FC2ブログ
topimage

2019-11

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」 - 2018.11.21 Wed

ゆるい笑いも、いいもんだ。

前作も映画館で観ているし、わりと好きなのだね、ローワン・ボンド(ちがう)。

どうせなら007最新作(か知らないが)「スペクター」をパロって、「ジョニー・イングリッシュ/クタクター」とかすればよかったのに。前作だって「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」とパロっていたのだから。
「逆襲」って、よくある、使いすぎなタイトル。なんか、すごそうに思えて客が来るんじゃないかという配給元の魂胆が見え見えで、安易で好みじゃない。
原題にならうなら「ジョニー・イングリッシュ またやっちゃうぞ」あたりで、いかがでしょうか。


おるが
「やっちゃうぞ」「なにをよ」

ボンドガールならぬ、イングリッシュガールは、本家「慰めの報酬」に出ていたオルガ・キュリレンコさん! 10年たってもキュリレンコ! 美しいです!
むやみに豪華。そこだけ豪華。いい。

欲を言えば、もうひとりぐらい、美女がいたら抜群だね。
え、エマ・トンプソンさんがいるじゃないかって? え、ええ、そう…ですね…。コホン(咳払い)
首相を演じる、知的美女ですねっ!

今回、何が一番おもしろかったか、思い出そうとしても…わかりません(笑)。
平均的にバカバカしくて、ゆるく笑えたのではないでしょうか(人ごとかっ)。

え、どんな話か、ですか? まあ、省略しますよ。(おい)

(11月18日 イオンシネマ 板橋)


とんぷ
「しょうがないレビューねえ」「ふむ」

JOHNNY ENGLISH STRIKES AGAIN
2018年 イギリス・フランス・アメリカ作品
監督 デヴィッド・カー
出演 ローワン・アトキンソン、オルガ・キュリレンコ、ベン・ミラー、ジェイク・レイシー、エマ・トンプソン

参考:ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2018 UNIVERSAL STUDIOS

ブログパーツ

● COMMENT ●

レロレロセブンの逆襲、やっちゃうぞ!

しょうもないねえ。

コメディアンという職業

今話題の、カルロス・ゴーン容疑者に似ていると、というかゴーン氏がローワン・アトキンソンに似ているという人が多い。
たしかに、この濃い眉毛の形が似ています。似ている確率は78%だそうです(笑)

でもこのシリーズをコメディとして評価すると、ミスター・ビーンを観たときほどのインパクトはなかったね。中途半端と言いますか....キレがイマイチ。

映画のジャンルもいろいろありますが、コメディが一番難しいんじゃないかな。
人を笑わそうとすればするほど「すべる」危険が大。却って「ホラー」のほうが笑える場合が多い。変な被り物被ったりするから。

話は変わりますが、志村けんも色んなコメディやってますが、NHKで不定期に放送している「となりのシムラ」が好きです。これは等身大の志村けんがサラリーマンに扮して、仕事上の部下との日常や、家庭での家族とのささやかな笑いが新鮮。

要は、変顔やオーバーアクションなどの「無理やり笑わそう」という仕掛けは、もう飽き飽きしているということなんですよ。見飽きた。

もう一人、高田純次という「いい加減な」イメージが強いコメディアンがいます。でも彼はサスペンスドラマの常連なんですね。シリアスなドラマやっています。

このローワン・アトキンソンもCS「メグレ警視」シリーズで真面目な演技してるみたいですよ。観てませんけど....(笑)

>又左衛門さん

キレのいい笑いではないですね、この方のは、なんとなくフフッとなるくらいで、それほどおもしろくなくて、そうならない場合もあります。
いたって真面目にやっているのに、変なことになるパターンですね。

志村けんのは、ちらっと見たことはありますが。
放送中のものだと、「有田Pおもてなす」はおもしろく見ています。
高田純次がシリアスなものに出たのは見たことがなかったですね。

いつまでも女子

こんにちは。
この作品で私が一番面白く感じたのは、相棒のボフがジョニーに結婚の報告をして奥さんのことをいい子(girl)なんだよと言ってたので、てっきり親子くらい年の差のある若い女性が出てくるかと期待していたら、そうでもなかった点です。

「アナログの逆襲」と言うよりは「アナログの学習」と言う感じでした。

>ケフコタカハシさん

おはようございます。
ああー! あの方ですよね。立派な女子。あれは意外で笑えます。
しかも、ちゃんと役割がありましたよねー。

>fjk78deadさん

「アナログは隔週」くらいにしたほうがいいと思います。

こちらにも。

相棒の男性が結婚報告のときに「いい子です」と言っていたので、
家庭的な女性なのかと思えば、
ゴリゴリのアーミー女子だったところが私の最大の笑いでした。
オチも良かったです。私はたぶんアナログ人間かな^;違う作品だけど「サーチ」の父親みたいには、絶対になれない!!

>makiさん

見かけで決めちゃいけないよ、という教訓が込められた…なーんて、かたいこと言わずに楽しむ映画ですね。
ブログ引っ越しなんて面倒なことをやったら、アナログじゃないですよー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3504-434d265e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」 TOHOシネマズ日比谷大規模なサイバー攻撃によってイギリスの諜報機関「MI7」の現役スパイたちの情報が漏洩してしまい、残された最後

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

「Mr.ビーン」で世界的に知られるイギリスの人気コメディアン、ローワン・アトキンソン主演によるスパイアクションコメディ「ジョニー・イングリッシュ」の7年ぶりとなるシリーズ第3作。アトキンソンが「007」のジェームズ・ボンドを彷彿させるが、時代遅れで変なおじさんのジョニー・イングリッシュに扮したほか、「007 慰めの報酬」でボンドガールを務めたオルガ・キュリレンコ、イギリスの名女優エマ・トンプ...

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

サイバー攻撃によってイギリス諜報機関MI7の現役諜報部員の正体が漏洩してしまい、引退し小学校教師をしていたジョニー・イングリッシュが呼び出される。 早速、裏で操るハッカーを見つける為に任務を開始するが、彼にとっては最先端のテクノロジーの方が脅威だった…。 スパイ・アクション・コメディ第3弾。

『ジョニー・イングリッシユ アナログの逆襲』トーホーシネマズ日比谷2

▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★何かこのゆるさがどうした事か果てしなく心地よい】 何をやっても騒ぎを起こすトラブルメイカーのおっちゃんがスパイになったらムービー第三弾。 今時、そんなコテコテのネタで笑いが取れるのかというような古めかしいギャグを一つ一つ地味に積み上げていく作業に素直に敬意を表したい。でも、ダメなおっさんを糾弾せず、偶然だろうが何だろうが成功にまで持っていくテ...

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

【概略】 大規模なサイバー攻撃によってイギリスの諜報機関「MI7」の現役スパイたちの情報が漏洩してしまい、残された最後の頼みの綱として、隠居状態だったジョニー・イングリッシュが呼び出される。早速、事件を裏で操るハッカーを見つけだそうと任務に就くジョニーだったが、限られたスキルしかなく、アナログ人間な彼にとって、最先端テクノロジーこそが最大の脅威だった。 コメディ .0★★★☆☆...

「PARKS パークス」 «  | BLOG TOP |  » 「ボヘミアン・ラプソディ」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード