FC2ブログ
topimage

2018-12

「ドリーム」 - 2018.11.12 Mon

NASAにも人種差別はあったのね。

世間一般と同じように。
白人用と有色人種(colored)にトイレなども分けられた仕事環境のなかで頑張る黒人女性3人にスポットライトを当てる。

なさ

こういうのは、負けるな負けるな、と応援したくなる。感情移入が感動のもと。
ときは1960年代のはじめ。
雇っている時点で、多少は差別は薄いのか、NASA、とも思うが。
そこに、宇宙開発のドラマ、恋愛を盛り込んで、重苦しくならないエンターテインメントに仕上げていて素晴らしい。

去年、映画館で観ていれば、年間マイベスト10位近辺に入ってきそうな良作。
3人の功績を映画として永遠に留め、知らせることは、とても意義のあることだ。

私の周囲には日本人しかいないので、もしも黒人さんがいた日には、差別はしないまでも、すごく意識するだろうな…と考えてしまう。

最初の予定邦題は「ドリーム 私たちのアポロ計画」だったが、「アポロ計画じゃないじゃん!」と批判されて「ドリーム」になったという。(マーキュリー計画です。)

(11月10日)

なさで

HIDDEN FIGURES
2016年 アメリカ作品
監督 セオドア・メルフィ
出演 タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、キルステン・ダンスト、ケヴィン・コスナー

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2016 Twentieth Century Fox

ブログパーツ

● COMMENT ●

金髪

隣が若い金髪女子だったことありますがあまりかわいくなくて助かりました(^^)/

こないだ黒人の女の子とごはん食べる機会があったんですが、お寿司をおいしいおいしいと食べていて、やっぱりどの人種も人間そう変わらないものだなって思いました

今日、電車に乗車したら、カレーの香りが漂ってきて、見まわしたらインド人が乗客にいました(コメントの主旨が違ってきてる)。

もうセクハラ発言!

ボーさん☆
皆さんも!
セクハラ発言している時点ですでに「気付かぬうちに差別」ですよ!

>まっつぁんこさん

状況がよくわかりませんが…私は金髪は好きです。

>SGA屋伍一さん

国際的な交友してますねえ! 外国の方は生の魚は食べないとか言いますけど、先入観はよくないのでしょうね。

>fjk78deadさん

以前、職場の工場で働いていた人たちも、そういうスパイシーな香りがしました。だったら、日本人は醤油の匂いがするんじゃないかと思いましたよ。

>ノルウェーまだ~むさん

もうしわけございまっせん!(「謝罪の王様」より)
好みはあるけど差別はしないようにいたします!(議員をやめさせられるので…誰が議員や!)

昨年、お薦めしたのに(笑)

アメリカ大統領に是非観て欲しい1本です(垣根つくったり、差別をすることの愚かさ)。
私の昨年のマイベスト映画でした♪

映画ベスト10

私も、去年の映画ベスト10で一位でした!

>さえさん

おすすめされても、自分がその気にならないと観ないので、申し訳ないことですっ! ん、マイベストでしたか。異論はありませぬ。

>onscreenさん

おおー! い、い、一位! い、い、異論はありません!

そこまでおっしゃらなくても(笑) 

ところでこの映画、音楽も注目されてましたのです。

御大ファレル・ウイリアムズ が仕切ってたので。


サントラも2種出るほど、の出来でした!

>onscreenさん

ふ、ふ、触れるウィリアムズ? あ、ファレル…知らないのでした。
もしも再見したなら、ちょっと気にしてみますが。

ファレル

ダフトパンクとの共演でヒットした「Get Lucky」はもちろん、グルー、ミニオンズに楽曲を提供、「Happy」はこの曲にあわせてyoutubeでダンス映像を公開するyoutuberで話題に、という方ですう!

>onscreenさん

ファレルというと思い出すのは、コリン・ファレル(べつに思い出したくないけど、一応)。
知らないので、まるで、ファレものにさわるような…(腫れ物かっ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3502-a9e3c795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ドリーム(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『ドリーム(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/29)に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら85点にします。 ディレクター目線のざっくりストーリー ディレクター目線のざっくりストーリー1960年代始め、アメリカは国際的には東西冷戦、国内では1943年の人種隔離政策により、人種問題で大揺れだった。 ...

ドリーム

ドリーム@一ツ橋ホール

ドリーム・・・・・評価額1700円

彼女たちが成しとげたこと。 公民権運動の時代を背景に描かれる、黎明期のNASAを支えた、実在する三人のアフリカ系女性の物語。 肌の色と性別、二重のガラスの天井に閉じ込められた彼女らはしかし、米ソ宇宙開発競争のなりふり構わぬ状況において、地道な努力により、少しずつ自らの実力を男性社会に認めさせて行く。 原題の「HIDDEN FIGURES」とは、直訳すれば「隠された人々」となる。 ...

ドリーム 【映画】

HIDDEN FIGURES 2017年 アメリカ セオドア・メルフィ(監督) タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、キルスティン・ダンスト、ケビン・コスナー、ジム・パーソンズ、マハーシャラ・アリ、オルディス・ホッジ、グレン・パウエル、キンバリー・クイン、オレック・クルパほか

映画評「ドリーム」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督セオドア・メルフィ ネタバレあり

『ドリーム』(2016)

アメリカの威信をかけた<マーキュリー計画>の裏側を描いた「実話に基づく」ストーリー。原題の”Hidden Figures”を直訳すると、「隠れた人物」と「隠れた数字」の両方の意味があるが、これはその活躍が表立って紹介されてこなかった主人公となる3人の女性と、劇中で度々問題となる軌道計算を求める方程式、そしてそこで求められる解との両方の意味を持たせているのだろう。配給会社は当初『ドリーム/私た...

ドリーム (試写会)

闘う黒人リケジョ 公式サイト http://gaga.ne.jp/scramble9月29日公開 実話を基にした映画 監督: セオドア・メルフィ  「ヴィンセントが教えてくれたこと」 1961年、ソ連

『ドリーム』 2017年9月15日 朝日ホール

『ドリーム』 を試写会で鑑賞しました。 上映後にJAXA、NASAの人たちがトークをしたが、中身があまりなかった 【ストーリー】  1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたアメリカは、国家の威信をかけて有人宇宙飛行計画に乗り出す。NASAのキャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モ...

わたしたちのマーキュリー計画 セオドア・メルフィ 『ドリーム』

2月に行われたアカデミー賞作品賞ノミネートの、ようやっと最後の1本です。NASA

映画『ドリーム』★差別にめげるナ!女たちよッ!\(^o^)/

作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/172422/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原題 :HIDDEN FIGURES (計算にちなんでか、暗数?) 冷戦時代、NASAで活躍した数学者(「黒人女性」3人の実話! ということで、楽しみにしていました☆ ・マーキューリー計画(有人宇宙飛行)のこと→参考 何...

「ドリーム」☆崇高な爽快感

久しぶりに爽快感のある映画を観た。 ああ、彼女たちの自信に満ち溢れた姿はなんて気高く美しく凛々しいのでしょう!

ドリーム

1961年、米ヴァージニア州ハンプトン。 ソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げるNASAのラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性たちのグループがあった。 数学者キャサリンと同僚のドロシー、メアリーの3人は、宇宙特別研究本部のメンバーに抜擢されるが、白人男性だけのオフィス環境は劣悪そのものだった…。

ドリーム

Hidden Figures 2016年/アメリカ (監)セオドア・メルフィ (演)タラジ・P・ヘンソン オクタビア・スペンサー ジャネール・モネイ ケビン・コスナー キルステン・ダンスト ジム・パーソンズ マハーシャラ・アリ ☆☆☆★★★

タイトルデザイン_54 Plucky『ドリーム(Hidden Figures)』セオドア・メルフィ監督、タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケヴィン・コスナー、他

注・内容、台詞に触れています。『ドリーム』Hidden Figures監督 : セオドア・メルフィ出演 : タラジ・P・ヘンソンオクタヴィア・スペンサージャネール・モネイケヴィン・コスナーキルステン・

「ボヘミアン・ラプソディ」 «  | BLOG TOP |  » 「ダークタワー」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード