FC2ブログ
topimage

2018-10

「ペット・セメタリー」 - 2018.10.11 Thu

「ジャスティス・リーグ」で、「ペット・セメタリー」の話題が出ていて、その点でも少し興味を持って。

だが、じつは、何の映画で「ペット・セメタリー」って聞いたんだっけな?と思い出さなくて、いろいろ検索の結果、「ジャスティス・リーグ」でフラッシュ(エズラ・ミラー)が言っていたと判明。
さすがの記憶力のなさである。

スティーヴン・キング原作、しかも脚本まで自分で!
おぞましくて、キング自身が嫌いな話で(じゃ、なぜ書く?)しぶしぶ映画化に同意、映画になるなら、せめて自分で責任をもって脚本も書くよ、ということらしい(うわさで聞いただけだが)。


おねえ
おねえちゃん

夫婦と幼い子供たち(姉、弟)が引っ越してくる。
道路ではトラックが頻繁に行き来している。

小径があり、車にはねられたりして亡くなったペットの墓地に通じているという。

一家には、ペットの猫がいるし、子どもだって交通事故の危険が…。
さあ、どうなる?

切なさもあり、よく出来ていると思う。
有名俳優が出ていないのもリアルに傾くので、いい。

あとから思えば、近所のおじさんが、あんなこと教えなければ!
怪しいよ! おじさん。そういう目で見ちゃうよ!

一家に危険を教えてくれる亡霊?が、いい人だ。よい霊もいるのだね。
逆に、奥さんの過去のトラウマ、姉の記憶のヴィジュアルが怖い。

最後は、襲われるところで、けっこうハラハラするし、かなり暗澹(あんたん)とした気持ちになる。
いくら愛するものを生き返らせたくても、安易に命をもてあそぶな、ということでもあろう。

「ジャスティス・リーグ」で、フラッシュが言ってたのは、生き返らせると邪悪なものになってないよね? と心配したのか?


おと-と
おとうと

ちなみに、「墓地」のスペルは cemetery が正しい。
原作、映画は sematary となっていて、これは墓地の入り口の看板がそのように間違えて書かれているのを、そのままタイトルにしたわけだ。

2019年には、新しく作り直したものが公開されるようですよ。

(10月10日)

PET SEMATARY
1989年 アメリカ作品
監督 メアリー・ランバート
出演 デイル・ミッドキフ、デニース・クロスビー、ブレイズ・バーダール、ミコ・ヒューズ、フレッド・グウィン

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 1989 Paramount Pictures

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは。

コメントありがとうございました。

>2019年には、新しく作り直したものが公開されるようですよ。
へえ~え!どうなるんだろう。
あんまり有名俳優のオンパレードになってほしくないな
主演のお父ちゃんくらいはいいけれど。
これ。ジャケ裏画像だと実にチャッキーのような息子の画像が怖いですよね
誰しも「生き返ればいいのに」とか「もう一度会いたい」とか、
大切な存在を亡くした時に一度は思ったことがあると思うから
そういう意味では実にリアルな、ショックでした。終盤。

>makiさん

ジェイソン・クラーク、ジョン・リスゴー、エイミー・サイメッツが主演のようですね。有名でした…。
息子、怖いですよね…かわいいのが一転して、こわくなる。無邪気なのは怖いんだなーと思います。
なんか「紙一重」という言葉が合うような。

スティーヴン・キング

>おぞましくて、キング自身が嫌いな話で
私も二度と観たくないくらい、おぞましかった....(笑)

あの子供が人形というかロボットだって分かってるのに、ホントに怖い。
特に廊下を這って進む場面ね。キングの他の作品では、ホラーでも怖くない作品が多いんだけど、これはそれだけ完成度が高いということでしょうね。

 さて最近のキング原作でドラマ化されている、「ミスターメルセデス」。ご覧になりましたか? 私はスターチャンネルで見逃したのですが、また来月再放送されるのを観ようかなと思っているところです。他でもストリーム配信やっているのもあります。米国ではシーズン2が始まるそうです。

>又左衛門さん

ん、ロボットなんですか?
幼い子にしては、よく演じていると思っていましたけど。
こどもが、ああなると、こわいですよねえ。

ドラマ…地上波かWOWOWでなければ見ませんし、それでなくとも、めったに見ていないので。

こんにちは。

>ペット責めたりー!
 お手!お手!お手!!(^^)

これは怖かったですね。
経験豊かなおじいちゃんには困ったものですし、一番いいことを言っている親友には耳を貸さず、もう何度、辞めろー!と叫んだことか(心の中で)。(^^;
怖かったですが、好きな作品です。

2019年にリメイクですか。
少し前にITもリメイクされましたし、どんどんリメイクされていくのかな。
キング作品は、なんだかんだ言っても好きなのでリメイク好きになるかな。(^^;

>白くじらさん

ペット、責めたりやー。
お手ぐらいは、責めに入りませんので。象のお手は、こちらが命がけですが。
おじいちゃんは怪しいし、ネコは黒いし(?)、子どもは怖いし、おかあちゃんは、まさかの…。

リメイクできそうな、ヒットしそうなネタを、いっしょけんめい探してくるんでしょうね。オリジナル越えは無理だと思いますけれど~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3487-8c6f020b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペット・セメタリー

メイン州の小さな町。その静けさの中、爆走するトラック。道路脇の小道は、トラックに轢かれたペット達が永眠する墓地へと続く。 だが、その奥には、決して知られてはならない悲しくも恐ろしい場所があった…。 ホラー。 原作:スティーヴン・キング

ペット・セメタリー

【概略】 近所の動物墓地に轢死した愛猫を埋葬したところ、翌日生き返ったので大喜びするルイス一家。ところが、幼い息子がトラックにはねられてしまい…。 ホラー

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(5回目) «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2018年9月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード