FC2ブログ
topimage

2019-11

読書記録(2018年11月) - 2018.12.09 Sun

11月の読書記録。

えどを
「家康、江戸を建てる」 門井 慶喜
NHKで1月2日、3日に放送する。テレビでは原作の中から、上水づくりと金貨づくりを取り上げるらしい。読みやすくて、さくさく進む。江戸、ひいては東京はこのように整備されていったんだなあと、関係者には敬意を表したくなる。(11月8日読了)

びーと
「ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版>」 ジェフ・エメリック、ハワード・マッセイ
ビートルズのレコーディング・エンジニアだった著者により、スタジオでのビートルズの姿が浮き彫りに。「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」がグループとしてのピーク時のアルバムだったことが、よくわかる。オリジナルのモノ・ミックスで、また聴いてみたくなる。(11月21日読了)

ゆりご
「ユリゴコロ」 沼田 まほかる
2012年本屋大賞6位。タイトルからして、「百合」関係なのかと思ったら、もっとキラーでした。終盤の流れで少し感動ものになっているからだろうけど、本屋大賞に入ったのは意外な気がする。著者の名前、どろどろの、魔法の、マジカルなイメージが(笑)。(11月25日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

ミスター・メルセデス

>門井 慶喜
この慶喜ってペンネームなのかな? 徳川好きってこと?
>NHKで1月2日、3日に放送する
とりあえず観るかも....

さて、スティーヴン・キング原作の「ミスター・メルセデス」原作本。買いました。ドラマもシーズン1の再放送観ています。原作とドラマとは微妙に異なります。登場人物とかストーリーが。でもこの原作、上巻の中盤で2箇所の「誤植」発見。それも2ページで2箇所は酷い。それで文藝春秋当てにクレームの葉書出しましたよ。「もっとしっかり校正しろよ」と。その後もう1か所誤植ありました。でも文藝春秋からは何の反応も無し。読者をないがしろにしてますよ!
おごりとしか言いようがない。

>又左衛門さん

慶喜、どうなのでしょうねえ。
時代物しか書かないわけではないみたいですが。

私も出版関係で近いことをしていますので、誤植は身近な問題ですね。
まあ、あってはいけないですが、人間のすることなので…。急いだりすると見落としが出たりします。
はがきをだしたら、個別の対応はしてほしいところですけどね。小さい会社のほうが、そういうところは親切かもしれません。
直すにしても、重版時に直すくらいしか手はないと思いますけども。

名前を知らないような出版社の本で、誤字だらけの本を読んだことはあります。ろくにチェックしていないのが一目瞭然。

ミステリー OR サスペンス?

この「ミスター・メルセデス」という作品。
アメリカ本国では、その年の最優秀ミステリー作品に贈られる「エドガー賞」を受賞したそうです。あのE.A.ポーに因んだ賞らしいですが、そもそもこの作品がミステリーなのかが疑問。大量殺人の犯人は序盤から明らかにされていて、犯人と退職刑事の丁々発止のバトルが物語の核をなしている。だから「倒叙」ものと言えばそうですが。

嬉しいのが、やたらと日本製の自動車の名前が出てくる。
ダットサンにスバルにホンダ・シビック等々.....
北米でも今や日本製の車が違和感なく馴染んでいる.....

「ドクター・スリープ」と違って、この作品は面白い。いい作品というのは、次が早く読みたくなる。

>はがきをだしたら、個別の対応はしてほしいところですけどね
  私が元居た業界ではありえない対応ですよ。なにしろ「クレーム最優先」でした。信じられない。クレームをスルーするなんて.....
私は、せめて「正誤表」を付けてほしいと書いたのですが....

>又左衛門さん

アメリカが舞台の小説は、ホンダ、トヨタ、ニッサン、シビック、プリウスなんて名前が出ますね。
大型でガソリンを食うイメージがアメ車なので、そうでないところで日本の車が売れているのかとも思えます。

受験や学習書関係なら間違いは許されないところなので正誤表はありですが、一般書では、まず入れないでしょう。どう間違っているか読者が分かることなら、それで申し訳ないけど済ませてね、と。

ベストヒットUSA

最近また久しぶりに、小林克也さんの往年の番組、ベストヒットUSAを録画鑑賞してますよ。もう77歳!だというのに、相変わらずお元気。かつての英語の発音の素晴らしさは変わらず。変わったのは頭の毛の数(笑)

先日の特集は、ビートルズとエリック・クラプトンでした。
「ホワイト・アルバム」発売50周年だそうですが、「サージェント・ペパーズ」も50年経ちましたね。私は高校生の時、無理して買いました(笑)
難解な歌詞に斬新なメロディ。私が好きなのは、"When I'm 64"
ビートルズの全曲の楽譜も買ったのですが、行方不明。中学の頃はビートルズよりもベンチャーズが好きでした。元々歌よりもインストが好きなんです。

高校になってからビートルズも聞くようになりました。「恋に落ちたら」とか好きですね。いろんなミュージシャンがカバーしてますけど、竹内まりやの"This Boy"もいいですよ。(発売してるかは不明)

>又左衛門さん

ベストヒットUSA、いまもやっていますか! 
ビートルズも、もう50年になるのですねー。ポールも年とるわけだ…。
「ホワイト・アルバム」の頃は、メンバーばらばらで、個人の曲の寄せ集め的なイメージが。だからこそバラエティに富むとも言えるのですが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3508-19946f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヘレディタリー/継承」 «  | BLOG TOP |  » 「くるみ割り人形と秘密の王国」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード