FC2ブログ
topimage

2019-07

「ヘレディタリー/継承」 - 2018.12.10 Mon

心ざわめく低音の旋律が効く。

母の葬儀、娘の普通ではない様子、そして母の遺品からオカルト書と手紙が見つかり…。

どーる
ドールハウスも怖いでしょ。

何が起きるのか、じわじわ不安感。
早くも中盤に最悪なことがあり、これはショックとともに、関連する人物の描写が抜群にリアルで、すごい。
こんなことあったら、みんなズタボロだよ! よく頑張ってるな!?

トニ・コレットさんの渾身の顔演技が、すごすぎて笑える(いや、笑っちゃいけない)。
長男が可哀想なほどの災難ふりかかり。クスリをキメて運転しちゃダメだけど、それ以外悪いことしてないよ?
生まれた家を呪うべきか。

音や急な動きで驚いたのは、一度だけ。それでも、じんわり締め付けられるような気持ちが持続して見入ってしまうパワーがある。
ぞわぞわする(の)が、おもしろい!
たとえば、運転席にぼんやり人影があるだけで、こわおもしろい!
監督(兼脚本)、わかってるね。
低音が持続するところと、音がなくなるところの効果も効いているはず。

ストーリー、キャスト、スタッフ、みな良し。
だけど、挙げた以外の画像は、見たくないから載せていない(褒め言葉)。
なにを継承しちゃってるのか? 逃れたいのに、ままならないというのが、すごく嫌だよね。

終盤になってからの内容が多少理解できていないのと、え、そこに行き着く? 最後に来て、意外性はそれほどないなとも思ったので星4つには行かないか。
また観て理解が深まったらいいので観たいと思うけど、観たくないとも思う。


めーと
長男のクラスメート(マロリー・ベクテル)。脇役だけど、ほっとする画像、ほかにないんだもん!

(12月8日 ユナイテッドシネマ としまえん)

HEREDITARY
2018年 アメリカ作品
監督 アリ・アスター
出演 トニ・コレット、アレックス・ウォルフ、ガブリエル・バーン、ミリー・シャピロ、アン・ダウド

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2018 Hereditary Film Productions, LLC.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

文字が書いてあるところにてのイベントシーンが
なかなか恐ろしくもあり…でしたね
だって全部「そうなるべき」として「そうなった」のでしょ


ズーンとした低音のじわじわ感は良かったです。

>makiさん

おはようございます。
あれの計画としては、ああいう事故も起きておかしくないですね。
終盤の、まとめ方? が、ちょっとどうなのかと思うので…。

低音がずっと流れるのは、ぞわぞわします。

そうそう、すごく秀逸なんです演出もキャストも。
最近のホラーにはなかった出来栄えで嬉しくなっちゃいましたよー・
ボーさんよくみましたね!
>最後に来て、意外性はそれほどない
そう、最後がね。そうでもないんです、、、惜しいなー。
でも3回も見ちゃった。クセになるのかも。

>migさん

WOWOWで放送している新作紹介番組で見て、まず、あの子の独特の存在感が怖くて、全体の雰囲気も、これは並のホラーと違うな!?と感じたのですよ。
興味がわくものはホラー系でも行きますよ!
そう、最後ねえ、でも観終わってみると、それを前提に、すべてをまとめているようなので…。
3回見るって、どんだけー! って私も好きな映画はリピーターになりますからね。

「屁が出るビクトリー」って言うから盲腸か何かの話かと思ったよ。

>fjk78deadさん

屁、出たり。軽症。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3509-5fa35220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヘレディタリー/継承

【概略】 祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた。...

ヘレディタリー/継承

低予算ながら全米でヒットしたホラーで、サンダンス映画祭で絶賛された。今流行りの低予算ホラーで、日本の「カメラを止めるな」があった。それよりも、まあ相当怖い物語だった。すべてのエピソードを理解できていないし、なんでそうなったのかも説明できない。気難しい祖母

映画「ヘレディタリー/継承(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『ヘレディタリー/継承(日本語字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(最高5つ星で、3つ)。100点満点なら65点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★☆☆ &nb...

ヘレディタリー 継承

ヘレディタリー 継承@ユーロライブ

『ヘレディタリー/継承』 家族の不和とオカルト

 監督・脚本のアリ・アスターは本作がデビュー作とのこと。  原題の「Hereditary」とは、「遺伝性の」とか「先祖代々の」といった意味。  グラハム家の祖母・エレンが亡くなり、エレンは娘のアニー(トニ・コレット)に手紙を遺している。そこには「失ったものに対して絶望しないで。最後にはきっとその価値が分かるから。」といったことが書かれている。エレンはアニーたち家族に何か遺して...

ヘレディタリー/継承

サンダンス映画祭で絶賛され、低予算ながら全米でスマッシュ・ヒットを記録した衝撃のホラー・サスペンス。グラハム家を支配してきた祖母の他界をきっかけに、忌まわしき“何か”を受け継いでしまった家族を待ち受ける戦慄の運命を、緻密な脚本と俳優陣の迫真の演技で描き出していく。主演はトニ・コレット、共演にガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド。監督は本作が長編デビューとな...

ヘレディタリー 継承

グラハム家の祖母エレンが亡くなり、エレンの娘アニーは夫スティーブンと高校生の息子ピーター、そして娘チャーリーと共に、家族を亡くした喪失感を乗り越えようとしていた。 ところが、やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発するようになる。 エレンの遺品が入った箱には「私を憎まないで」というメモが挟んであった…。 ホラー。 ≪受け継いだら死ぬ≫

へレディタリー / 継承

 アメリカ  ホラー  監督:アリ・アスター  出演:トニ・コレット      

「ヘレディタリー 継承」と「イット・カムズ・アット・ナイト」”家”と”家族”にまつわる恐怖譚

ヘレディタリー 継承・・・・・評価額1650円 イット・カムズ・アット・ナイト・・・・・評価額1650円 「ヘレディタリー 継承」と「イット・カムズ・アット・ナイト」は、共に若い映画作家によるセンス・オブ・ワンダーに溢れた恐怖譚だが、それ以外にも特徴的な共通点がある。 それは、全くシチュエーションは違えど、”家”と”家族”にまつわる物語ということだ。 ※ネタバレは避けてますが、な...

映画『へレディタリー/継承』 Hereditary ネタバレで良く分からないところ吐き出し(つつ一部解決)

いつもなら「ネタバレでお節介な解説」と銘打って映画の分かりづらかった所をスッキリさせる記事を書くところですが・・・、今回はダメでした。わっかんねぇ。 映画の公式サイトにあった『観た人限定完全解析ページ』を見たり、『完全解説』を謳う個人ブログとかをいくつか覗いたりしたけれど、全然ダメ。ストレスが溜まるばかり。 だからスッキリしなかった所をどんどん吐き出すよ! ・・・と思って書...

『ヘレディタリー/継承』『アンダー・ザ・シルバーレイク』新文芸坐

新文芸坐の企画「話題の新作2本立てウィーク」から1プログラム。 ◆『ヘレディタリー/継承』 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★話転がしが上手いと思う】 2018年のカラー映画。127分。初見。 「屁が出るディレクター ケイン&ショー」って屁が出続ける侍親子かよ!(違う) ではなく、文化・死生観、宗教観が異なるのにイヤな恐怖感が地擦りする感じで迫ってきて「やるな」と思った。 この狂...

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」(8回目) «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2018年11月)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード