかかったそうです。俗にいう「才槌(さいづち)頭」。

>又左衛門さん

まあ、何かないと片付けないですからねえ。
うちも、いろいろ捨てたいです。1年間ほども見ないものは多分、不要だと思うのですけど…。

西郷どん、言われてみれば、目が。有名な絵では、デカ目ですからね。大村の絵(写真?)は、やたら頭がでかくて、信じられないです。脳みそデカくて頭がいいとは限らない気もしますが。

ロアルト・ダール

勿論「チャーリーとチョコレート工場」観ました。DVDも買いました。
Wikiで調べると、「007は二度死ぬ」と「チキチキ・バンバン」の脚本も書いてたんですね。イアン・フレミングと友達だったとか。

一昨年観た「素敵なウソの恋まじない」。
ジュディ・デンチとダスティン・ホフマン共演のほっこりするコメディ。この原作もダールだったんですね。これ未見ならお勧めですよ。
最近の映画って、やたらドンパチ、ドンパチの殺伐たる作品が多い中で、一見「時代遅れ」にも感じる、ゆったりした時間の流れ。これがダール作品の持ち味だと思います。
「チャーリーとチョコレート工場」だって、文明批判みたいな部分も感じますし......

>又左衛門さん

「007は二度死ぬ」は意外でしたね。日本をファンタジー的にとらえた感じも多少はあったっけ…?と思い起こしていますが、よくわかりません。

「恋まじない」はテレビムービーのようで、まったく知りませんでしたが、機会があって観る気になれば。

007は二度死ぬ

念のため、肝心な部分を再見しましたよ。
と言っても、アクションシーンじゃありません。

当時の銀座から徒歩で(!)蔵前の国技館までボンドが歩きます。国技館の支度部屋に着くと、何故か当時の横綱佐田の山関が待っていて、"This is your ticket"とセリフをしゃべり、チケットを渡します。後ろには、大鵬や柏戸の姿も見えます。貴重なフィルムですよ。

 大相撲を一番だけ観戦します。当時の琴桜対不明力士。審判席には初代・朝潮の姿も。国技館を出て、2000GTでホテルに向かいますが、当時の都電が走ってますね。

>又左衛門さん

「二度死ぬ」は日本舞台の珍品的なところもあって、わりと好きです。
当時の風俗や人物がフィルムに残っているのは貴重ですね。
初期の007は主題歌も記憶にあって、そこもまた、いいんです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3486-2e6bb425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ペット・セメタリー」 «  | BLOG TOP |  » 「死霊館のシスター」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード